【2022年版】法人向けクラウドストレージおすすめ17選を徹底比較!選定のポイントも紹介

2022年09月04日(日) オンラインストレージ

こんにちは。マニュアル作成・ナレッジ共有ツール「NotePM」ブログ編集局です。

リモートワークの普及にも伴って、クラウドストレージを使用する企業が増えてきています。これまではクラウドストレージを有効活用してこなかったものの、これを機に導入・活用を検討している方もいるのではないでしょうか。本記事では、法人向けクラウドストレージを利用するメリットや選び方について解説するとともに、おすすめのクラウドストレージについても紹介します。

クラウドストレージの導入を検討している方は、ぜひ本記事を参考にしてください。

法人向けクラウドストレージとは

法人向けのクラウドストレージとは、インターネット上でファイルの管理や編集、共有を可能にしたサービスのことであり、法人でも使用できるように、強固なセキュリティ対策などが行われているものです。インターネット通信があれば、どこからでも、どのデバイスからでもアクセスでき、リモートワーク下でも、リアルタイムでファイルの共有が可能です。

さらに、アクセスログなどを取っておくことで、「誰が」「いつ」「どのように」ファイルにアクセスし、編集等を行ったかを、一目で確認できる点も強みと言えるでしょう。

法人向けのクラウドストレージを利用するメリット

法人向けのクラウドストレージを利用するメリットについて、以下3点を説明します。

  • 管理コストが少ない
  • 大容量に対応するプランがある
  • セキュリティ向上

それぞれ、解説していきます。

管理コストが少ない

法人向けのクラウドストレージを使用することで、管理コストをできる限り抑えた上で、ファイルの保管等を行えます。法人向けのクラウドストレージでは、セキュリティ対策やその他システムの改善などを、すべてデベロッパーが行うため、自社の人材をその観点で使う必要がありません。

さらに、ファイルの共有がオンライン上で完結することによって、業務の効率化にも繋がるため、結果として業績の向上に貢献する可能性が高いのです。

大容量に対応するプランがある

法人向けのクラウドストレージでは、大容量に対応しているプランが用意されています。非常にページ数の多いパワーポイントファイルや、動画などの容量の大きなファイルも、問題なく格納し、共有まで行えるため、非常に便利です。

また、ファイルのバックアップを保存したい場合も、大容量の場合は問題ありません。多くのクラウドストレージサービスでは、企業の特性や規模に合わせて、プランが用意されているため、過不足なく機能を活用できるでしょう。

セキュリティ向上

法人向けのクラウドストレージでは、法人が使用するに耐えうるセキュリティ性能を持っています。ファイルへのアクセス権限の付与や、制限はもちろんのこと、ログインそのものに二段階認証を設けるなど、徹底した不正アクセス対策を行うことが可能です。

また、アクセスログを常に保存し、管理しておくことによって、万が一不正アクセスがあった場合でも、すぐに認知し、対策を講じることが可能であるため、被害を最小限に抑えられるでしょう。

法人向けのクラウドストレージを選ぶ際のポイント

法人向けのクラウドストレージを選ぶ際のポイントについて、以下6点を説明します。

  • セキュリティ対策が十分に施されている
  • データ容量が十分にある
  • データのダウンロード・アップロードの速度
  • 料金や課金形態
  • 使いやすさや機能
  • 運営のサポート体制

それぞれ、解説していきます。

セキュリティ対策が十分に施されている

法人でクラウドストレージを使用する場合は、必ずセキュリティ対策が十分に行われているかを確認しましょう。特に顧客情報の入ったファイルを扱う予定がある場合は、注意が必要です。顧客情報の入ったファイルが漏洩するなどが起きた場合には、企業の信頼を落としかねないからです。

アクセス制限機能や、ログイン時の二段階認証機能はもちろんのこと、通信時の暗号化なども実装されたものを選ぶことで、リスクを最小限に抑えられるでしょう。

データ容量が十分にある

法人でクラウドストレージを使用する際は、データ容量が十分であるかを確認しましょう。クラウドストレージを導入したとしても、データ容量が不十分の場合は、有効活用できません。特に、動画やパワーポイントファイルなどの、大きなファイルを使用する予定がある場合は、より注意が必要です。

契約前には、どれくらいの容量を使う可能性があるかを確認し、その容量に合ったプランのクラウドストレージを契約するように心がけましょう。

データのダウンロード・アップロードの速度

データのダウンロード・アップロードの速度も非常に大切です。オフィス等で契約している回線にも依存するものの、クラウドストレージによって、データの通信速度は若干異なります。もし、通信速度が遅いクラウドストレージを契約してしまった場合、アップロードやダウンロードに時間がかかるため、業務効率を高められません。

もし可能であれば、無料体験などを利用した上で、実際にファイルのアップロードやダウンロードを行って通信速度を確認することを推奨します。

料金や課金形態

法人用のクラウドストレージには、様々なプランが用意されており、それぞれでかかる料金や課金形態は大きく異なります。契約前には、契約期間の縛りがあるのかや、月額のサブスクリプション型なのか、あるいは年間一括支払い型なのかといった部分を確認しておきましょう。

現在は多くの法人向けクラウドストレージが、比較的お手頃な値段で用意されているものの、大切な会社の経費を使って使用するため、料金については慎重に検討することが大切です。

使いやすさや機能

法人向けのクラウドストレージを使用する場合、当然ながら使いやすいことが大切です。企業によっては、インターネットに精通していない方も利用することになるため、直観的に操作しやすいものを使うことを推奨します。また、自社で必要としている必要十分な機能が備わっているかも大切です。

契約前には、自社でどのような機能が必要であるのかを洗い出し、過不足なくその機能を備えているクラウドストレージを選ぶように心がけましょう。

運営のサポート体制

法人向けのクラウドストレージを契約する際には、運営のサポート体制にも目を向けましょう。何か不具合があった場合、迅速に対応できなければ業務が中断してしまいます。トラブルやエラーが発生した場合、すぐに運営に問い合わせをして、回答をもらえるのであれば、安心して使用し続けられるでしょう。

できる限りサポートの受付時間が長いサービスや、トラブルシューティングが豊富にあるサービスを利用することを推奨します。

おすすめの法人向けクラウドストレージ17選

NotePM

NotePMは、社内でナレッジ共有を行うことに特化して作られており、業種業態に関わらず、容易にファイルのアップロードや、閲覧が可能です。Web上でのドキュメント入力も容易である上に、検索機能によってアクセスしたいファイルに簡単にアクセスできる仕組みになっているため、業務の効率を大幅に高められるでしょう。

NotePMの特徴

  • 社内のナレッジを簡単に共有できる
  • ファイルの検索機能が非常に便利であり、アクセスしたいファイルにすぐにアクセスできる
  • セキュリティの観点で非常に優秀

URL: https://notepm.jp/

 

Googleワークスペース

Googleワークスペースは、Googleが提供している各種ツールとの連携が可能となっている、法人向けのツールです。Googleワークスペースを利用することで、GoogleDriveはもちろんのこと、その他GoogleMeetやGoogleカレンダーなどの機能を、すべて社内で動機させられます。Googleワークスペースのストレージは、大容量のプランも用意されているため、規模の大きな企業や、取り扱うファイルの容量が大きい場合でも安心して利用できるでしょう。

Googleワークスペースの特徴

  • Googleワークスペースでは、Googleが出しているツールを連携できる
  • 大容量のプランも用意されているため、安心して利用できる
  • マルチデバイス対応で使いやすい

URL: https://workspace.google.co.jp/intl/ja/

 

使えるファイル箱

使えるファイル箱は、「使えるねっと株式会社」が運営しているクラウドストレージです。セキュリティレベルが非常に高く、大容量にも対応していることから、ファイル共有にはもちろんのこと、バックアップファイルの保存先としても使用可能です。幅広いITサービスやレンタルサーバーと連携できるため、利便性が非常に高くなっています。

使えるファイル箱の特徴

  • 使えるファイル箱のセキュリティレベルは非常に高い
  • 大容量対応なので、バックアップファイルの保存先としても使用可能
  • 様々なサービスとの連携が可能

URL: https://www.tsukaeru.net/file-bako

 

Box

Boxは、高いセキュリティと利便性の高さから、世界中で使用されているクラウドストレージです。機能としては、ファイルのアップロードやダウンロード、共有機能といったシンプルなもののみとなっており、直観的に使用できることが強みです。Businessプランでは保存容量が無制限であるため、容量を開けるためにファイルを削除するといった、作業が必要ありません。

Boxの特徴

  • Boxは高いセキュリティ体制を誇っている
  • 機能がシンプルで使いやすい
  • Businessプランでは保存容量が無制限

URL: https://www.box.com/ja-jp

 

Fleekdrive

Fleekdriveは、企業向けに開発されたオンラインストレージサービスです。高度なセキュリティ性能を誇っており、アクセス制限やウイルスチェックといった機能が、標準搭載されています。また、モバイルアプリが用意されており、スマートフォンからでもアプリ経由でストレージを確認できるため、利便性も非常に高いです。実際にその利便性から、多くの業種で取り入れられています。

Fleekdriveの特徴

  • Fleekdriveは法人向けに開発されたオンラインストレージ
  • モバイルアプリから簡単にストレージ内を確認できる
  • 多くの業種で取り入れられている

URL: https://www.fleekdrive.com/

 

セキュアSAMBA

セキュアSAMBAは、多くの中小企業に導入されている、法人向けクラウドストレージサービスです。PCにソフトをインストールするだけで、ファイル共有が可能になるため、導入にあたって人的コストがかからないことが強みです。運用開始前後には、営業・カスタマーサクセス・サポートの3分野のプロがサポートを行うため、業務効率化につなげる運用をできます。

セキュアSAMBAの特徴

  • 導入コストが非常に少ない
  • 導入前後のサポートが非常に充実している
  • 多くの中小企業に取り入れられている

URL: https://info.securesamba.com/

 

Dropbox Business

Dropbox Businessは、一般ユーザーにも広く使用されているDropboxを、法人向けにしたものです。Dropbox Businessはクラウドストレージとしての役割だけではなく、電子署名や自動バックアップなどの機能を備えており、法人で準備すべき機能がすべて内包されています。Enterpriseプランを含む、合計6つのプランが容易されており、自社の規模や必要な機能に応じて、プランを選ぶことが可能です。

Dropbox Businessの特徴

  • Dropbox Businessの機能は、クラウドストレージだけではない
  • 合計6つのプランの中から選べる
  • 大きいファイルでも共有リンクで共有可能

URL: https://www.dropbox.com/ja/business

 

MEGA

MEGAはシンプルかつ使いやすい、クラウドストレージです。大容量のストレージに加えて、高速転送を実現しており、導入することによって業務を円滑に進められるでしょう。また、エンドツーエンド暗号化によって、通信は暗号化されるため、セキュリティ性も非常に高いです。無料プランも用意されているため、気になる方は、無料プランから初めて見ることを推奨します。

MEGAの特徴

  • シンプルで非常に使いやすい
  • 大容量かつ、高速通信を実現している
  • 無料プランが用意されている

URL: https://mega.io/

 

firestorage

firestorageは、容量無制限のオンラインストレージサービスです。法人プランでは、非常に高いセキュリティのもと、ファイルの共有ができる上に、データのリアルタイム編集が可能になるなど、業務効率化に繋がる機能が一通り揃っています。アクセスログの保存も可能になるため、アクセスの管理も容易に行えるでしょう。また、すべてのデータは国内のデータセンターが運用していることによって、得られる安心感もあります。

firestorageの特徴

  • 容量無制限のオンラインストレージである
  • 法人プランでは、業務効率化に繋がる機能が揃っている
  • 国内のデータセンターが運用をしている

URL: https://firestorage.jp/

 

OneDrive

OneDriveは、Windowsに標準搭載されていることから、多くの方に利用されているオンラインストレージサービスです。Microsoft365と連携することで、ExcelファイルやWordファイルを簡単にOneDrive上に同期し、簡単に共有できます。法人プランになると、Teamsとの連携も可能になるため、ファイルの共有時のコミュニケーションコストも大幅に下げられるでしょう。

OneDriveの特徴

  • OneDriveはWindowsに標準搭載されているオンラインストレージサービス
  • Microsoft365と連携することによって、便利に使用できる
  • 法人プランになると、Teamsとの連携も可能になる

URL: https://www.microsoft.com/ja-jp/microsoft-365/onedrive/online-cloud-storage

 

Bizストレージ ファイルシェア

Bizストレージファイルシェアとは、NTTコミュニケーションズが開発し、運営しているクラウドストレージのことです。定額制で月額16,500円(税込)からで使用できる上に、最大1万人で利用できることから、規模の大きな企業でも導入しやすくなっています。実際に多くの大企業にも利用されており、業務効率化に繋がることが実証されているため、安心して導入できるでしょう。

Bizストレージ ファイルシェアの特徴

  • NTTコミュニケーションズが運営しているため、安心して導入できる
  • 最大1万人まで使用できるため、大企業におすすめ
  • 多くの企業に導入されている実績を持っている

URL: https://www.ntt.com/business/services/application/online-storage/bst-sh.html

 

KDDIファイルストレージ

KDDIファイルストレージは、KDDIグループが運営しているクラウドストレージサービスです。大容量かつ低価格なことが特徴であり、KDDIグループの技術力を用いて、高いセキュリティ性能を実現していることが大きな魅力と言えるでしょう。アメリカやアジア諸国といった、海外にも拠点がある法人であても、現地での契約が行えるため、グローバル展開している企業におすすめできます。

KDDIファイルストレージの特徴

  • KDDIグループが運営している、安心感の強いサービス
  • セキュリティ性能が非常に高い
  • 海外での現地契約が可能

URL: https://biz.kddi.com/service/file-storage/

 

Smooth File6

Smooth File6は、株式会社プロットが運営している、法人向けのクラウドストレージサービスです。ファイル共有機能はもちろんのこと、システム内で上長からの承認を得たり、ダッシュボードで知りたい情報を一目で把握したりできるため、取り入れることで大幅な業務改善を図れる可能性があります。

操作ログ管理はもちろんのこと、ウイルスチェックやファイル暗号化も行われるため、セキュリティ性能も非常に高いと言えるでしょう。

Smooth File6の特徴

  • ファイル共有機能だけではなく、上長からの承認もシステムで簡潔できる
  • ダッシュボードで知りたい情報を一覧できる
  • セキュリティ性能も非常に高い

URL: https://www.smoothfile.jp/

 

Everidays

Everidaysは、セキュリティ性が高い法人向けクラウドストレージです。大きな特徴は、端末と同期しないことによって、情報の漏洩リスクを最小限に抑えている点です。ワークスペース単位でのファイル共有が行えるため、第三者に情報が漏れにくいことも大きな特徴と言えます。

デザインは、Windowsのエクスプローラーと非常に似ているため、導入したその日から使い方が直観的に分かるため、導入から慣れるまでの時間が大幅に短縮できるでしょう。

Everidaysの特徴

  • 端末に同期しないことで、情報漏洩リスクを抑えている
  • ワークスペース単位でのファイル共有が可能
  • 使用感がWindowsのエクスプローラーによく似ている

URL: https://everidays.com/

 

SmartConnect Smart Storage

SmartCnnect Smart Storageは、NTTが提供しているオンラインストレージサービスです。NTTが提供しているだけあり、強固なセキュリティ対策と、手厚いサポート体制が備わっています。さらに、企業規模に合わせて5つのプランの中から機能や容量を選べるため、必要な機能や容量、予算に合わせて使用することが可能です。

SmartConnect Smart Storageの特徴

  • NTTが提供しており、信頼性が高い
  • 強固なセキュリティ対策と手厚いサポート体制が強み
  • 5つのプランから選んで契約できる

URL: https://storage.nttsmc.com/

 

eTra COLLABO

eTra COLLABOとは、大企業でも耐えうる容量・セキュリティ性・利便性を兼ね備えたオンラインストレージサービスです。CSVの一括登録が可能であるため、従業員が多い企業で導入する際も、簡単に導入できます。ユーザーの権限管理も簡単かつ柔軟に行えるため、それぞれの従業員に適した権限を付与することが可能です。

Office365との認証もできるため、追加でIDやパスワードを覚える必要がないのも、魅力の1つと言えるでしょう。

eTransporter Collaboの特徴

  • 大企業でも耐えうる容量や機能を備えている
  • ユーザーの権限管理が柔軟に行えるうえに簡単
  • Office365で認証できるため、追加でIDやパスワードを発行する必要がない

URL: https://www.products.nsd.co.jp/service/etra_collabo/

 

Documal-Drive

Documal-Driveは、シンプルな操作感が特徴の法人向けクラウドストレージです。Windowsのエクスプローラーと同じ操作感で使用できるため、インターネットに精通していない方でも、簡単に使用できます。ファイル内の全文検索が可能となっているため、数多くの中かから特定のファイルを探すのも非常に容易です。

30日間のトライアル期間が設けられているため、気になった方はトライアルを使用してみると良いでしょう。

Documal-Driveの特徴

  • シンプルな操作感が特徴
  • ファイル内全文検索で、特定のファイルを見つけやすい
  • 30日間のトライアルあり

URL: https://f-documal-drive.com/

 

まとめ

本記事では、法人向けのクラウドストレージを導入する際の注意点や選び方を解説するとともに、おすすめのクラウドストレージサービス17選を紹介しました。リモートワークが普及し、オンラインでのコミュニケーションの完結が求められている今、クラウドストレージは非常に重要な役割を果たします。

現状使用していない場合は、活用することで大幅に業務効率を向上させられる可能性もあります。ぜひ本記事を参考に、クラウドストレージの導入・利用を検討してみてはいかがでしょうか。

おすすめの情報共有ツール

マニュアル作成・ナレッジ共有ツール 「NotePM」 は、社内の知りたいことが簡単に確認できるツールです。「社内のほしい情報を探すのが大変」「ナレッジ共有が上手くいっていない」とお悩みの方は、NotePMの無料トライアル をお試しください。

NotePMサービス紹介資料はこちら >