社内報のおすすめテンプレート5選!デザインやレイアウト選びの注意点も解説

2021年08月01日(日) 社内報

社内報とは、社内広報手段の1つです。社内の様々な情報を社員やその家族に共有するために発行します。社員紹介や社内プロジェクトなどのコンテンツが掲載されることが一般的で、社内の情報共有や社員同士のコミュニケーションの活性化、社員のモチベーションアップなどに寄与します。また、テンプレートには定型フォーマット・ひな形という意味があります。

この記事では、社内報の作成に役立つテンプレートを5つ紹介します。また、テンプレートをより使いこなすために、デザインやレイアウト選びの注意点についても解説していきます。

社内報のテンプレートとは?メリットや選び方とともに解説

社内報のテンプレートには、すでに社内報向けのレイアウト・デザインが用意されています。そのため、そこに写真や記事を簡単な手順に従って入れるだけで、簡単に社内報を作成できます。レイアウト・デザイン作業にかかる費用や工数を削減できる上に、洗練されたデザインの社内報を作れます。

ただし、無料のテンプレートは簡易にできているためにデザイン性に欠ける傾向にあります。デザイン性が高い、もしくはカスタマイズしやすいテンプレートは、多くの場合有料であることに注意が必要です。また、テンプレートを選ぶ際には、社内報のレイアウトに特化したテンプレートがおすすめです。同じ社内報でも、社員紹介や編集者コラムなど内容ごとに最適なテンプレートが異なります。さらに、社内報全体のコンセプトを先に決めておき、それに沿って統一感のあるテンプレートを選ぶとベターです。

社内報のテンプレート5選【無料あり】

ここでは、社内報の作成に役立つテンプレートを配布しているサイトを5つ紹介します。これらのサイトに掲載されているテンプレートをうまく使えば、ページのレイアウトを一から考えなくていいので、簡単に見栄えのいい社内報が作成できるでしょう。以下、特徴などを説明してきます。

パワポン

パワポンは、オフィス用品の通販事業を手がけるアスクルが運営するサイトです。無料で会員登録すれば、パワーポイントのテンプレートを全て無料でダウンロードできます。無料といっても、品質はプロ仕様。それが簡単な操作で使えます。社内報以外にも、用途やサイズなどを指定して最適なテンプレートを見つけましょう。

https://ppon.askul.co.jp/

 

bookuma

bookumaは、製本事業を手がける、株式会社エルム・パブリッシングが運営する無料デザインソフトです。社内報用のテンプレートも存在します。A4サイズでは、無料テンプレートが約600種類。シチュエーションごとにおすすめのテンプレートを紹介してくれていることも、高ポイントです。

http://honlabo.com/howto/howto-159/

 

PIXTA200

PIXTAは、有料無料合わせて6,360万点以上もの画像等素材を取り扱うサイト。社内報に使える、ニュースレターテンプレートもあります。こちらは無料でダウンロードできる上、パワーポイントで作成されているので、編集も簡単です。また、写真やイラストも豊富なので、PIXTA内で社内報に使いたい写真やイラストをダウンロードすることも可能です。

https://pixta.jp/templates/item/1039

 

Photoback

Photobackは、コンテンツワークス株式会社が運営するフォトブック作成サービス。フォトブック形式で社内報を作りたい時に利用を検討したいサービスです。写真は、スマートフォンやデジタルカメラで撮影したものを利用できます。費用はかかるものの、印刷納品まで対応してくれます。

https://www.photoback.jp/

 

マイクロソフトOfficeテンプレート

無料で使えるテンプレートが、2千点以上存在するテンプレートサイトです。月毎のおすすめテンプレートや、テーマに沿った特集のテンプレートも紹介されています。

https://www.microsoft.com/ja-jp/office/pipc

社内報のテンプレートのレイアウトで注意すべきポイント

社内報を作成するにあたって意識すべきポイントについて、以下の2つ解説します。これらはのポイントは、テンプレートを活用する場合はもちろん、テンプレートを使わない場合でも活用できるポイントです。

  • 目線の動き
  • 統一感を出す

目線の動き

記事全体に目を通す時に、どのような順番で目線を動かすか考えながらレイアウトを作っていきます。具体的には、以下のポイントに注意すると良いでしょう。

  • 特に紙媒体では、左上→右上→左下→右下の順番で目線が動きやすい傾向(Zの法則)。横組みの文字を読む時に顕著。
  • 特にWeb媒体では、左上を起点にして、左から右に移動しながら徐々に下に向かう順番で目線が動きやすい傾向(Fの法則)
  • 大きいものから小さいものに目線を移動させていくので、特に注目してほしい記事のスペースは広めに。
  • コラムなど後から読んでもいいコンテンツは左下に配置するのがベター

統一感を出す

大見出しに小見出し、写真などの見せ方に共通要素を持たせることで、記事全体に統一感を出すよう心がけましょう。例えば、見出しのフォントや写真の位置を決めるルールを設定しておくことで、記事全体が見やすくわかりやすくなります。ただし、特集ページや写真の多いグラビア写真などでは、あえて統一感を考慮せずフリーレイアウトにして、インパクトを出すことも有効です。

社内報のテンプレートのデザインで注意すべきポイント

社内報を作成するためにテンプレートを活用する場合でも、最低限デザインの知識があると、より読みやすい社内報を作成できます。ここでは、社内報のテンプレートのデザインで注意すべきポイントとして、キャッチ、リード、小見出し、写真の4つについて解説します。

キャッチ

まずはキャッチです。社内報はパラパラめくられるので、そのページに目が留まるよう印象に残るキャッチを作る必要があります。この時、「従業員満足度調査結果」など、単なる事実を書くだけではインパクトが足りません。「当社の自慢は働きやすさにあり!その秘密に迫る!」など、インパクトがあり読み手が興味を示すキャッチを作りましょう。

リード

キャッチの次にはリードを書きます。リードには、以下の内容を書いていきます。いずれにおいても、読み手にぜひ読んでほしいという気持ちやその理由がわかるよう書くことが必要です。

  • 記事の企画意図
  • 何が書かれているか
  • 読むとどうなるのか

小見出し

リードの次には、小見出しを書きます。1ページの記事には、3〜5つの小見出しが目安です。この時、リードと小見出しを読むだけでも大まかな内容がわかるよう小見出しやリードを作るよう心がけましょう。忙しい従業員は、本文まですべて読まないと内容が分からない記事では読んでもらえません。リードと小見出しだけで、自分にとって本文までしっかり読むべきか判断できるよう意識しましょう。

写真

最後は写真を掲載します。本文をしっかり読まなかったとしても、ついつい写真には目を通してしまうものです。この時、写真にはキャプションを作るようにしましょう。写真を見るついでにキャプションにも目が行くものです。本文とは別のメッセージを伝えたい場合に、写真のキャプションに入れることは有効な手段です。

まとめ

この記事では、社内報の作成に役立つテンプレートを5つ紹介しました。また、テンプレートをより使いこなすために、デザインやレイアウト選びの注意点についても解説しました。この記事で紹介した以外にも、社内報のテンプレートは多数存在します。また、作成者のレベルや掲載する内容によって、最適な社内報テンプレートは異なります。ぜひともこの記事を参考にして、あなたの会社でもテンプレートを使って社内報を作って社内コミュニケーションなどに役立ててください。

おすすめの情報共有ツール

NotePM(ノートピーエム) は、ナレッジ共有に特化した社内版ウィキペディアです。検索に強く、情報を整理しやすいのが特徴です。「ほしい情報を探すのが大変」「社内のナレッジ共有が上手くいっていない」とお悩みの方は、NotePMの無料トライアル をお試しください。

NotePMの資料請求はこちら