業務の標準化ってなに?進め方を10ステップで徹底解説

2024年04月02日(火) ナレッジ共有

社内のナレッジをすぐに見つけられる管理ツール「NotePM」→無料で使ってみる【1分で登録完了】

こんにちは。マニュアル作成・ナレッジ共有ツール「NotePM」ブログ編集局です。

「業務標準化ってよく聞くけど、実際にどうやって進めるの?」そう思う方もいるのではないでしょうか。業務標準化は、日々の業務を効率的かつ効果的に進めるための鍵だと言えます。標準化を正しく進められれば、作業時間の短縮・品質の向上・さらにはチーム全体のストレス軽減に繋がります。この記事では、業務標準化の基礎知識から、実際に業務標準化を進めていくときの具体的な10のステップ、標準化を通じて業務効率を最大限に高めるための注意点について、詳しく解説します。

 
このような方におすすめです

• 属人化を解消したい
• ベテラン社員のノウハウを継承したい
• バラバラな業務品質を標準化したい
• ナレッジマネジメントの進め方を知りたい


業務標準化とは

そもそも、業務標準化とはいったいどのようなことを意味するのでしょうか。業務標準化に取り組む前に、その概念を正しく理解しておくことは重要なステップです。ここでは、以下の5点から解説します。

  • 業務標準化の定義
  • なぜ必要なのか
  • 取り入れられる業界
  • 取り入れられる業種
  • 平準化との違い

それでは、1つずつ解説します。

業務標準化の定義

業務標準化とは、業務プロセスや手順を一定の基準やルールに基づいて統一する取り組みと定義できます。標準化によって個人やチームの生産性の向上や、成果物の品質確保を実現できます。

業務標準化で従業員が同じ手順で業務を遂行できるようになれば、生産性は急速に向上するでしょう。また、定められた品質基準に則って業務が実施されることで、提供するサービスの品質は均一化され、組織全体の信頼性向上に繋がります。業務標準化は、業務の生産性向上を図るだけでなく組織の持続可能な成長を支える基盤となります。

なぜ必要なのか

業務の標準化はなぜ必要なのでしょうか?労働人口の減少が進む中、日本企業が競争力を維持しつつ成長を遂げるために、限られた人材を効果的に活用する方法を見つける必要があります。

業務標準化はその鍵を握る戦略の1つです。標準化により、複雑かつ時間を要する業務をシンプルで効率的なものにアップデートすることが可能になります。従業員はルーチンワークから解放され、より創造的で価値の高い活動に集中できるようになるでしょう。

さらに、業務の効率化は社会全体の生産性向上にも寄与し、持続可能な経済成長に繋がります。業務標準化は単に組織内部のプロセスを改善するだけでなく、企業の生存と発展、社会全体の発展性を高めるための重要な取り組みです。

取り入れられる業界

業務の標準化は、特定の業界に限定されるものではありません。実際に、以下のような目的で製造業・IT・医療・保険・金融・物流運輸など、幅広い業界で取り入れられています。

  • 製造業界:生産プロセスの効率化と品質管理の向上のために活用
  • IT業界:開発プロセスの統一を通じてソフトウェアの品質と開発速度の向上を図る
  • 医療・保険業:患者・顧客の安全とサービスの質を保つために業務プロセスを標準化
  • 金融業界:取引の透明性と効率の向上を目指す
  • 物流運輸業界:配送のスピードと正確性を高める

これらの例からわかるように、業務の標準化は、効率・品質・安全性を向上させるための強力なツールとして、多様な業界でその価値が認められているのです。

取り入れられる業種

業務の標準化が特に有効とされる業種としては、顧客対応・生産管理・財務報告・人事管理などがあります。

顧客対応:一貫したサービス品質を保つために対応プロセスを標準化し顧客満足度の向上を期待
生産管理:製品の一貫した品質確保と効率的な生産フローを構築するために標準化を採用
財務報告:透明性と正確性を保証するために報告プロセスを標準化
人事管理:採用から評価・育成に至るまでのプロセスを標準化し公平性・効率性を実現

これらの業種における業務標準化の取り組みは、組織全体の生産性向上・コスト削減・競争力強化に大きく寄与しています。

平準化との違い

業務の標準化と平準化は共に効率性と生産性の向上を目指すプロセスですが、焦点と目的には明確な違いがあります。

業務標準化は、業務プロセスや手順を一定の基準やルールに沿って統一し明確にすることです。
一方、平準化は、作業負荷や生産量を一定期間に均一に分散することが目的です。生産やサービス提供のピーク時とオフピーク時の差を最小限に抑え、資源の最適利用と効率化を図ることに特化しています。

このように、業務標準化がプロセスの統一と明確化に焦点を当てるのに対し、平準化は作業負荷と生産量の均一化に注目する点が、両者の主な違いです。

業務標準化のメリット

業務標準化にはどのようなメリットがあるのでしょうか?ここでは、以下の5点から解説します。

  • 生産性の向上
  • 業務品質の向上
  • 従業員スキルの向上
  • 部署の連携力の向上
  • 事業リスクの軽減

それでは、1つずつ見ていきましょう。

生産性の向上

業務標準化のメリット1つ目は、生産性の向上です。

標準化された手順を採用することで、余計な作業や時間の無駄を減らせます。その結果、従業員は本来の業務に集中しやすくなり、よりスピーディーにタスクを処理できるようになります。さらに、標準化されたプロセスの場合、新メンバーでも業務を理解しやすいため、教育期間を短縮できます。業務標準化は、会社の生産性を高める効果的な方法になりうるのです。

業務品質の向上

業務標準化のメリット2つ目は、業務品質の向上です。

標準化された基準と手順に沿ってタスクを実行することで、製品やサービスの品質に一貫性が保たれます。これは顧客に期待通りの品質を常に保証するものと言え、顧客満足度を高める効果もあります。

品質の向上は、企業の信頼性と市場での競争力を強化し、顧客ロイヤルティの向上にも繋がります。さらに、品質問題が発生した際にも、標準化されたプロセスであれば追跡しやすく、原因の特定と問題解決を迅速に行えます。このように、業務標準化は製品やサービスの品質向上を通じて企業価値の向上に寄与します。

従業員スキルの向上

業務標準化のメリット3つ目は、従業員スキルの向上です。

標準化された手順とプロセスによって、新しい従業員のトレーニングが格段に容易になります。明確なガイドラインがあるため、新入でも仕事を早く覚え、効率的に業務を遂行できるようになります。さらに、標準化は従業員が異なるタスクやポジションに移行する際の柔軟性も向上させます。

従業員は一貫した基準に基づいて業務を理解しているため、新しい役割や責任に迅速に適応できます。このように、業務標準化は従業員のスキルセットを広げ、キャリアパスの多様性を促進することにより、組織全体の柔軟性と対応能力を高めるのです。

部署の連携力の向上

業務標準化のメリット4つ目は、部署間の連携力の向上です。

標準化されたプロセスを各部署が共有することで、異なるチーム間での業務の進め方に関するすれ違いが減ります。部署間の壁が低くなることで、スムーズで効果的なコミュニケーションが実現できます。例えば、共通の用語と手順を用いることで、業務指示や報告が明確になり、各部署の作業が連携しやすくなるでしょう。

その結果、部署間での情報共有が容易になり、迅速な意思決定や問題解決が可能になります。組織全体の協働が促進され、プロジェクトや業務の成果が向上します。業務標準化によって強化された部署連携力は、企業が一丸となって目標達成を目指す上で不可欠な要素です。

事業リスクの軽減

業務標準化のメリット5つ目は、事業リスクの軽減です。

標準化されたプロセスの導入は、作業中のエラーやミスの発生率を大幅に下げます。明確な作業手順が、高い品質の成果物の供給に寄与するからです。

さらに、業務標準化は、企業の法規制や業界基準準拠を強化します。標準化されたプロセスを通じて規則や基準が全従業員に明確に伝えられるため、順守が容易になるからです。その結果、法的な問題や規制違反によるペナルティを負う可能性や企業の評判を損なうリスクも軽減できます。標準化は、企業が安全かつ責任ある経営を実現する鍵として、長期的な事業成功に貢献するでしょう。

業務標準化の進め方

ここまで、業務標準化の基本的な知識やメリットに関して紹介してきました。それでは具体的にどのようにして業務標準化を進めていけばよいのでしょうか。ここでは、以下の10ステップから解説します。

  • 目標の明確化
  • 現状の評価
  • 関係者の絞り込みと巻き込み
  • 標準化範囲と優先順位の設定
  • 標準化業務の設計
  • 文書化
  • トレーニング
  • お試し期間の設置
  • 本格導入
  • モニタリングと改善

それでは、1つずつ見ていきましょう。

目的の明確化

業務標準化の進め方、最初のステップは「目的の明確化」です。

この段階では、何を達成したいのか、そのためにはどうすればよいのか、そしてなぜそれが必要なのかを具体的に定義します。業務標準化の目的は、作業効率の向上・品質の一貫性確保・コミュニケーションの改善・事業リスクの軽減など多岐にわたる場合があります。

これらを全て実現したいところですが、目的を絞り込み優先度を明確にすることで、業務標準化達成の道筋が見えてきます。また、目的を具体化することで関係者の共通理解も深まり、プロジェクトの推進がスムーズになるでしょう。

現状の評価

業務標準化の進め方、2つ目のステップは「現状の評価」です。

現行の業務プロセスを徹底的に分析し、問題点や改善の余地がある領域を特定します。業務の流れを1つ1つ追い、時間のかかるプロセス・エラーが発生しやすいタスク・非効率的なコミュニケーションパターンなどを明らかにしましょう。

また、従業員からのフィードバックを丁寧に集めることも重要です。現場で実務に当たる従業員は、日々の業務を行う中でプロセスの不具合や改善点に最も気が付きやすい大切な情報源です。そこで得られた情報を基に標準化の優先度が高い領域を明確にして、具体的な改善策を立案します。

現状の正確な評価は、全体のプロセス改善に向けた明確な基盤を提供するもので、効果的な業務標準化計画を立てる上で不可欠です。

関係者の絞り込みと巻き込み

業務標準化の進め方、3つ目のステップは「関係者の絞り込みと巻き込み」です。

この段階では、業務標準化によって影響を受ける関係者を特定します。関係者には、直接的な実務者はもちろん、上層部の意思決定者、さらには外部ステークホルダーまで含まれる場合があります。

関係者を明確にして積極的にコミュニケーションをとり、彼らの意見やニーズを理解しましょう。コミュニケーションは、プロジェクトの目的・目標を共有して期待値を一致させるために不可欠なプロセスです。さらに、関係者のフィードバックを積極的に取り入れることで、より現実的で実行可能な業務標準化プランを作成できます。

関係者を適切に絞り込み巻き込むことは、業務標準化の取り組みを円滑に進め、組織全体の支持を得るための重要なプロセスです。

標準化範囲と優先順位の設定

業務標準化の進め方、4つ目のステップは「標準化範囲と優先順位の設定」です。

まず業務標準化の範囲を正確に設定し、どの業務領域に取り組むべきか優先順位を明確にすることが重要です。全ての業務を同時に標準化するのではなく、最も影響力が高く、効果を早く実感できる領域から段階的に取り組むことで、プロジェクトの負荷を適切に管理し、成功への道を着実に進むことができます。

このプロセスでは、業務の効率化・品質の向上・リスクの低減など、標準化によって達成したい具体的な目標を考慮に入れることが大切です。関係者の意見を聞き、彼らが直面している課題やニーズを理解することで、優先順位の設定に役立つ貴重な洞察が得られるでしょう。

標準化の範囲と優先順位の設定は、業務標準化プロジェクトの成功を大きく左右するため慎重に進める必要があります。

標準化業務の設計

業務標準化の進め方、5つ目のステップは「標準化業務の設計」です。

この段階では、優先順位付けを行った改善すべき領域に対して、標準化のための新しい業務手順を設計します。設計するときは、単に理論上のモデルに基づくのではなく、回収した実務者や関係者のフィードバックを積極的に取り入れることが不可欠です。

彼らの経験や現場での知見は、実用的で効果的な標準化プロセスを構築するための貴重な資源です。さらに、関係者の意見を反映させることで、標準化された新しい業務プロセスが受け入れやすくなり、実装の際の抵抗を最小限に抑えることができます。

標準化業務の設計は、実務者の視点を取り入れつつ業務の効率化と品質向上を実現するための最適なプロセスを創出することを最終目標としています。

文書化

業務標準化の進め方、6つ目のステップは「文書化」です。

新しく設計された業務手順・責任分担・必要なリソース等は明確に文書化しておく必要があります。文書化することによって、標準化されたプロセスがどのように実行されるべきか、全従業員が理解しやすくなります。

また、文書化されたプロセスは、新入社員や異動してきた従業員に対する教育にも活用できます。NotePMなどの文書管理ツールを使用すれば、文書の整理・共有・更新が容易になり、情報の一元管理とアクセスのしやすさが大幅に向上するでしょう。

文書化は、業務プロセスの透明性を確保し、実行の一貫性を保つための基礎となります。

関連記事:マニュアル作りはフォーマットで効率化!実際のマニュアルの作り方も解説

トレーニング

業務標準化の進め方、7つ目のステップは「トレーニング」です。

新しく標準化された業務手順を効果的に実行するためには、関係者全員が変更内容を理解し、そのプロセスを適切に処理する必要があります。そのため、トレーニングを通じて、新しい業務手順の詳細・手順変更が行われた理由・変更によって得られる利点などを明確に伝えましょう。

トレーニングでは、従業員が新しい手順に対する質問や懸念を表明する機会も提供しなければなりません。これにより、不明点を解消し、従業員の理解を深めることができます。また、実践的な演習やワークショップを取り入れることで、従業員は新しいプロセスを自分のものとして受け入れ、業務に活かすことができるようになります。

お試し期間の設置

業務標準化の進め方、8つ目のステップは「お試し期間の設置」です。

全社規模で一気に新しい業務手順を展開するのではなく、まずは小規模な範囲で試験的に実施してみましょう。これにより、実際の業務に新しい手順を適用する際に生じる問題点を早期に発見し、必要に応じて調整することができます。

お試し期間を通じて収集されるフィードバックは、プロセスの微調整に役立ち、スムーズな全社的展開へと繋がります。この段階で得られる実務者の意見や提案は、プロセスの改善に非常に価値があるものです。

お試し期間を設けることで、業務標準化の効果を現場レベルで確認し、組織全体として最適な形にカスタマイズするための確固たる基盤を築くことが可能になります。

本格導入

業務標準化の進め方、9つ目のステップは「本格導入」です。

お試し期間を経て、得られた知見とフィードバックを基に必要な調整を加えた後、組織全体での本格導入へと移行します。この段階では、試験運用で確認された問題点の解決策を実施し、業務手順の最適化を図りましょう。

全社的な展開に当たっては、従業員全員が新しい手順に従って業務を行うことが求められるため、十分なトレーニングと情報提供が不可欠です。また、本格導入の成功を確実にするためには、経営層からのサポートと関係者同士のコミュニケーションも鍵となります。さらに、業務手順刷新後に定期的なモニタリングとレビューを行い、継続的に改善を推進することで、業務標準化が組織の効率化・生産性の向上・競争力の強化に貢献するでしょう。

モニタリングと改善

業務標準化の進め方、最後のステップは「モニタリングと改善」です。

業務標準化をした後には「モニタリングと改善」が欠かせません。実施状況を継続的に監視し、問題点や改善の余地がないかを定期的にレビューすることが重要です。この過程では、従業員からの直接的なフィードバックの収集が非常に有効です。彼らは日々の業務を通じて新しい業務手順の効果や問題点を最も身近に感じています。得られたフィードバックを基に、プロセスの微調整や大幅な改善を行い、業務効率の更なる向上を目指しましょう。

モニタリングと改善は、業務標準化が一度限りのプロジェクトではなく、継続的な取り組みであることを示しています。この継続的な改善サイクルを通じて、組織は変化するビジネス環境や市場の要求に柔軟に対応し、持続可能な成長を達成することができます。

業務標準化の注意点

業務標準化を推し進めていくうえで、思わぬ落とし穴にはまることもあります。ここでは業務標準化の注意点として、以下の3点を解説します。

  • 標準化に適さない業務もある
  • 従業員のやる気をそぐ場合がある
  • 教育とサポートを徹底する必要がある

それでは、1つずつ見ていきましょう。

標準化に適さない業務もある

業務標準化は多くのメリットをもたらしますが、すべての業務に適しているわけではありません。特に、創造性や柔軟性を要求される業務では、過度の標準化が逆効果になる場合があります。

例えば、研究開発やクリエイティブなデザイン業務などは、革新的なアイデアや個別の対応が求められる領域であり、これらの業務に厳密な標準化を施すことは、創造性を妨げ、最終的には組織の成長機会を制限する可能性があります。そのため、こうした業務に対しては、基本的なガイドラインを設けるに留め、従業員が柔軟に判断し行動できるような余地を残すアプローチが適しています。

このようなバランスを取ることで、標準化の利点を享受しつつも、創造性とイノベーションを損なわないようにすることが重要です。

従業員のやる気をそぐ場合がある

業務標準化が従業員のモチベーションをそぐ可能性については、慎重に考慮する必要があります。標準化されたプロセスが従業員にとってあまりにも厳格な「制約」と感じられた場合、彼らの仕事への意欲や創造性が損なわれる恐れがあるからです。

特に、作業の自由度が制限されたり、個人の貢献が規格化されたりすると、従業員は自分の役割や仕事の価値を低く感じる可能性があります。このような状況は職場全体の士気や生産性に悪影響を及ぼすため、従業員の満足度や職場環境への注意がかかせません。

標準化の目的は業務効率化と品質向上にありますが、その際、従業員が仕事に対して持つ情熱や創造性を尊重し育む環境を維持することも、同時に不可欠です。

教育とサポートを徹底する必要がある

業務の標準化を成功させるためには、従業員への適切な教育とサポートが欠かせません。新しい業務工程や手順を理解し適切に実行するうえで、継続的なトレーニングが必要です。

さらに、標準化の目的やメリットを従業員に明確に伝えることで、変更に対する理解と協力を得ることができます。従業員が新しいプロセスを受け入れ、適応する過程で直面する困難や疑問に対して、適切なサポート体制を整えることも重要です。

従業員が自信を持って業務に取り組み、標準化されたプロセスを効果的に活用できるようにするために、教育とサポートの両面を徹底しましょう。

業務標準化後に行えること

業務標準化を実現できれば、事業や組織の状態に合わせて新たな展開に進めます。ここでは、業務標準化後に行えることとして、以下の2点から解説します。

  • 引継ぎ
  • 業務委託

それでは、1つずつ見ていきましょう。

引継ぎ

業務標準化後に行えること1つ目は、「引継ぎ」です。

業務標準化が完了していれば、新たな業務手順は明確に文書化されているはずです。新入社員や他チームへの引継ぎも容易になっていることでしょう。標準化された業務は具体的なガイドラインも整備されているため、新たな担当者も迅速に業務を習得し、効率的に作業を開始できるはずです。

関連記事:業務の引き継ぎをスムーズにするには?流れや方法・ポイントを解説!

業務委託

業務標準化後に行えること2つ目は、「業務委託」です。

標準化されたプロセスは、外部業者やフリーランサーへの業務委託を容易にします。明確な業務手順と期待される成果物が文書化・明確化されているため、外部委託先に対して具体的な指示を出しやすく、品質管理も行いやすくなります。

また、業務委託先の決定や管理も標準化された基準に基づいて行えるため、業務遂行の透明性も保てます。業務委託により、コスト削減と専門性の高い業務の外部化・内部リソースの最適化に貢献できるのです。

まとめ

本記事では、業務標準化の意義や実践方法・メリット・注意点などについて詳しく解説しました。業務標準化は組織内の効率性や品質管理を向上させるだけでなく、従業員のスキル向上や部署間の連携強化にも寄与します。しかし、業務標準化を実現するために適切な業務環境がなければ従業員のモチベーション低下や実践の失敗が起こる可能性もあります。

業務標準化を進める際には、関係者の意見を尊重するとともに、適切なステップに則って、文書化やモニタリングなどの環境を整え、継続的な教育やサポートを提供することが重要です。

 
このような方におすすめです

• 属人化を解消したい
• ベテラン社員のノウハウを継承したい
• バラバラな業務品質を標準化したい
• ナレッジマネジメントの進め方を知りたい


おすすめの情報共有ツール「NotePM」

NotePM

NotePM(ノートピーエム) は、Webで簡単にマニュアル作成できて、強力な検索機能でほしい情報をすぐに見つけられるサービスです。さまざまな業界業種に導入されている人気サービスで、大手IT製品レビューサイトでは、とくに『使いやすいさ・導入しやすさ』を高く評価されています。

NotePMの特徴

  • マニュアル作成、バージョン管理、社外メンバー共有
  • 強力な検索機能。PDFやExcelの中身も全文検索
  • 社内FAQ・質問箱・社内ポータルとしても活用できる
  • 銀行、大学も導入している高度なセキュリティ。安全に情報共有できる

URL: https://notepm.jp/

NotePMについて詳しく見る >