業務の引継ぎってどうするの?スムーズに進めるための10ステップを徹底解説

2024年04月02日(火) ナレッジ共有

社内のナレッジをすぐに見つけられる管理ツール「NotePM」→無料で使ってみる【1分で登録完了】

こんにちは。マニュアル作成・ナレッジ共有ツール「NotePM」ブログ編集局です。

「業務引継ぎって、何から始めればいいの?」そう悩む方も多いのではないでしょうか。業務引継ぎは、組織内の知識や情報を効果的に継承するための重要なプロセスです。適切な引継ぎが行われれば、業務の中断や情報のロスを最小限に抑えることができます。この記事では、業務引継ぎのための基本的な知識から、実際の引継ぎ手法やポイントまで、詳しく解説します。

 
このような方におすすめです

• 業務引き継ぎを円滑にしたい
• 引き継ぎ漏れを無くしたい
• 組織変更に向けて準備を始めたい


業務引継ぎの基本

業務引継ぎを行う前に、基本的なポイントを押さえておきましょう。ここでは以下の3点から、業務引継ぎの基本を解説します。

  • 業務引継ぎの目的と重要性
  • 業務引継ぎはどんな場面で必要?
  • 業務引継ぎのメリット

それでは、1つずつ解説します。

業務引継ぎの目的と重要性

業務引継ぎの目的は、組織内で役割や責任が変わる際に重要な情報や知識・プロセスを、効率的かつ効果的に後任者に伝達することです。これにより業務の連続性が保たれ、新しい担当者が迅速に業務を習得し、運営を効率的に継続できるようになります。

業務引継ぎは組織内でのコミュニケーションを促し、情報の共有や協力体制の形成にも貢献します。適切に業務引継ぎがなされることで、失敗やミスが未然に防がれ、業務の安定性と品質維持が確保されます。

業務引継ぎは組織の持続と成長に不可欠な要素で、重要性はますます高まっています。

業務引継ぎはどんな場面で必要?

業務引継ぎは、様々な場面で必要になります。

例えば、従業員の退職や部署異動・長期休暇などの人事変動が発生した際は、適切な業務引継ぎが必須です。プロジェクト担当者の変更・従業員の昇進や役職変更の際も、引継ぎプロセスが求められます。組織内での業務効率や連続性を確保するためにも、業務引継ぎは欠かせません。

適切な業務引継ぎが行われることにより組織全体の業務の持続性が確保され、円滑な業務運営が実現できるのです。

業務引継ぎのメリット

業務引継ぎのメリットは多岐にわたります。業務の連続性を確保することで、組織内での知識や情報の流失を防げます。正確な情報伝達により業務の遂行に伴うリスクを軽減し、新たな視点や改善提案を通じて業務プロセスの最適化を促進しましょう。

また、業務引継ぎによって後任者が迅速に業務に適応し、生産性を向上させることも可能です。明確な引継ぎプロセスは、後任者の自信とモチベーションを高め、組織全体の業務遂行能力を向上させる効果も期待できます。

業務引継ぎの事前準備

業務引継ぎの基本を知ったうえで、具体的な作業に入りましょう。スムーズな引継ぎを行うためには、丁寧な事前準備が必要です。ここでは以下の5点から解説します。

  • 引継ぎ計画の作成
  • 引継ぎ対象業務の明確化
  • 引継ぎ資料の整備
  • 引継ぎ環境の整備
  • 事前の情報共有

それでは、1つずつ見ていきましょう。

引継ぎ計画の作成

業務引継ぎの事前準備1つ目は、「引継ぎ計画の作成」です。

まず、引継ぎの目的やスケジュールを明確に定義して、実施するための重要なステップを示しまっしょう。目的を明確にすることで引継ぎの焦点を定め、効果的な情報伝達を担保するのです。

スケジュールを設定し重要なステップを明確化することで、引継ぎプロセス全体を整理し、漏れやミスを防ぎましょう。これらの準備により、効率的で円滑な業務引継ぎが実現します。

引継ぎ対象業務の明確化

業務引継ぎの事前準備2つ目は、「引継ぎ対象業務の明確化」です。

引き継ぐべきタスクやプロジェクト、そして責任範囲を事前に特定し、明確化することが重要です。この過程で、日々の業務リストを作成し、それぞれのタスクの優先度や期限・関連するステークホルダーを洗い出しましょう。

責任範囲を明示しておけば、引継ぎ先の担当者が不明瞭なポイントに直面した場合にも、誰に相談すればよいかが明確にわかります。引継ぎ対象となる業務を明確にすることで、スムーズな移行期間を確保して、業務の連続性を保つための基盤を築けるのです。

引継ぎ資料の整備

業務引継ぎの事前準備3つ目は、「引継ぎ資料の整備」です。

業務引継ぎにおいて資料の整備は、円滑な引継ぎプロセスを実現するうえで欠かせません。特に、業務のプロセス・ガイドライン・プロトコルを文書化し、その資料を後任者が容易に確認できる形で整理することが重要です。

文書化された資料は、後任者が業務に必要な情報を素早く把握し、疑問点を明確に解決する手助けとなるでしょう。業務のプロセス・手順が明確に記されていれば、後任者は自信を持って業務を遂行できるため、引継ぎ期間中の生産性低下を最小限に抑えられます。

引継ぎ環境の整備

業務引継ぎの事前準備4つ目は、「引継ぎ環境の整備」です。

この過程では、後任者がスムーズな業務開始を実現できるように、必要なドキュメント・ツール・アクセス権情報を整理しておき、簡単にアクセスできる状態にすることが重要です。

この作業には、NotePMのような知識共有ツールが役立ちます。NotePMを使用すれば、重要な情報やドキュメントを一箇所に集約できるため、後任者が必要な情報を迅速に検索して容易にアクセスできるようになります。

アクセス権の整理にも注意を払いましょう。後任者が業務遂行に必要なシステムやファイルへのアクセス権をあらかじめ確保していれば、引継ぎ初日から効率的に作業を開始できます。

引継ぎ環境を適切に整備することで、業務の引継ぎプロセスを大幅にスムーズにし、後任者の業務習得速度を加速させることができるのです。

関連記事:組織パフォーマンスを向上させる「ナレッジ共有」のメリットからツールの選び方を紹介

事前の情報共有

業務引継ぎの事前準備5つ目は、「事前の情報共有」です。

後任者に対して、業務に関連する重要な情報・必要な背景知識・過去の経験から得られた知見を共有しましょう。事前に情報共有を行うことで、後任者は業務の全体像を早期に把握し、具体的な業務遂行に必要な深い理解を得られます。また、経験則の共有は、特定の状況での対処法や過去に発生した問題の解決策を後任者に伝える貴重な機会となります。

事前の情報共有は、単に文書での伝達だけでなく、直接的な対話やミーティングを通じて行うことが望ましいです。共有された情報は、後任者が業務に対する自信を深め、迅速に業務への適応を図るための基盤となるでしょう。

業務引継ぎの10ステップ

業務引継ぎの事前準備を終えたところで具体的なステップに入っていきます。明確にステップを踏むことで、業務引継ぎをいい加減にせず、適切かつスムーズに進めることができます。

ここでは、以下の10ステップから解説します。

  • 重要業務の詳細説明
  • プロジェクトやタスクの優先順位付け
  • ツールとシステムの操作トレーニング
  • 内外の関係者連絡先の紹介
  • 実務のデモンストレーションと実践
  • 監督下での独立した作業
  • レビューとフィードバック
  • トラブル対応
  • 意思決定プロセスの確認
  • サポートの解除

それでは、1つずつ解説します。

重要業務の詳細説明

業務引継ぎの10ステップ1つ目は、「重要業務の詳細説明」です。

各業務の目的を明確にして、業務がなぜ組織にとって重要なのかなど、業務の影響範囲を具体的に後任者に伝えることが重要です。

さらに、実行手順に関してステップバイステップの詳細なガイドを提供し、可能であればそれぞれのステップの目的と結果も説明しましょう。後任者はこのプロセスを通じて業務の背景理解を深め、業務遂行の際に何を目指し、どのような基準で成功が測定されるかを知ることができるのです。

重要業務の詳細説明に具体的な例や過去の事例を交えることで、理解を一層深めることが推奨されます。

プロジェクトやタスクの優先順位付け

業務引継ぎの10ステップ2つ目は、「プロジェクトやタスクの優先順位付け」です。

現在および将来にわたるプロジェクトやタスクの重要度を後任者に伝え、効果的な時間管理のプランを共有しましょう。このプロセスにより、後任者は重要度と緊急度に基づいてタスクを評価し、アクションプランを策定できるようになります。

また、優先順位の理由を共有することで、後任者はタスクの背景を理解し、組織の目標達成に向けた意思決定をサポートできます。時間管理のプランを共有することは、後任者が効率的に業務を遂行し、生産性を最大限に引き出すために必須です。

ツールとシステムの操作トレーニング

業務引継ぎの10ステップ3つ目は、「ツールとシステムの操作トレーニング」です。

業務引継ぎの過程で重要なのは、使用するソフトウェアやシステムに関するトレーニングです。このトレーニングを通じて、後任者は必要なツールやシステムの操作方法を習得し、業務の効率化を図ることができます。基本操作から応用技術まで、段階的に知識を深めることが重要です。

また、実際の業務シナリオを用いた実践的なトレーニングを行うことで、後任者は理論だけでなく、実務での使用方法も身に付けられます。

内外の関係者連絡先の紹介

業務引継ぎの10ステップ4つ目は、「内外の関係者連絡先の紹介」です。

組織内外のステークホルダーへの紹介は、後任者が円滑に業務を遂行するための基盤を提供します。このステップでは、主要な連絡先を明確にし、関係者との適切なコミュニケーション方法について指導しましょう。

特に、業務上頻繁に接触する可能性のある部署のメンバーや重要なプロジェクトに関わる外部のパートナーを紹介し、彼らとの連携の仕方を具体的に説明することが重要です。これにより後任者は必要なサポートを迅速に得られるようになり、仕事の効率性と生産性を高めることが可能になります。

関係者との良好な関係を築くことは、将来的な業務の成功にも極めて重要です。適切なコミュニケーション方法を伝授することで、後任者がスムーズに業務に取り組めるよう支援し、職場内外での協力体制を強化しましょう。

実務のデモンストレーションと実践

業務引継ぎの10ステップ5つ目は、「実務のデモンストレーションと実践」です。

実際に業務を行う過程を示し、後任者にも同様の業務を実践させましょう。デモンストレーションを通じて、後任者は業務の流れや注意点・効率的な作業方法を直接的に学ぶことができます。さらに、実際に業務を実践することで、後任者は得た知識を確実に身に付け、実務で直面する可能性のある問題に、適切に対処する能力を養えます。

デモンストレーションと実践の過程で、疑問点や不明点を即座に解決する機会を提供することで、後任者の不安を軽減し、業務への理解を深められます。

監督下での独立した作業

業務引継ぎの10ステップ6つ目は、「監督下での独立した作業」です。

後任者に対して一定の責任を持った独立作業を任せることで、自信の向上と独立性の養成を目指しましょう。初めは監督者が近くにいることで安心感を提供し、後任者が自分自身で問題解決を試みる機会を与えます。このプロセスを通じて、後任者は実際の業務環境における自己の能力を試すことができます。

独立して作業を行う経験は、後任者が自身の判断力や問題解決能力を高める絶好の機会です。監督者は、適宜フィードバックを提供することで、後任者の成長をサポートしましょう。この段階では、適切なフィードバックと励ましによって、後任者の独立性を促し、将来的に自立して業務を遂行できるように準備させることが重要です。

レビューとフィードバック

業務引継ぎの10ステップ7つ目は、「レビューとフィードバック」です。

後任者が独立して行った作業を詳細にレビューし、達成した成果と改善点について具体的なフィードバックを与えましょう。後任者は自身の業務遂行能力を客観的に評価し、具体的な成長の機会を見出すことが可能になります。建設的なフィードバックは、後任者が自身の業務プロセスを振り返り、効率的な作業方法や問題解決スキルを継続的に改善していくための基盤となります。

レビューとフィードバックのセッションでは、具体的な例を挙げることで理解を深め、ポジティブな側面を強調することで後任者を励ますことが重要です。このようなアプローチにより、後任者は自己成長のための具体的な行動計画を立てることができ、効果的な業務引継ぎの達成に寄与します。

トラブル対応

業務引継ぎの10ステップ8つ目は、「トラブル対応」です。

具体的な問題解決技術を後任者に伝達し、将来起こり得る様々な問題への対応能力を高めましょう。実務上遭遇する可能性のある一般的なトラブルシナリオを挙げ、それらに対する効果的な解決策を具体的に説明するのです。このプロセスを通じて、後任者は問題発生時の冷静な判断力と迅速かつ適切な対応方法を身に付けることができます。

また、問題解決のためのリソース・や連絡先・必要な手順を提供することで、後任者が自立して対応できるように支援しましょう。トラブル対応能力の向上は、業務の効率性を保つだけでなく、将来類似の問題が発生した際に迅速に解決できる基盤を築きます。

伝えられた具体的な問題解決技術は、後任者が自信を持って業務に取り組むための重要な要素となり、業務のスムーズな運営に寄与するでしょう。

意思決定プロセスの確認

業務引継ぎの10ステップ9つ目は、「意思決定プロセスの確認」です。

組織内での意思決定の流れ・関与するステークホルダー・必要とされる承認のレベルについて具体的に確認しておきましょう。意思決定プロセスには、日常的な業務決定から重要な戦略的決定まで、幅広い状況が含まれます。

それぞれの状況に応じた適切なアプローチを教育することが重要です。また、意思決定を行う際に考慮すべき要因・利用可能なリソース・情報収集方法についても触れ、後任者が総合的な視点から最適な選択を行えるよう支援しましょう。

サポートの解除

業務引継ぎの10ステップの最後は、「サポートの解除」です。

業務引継ぎプロセスの最終段階であるサポートの解除は、後任者が段階的に完全な責任を引き継ぐことを意味します。このステップでは、最初は密なサポートと監督のもとで業務を行っていた後任者が、徐々に自立して業務を遂行できるようになります。後任者はこのプロセスを通じて自己の判断力や問題解決能力を養い、業務の全責任を担う準備を整えられるのです。

サポートの段階的な解除は、後任者が業務に必要な自信と能力を持っていることを確認する重要なプロセスです。初期段階では、サポートを提供することで安心感を与え、後任者が質問や疑問を気軽に共有できる環境を整えましょう。その後、後任者が自信を持って業務を進められるようになった段階で、徐々にサポートを減らし、独立した意思決定と責任の取り方を促しましょう。

業務引継ぎの際の注意点

継続的な事業を行っていくうえで業務引継ぎは重要な活動の1つです。ここでは、業務引継ぎを進めていく際に注意すべきポイントを、以下の5点から解説します。

  • 十分な時間の確保
  • 徹底した文書化
  • 定期的なコミュニケーション
  • 実戦的なトレーニング
  • 相互の柔軟性の担保

それでは、1つずつ解説します。

十分な時間の確保

業務引継ぎの際の注意点1つ目は、「十分な時間の確保」です。

引継ぎプロセスは、単に情報を伝達するだけでなく、後任者が新しい業務に対する理解を深め、必要なスキルを習得する機会でもあります。そのため、引継ぎは十分な期間を設け、急ぎ足で行わないことが重要です。短期間での引継ぎは、重要な情報の漏れや誤解のリスクを高め、結果として後任者が業務に適応するのに必要な時間を長引かせる可能性があります。

計画的に時間を確保し、引継ぎプロセスを段階的に進めることで、後任者は各段階で得た知識をしっかりと定着させられます。十分な時間があれば、後任者は不明点について質問しやすくなり、より深い理解と自信を持って業務に取り組むことが可能になるでしょう。

引継ぎ期間に実務のデモンストレーション・実践の機会・定期的なレビューとフィードバックを含めることで、後任者のスムーズな業務適応を支援しましょう。

徹底した文書化

業務引継ぎの際の注意点2つ目は、「徹底した文書化」です。

業務引継ぎは、口頭での説明だけに頼ることなく、作業手順・ガイドライン・重要な連絡先など業務に関連するすべての情報を徹底して文書化することが重要です。文書化された情報は、後任者がいつでも必要な情報を参照できるための基盤です。これにより、後任者は自ら学習し、不明点を自力で解決する能力を高められます。

文書化は、業務の透明性を確保し、誤解を防ぐうえでも有効です。特に、複雑な業務プロセスや緊急時の対応手順など、口頭説明では伝わりにくい情報は、文書として明確にしておく必要があります。引継ぎ文書は、後任者が業務に適応する過程で生じる疑問や不明点に対するための一番のリソースとして、学習のプロセスを加速するでしょう。

関連記事:仕事のマニュアルを作成するメリットやポイント、作り方からおすすめツールまで徹底解説

定期的なコミュニケーション

業務引継ぎの際の注意点3つ目は、「定期的なコミュニケーション」です。

引継ぎ期間中に、ミーティングを設定し、進捗の確認・疑問点の解消・互いのフィードバック交換を行うことで、誤解の発生を防ぎ、業務のスムーズな移行を促進しましょう。ミーティングは、引継ぎの進行状況を監視し、後任者が直面している問題に対処する機会を提供すると同時に、後任者との信頼関係を構築する絶好の機会です。

定期的なコミュニケーションを通じて、後任者は自身の理解度を確認し、不明瞭な点や追加のサポートが必要なエリアを明らかにできます。引継ぎを行う側も、後任者が業務に適応しているかどうかを評価し、必要に応じて引継ぎプロセスを調整することが可能になります。

実戦的なトレーニング

業務引継ぎの際の注意点4つ目は、「実践的なトレーニング」です。

業務引継ぎは、実際の業務を通じて学ぶ実践的なトレーニングが非常に重要です。実践的なトレーニングでは、業務を行いながら適時フィードバックを提供し、後任者が直面するかもしれない様々なシナリオに対する適切な対応を学べます。

このアプローチは、後任者が業務の理解を深め、自らの判断で問題に対処できるようになるために不可欠です。実務を通じた学習は、後任者が業務の流れやチーム内のコミュニケーションの仕方を早期に把握するのにも役立ちます。

相互の柔軟性の担保

業務引継ぎの際の注意点5つ目は、「相互の柔軟性の担保」です。

業務引継ぎのプロセスが計画通りに進むとは限りません。そのため、引継ぎを行う双方が柔軟性を持ち、新たなアイデアや改善提案に対してオープンな姿勢を保つことが重要です。柔軟な対応は、引継ぎをスムーズに進めるだけでなく、業務プロセスそのものの改善に繋がることもあるのです。

柔軟性を保つことにより、後任者が自らのアイデアを積極的に提案しやすい環境を作り出し、より効率的かつ効果的な業務遂行方法を見つけ出す機会を提供することもあります。既存の業務プロセスに固執するのではなく、新しい視点を受け入れることで、組織全体の革新に貢献できるのです。

まとめ

本記事では、業務引継ぎの際に重要となる10のステップと引継ぎプロセスを成功に導くための注意点について詳しく解説しました。業務引継ぎは単なる情報伝達ではなく、後任者が自信を持って気持ちよく業務遂行できるようにするための重要なプロセスです。

業務引継ぎは、多くの場合、組織の効率性と生産性に直接影響を与えるため、正しい方法で行うことが重要です。本記事で明示したステップや注意点を参考に、スムーズで効果的な業務引継ぎを実現しましょう。

 
このような方におすすめです

• 業務引き継ぎを円滑にしたい
• 引き継ぎ漏れを無くしたい
• 組織変更に向けて準備を始めたい


おすすめの情報共有ツール「NotePM」

NotePM

NotePM(ノートピーエム) は、Webで簡単にマニュアル作成できて、強力な検索機能でほしい情報をすぐに見つけられるサービスです。さまざまな業界業種に導入されている人気サービスで、大手IT製品レビューサイトでは、とくに『使いやすいさ・導入しやすさ』を高く評価されています。

NotePMの特徴

  • マニュアル作成、バージョン管理、社外メンバー共有
  • 強力な検索機能。PDFやExcelの中身も全文検索
  • 社内FAQ・質問箱・社内ポータルとしても活用できる
  • 銀行、大学も導入している高度なセキュリティ。安全に情報共有できる

URL: https://notepm.jp/

NotePMについて詳しく見る >