【2021年版】Windows テキストエディタ おすすめ10選!(無料・有料)

2021年10月08日(金) エディタ
windows text Editor

こんにちは。マニュアル作成・ナレッジ共有ツール「NotePM」ブログ編集局です。

コンピュータ上で扱うことの最も多いコンテンツはテキストです。メモをしたり、文書を書く、コーディングをするなど様々な場面でテキストを書きます。そんなテキストを書くためのツールとしてテキストエディタがありますが、皆さんは何をお使いでしょうか。

手になじむテキストエディタを使っているかどうかで、業務の生産性は大きく変わってきます。今回はWindows向けのテキストエディタをピックアップして紹介します。

Visual Studio Code

Visual Studio Code

今一番人気のあるプログラミングエディタではないでしょうか。後述するAtomから派生してはじまったプロジェクトであり、Microsoft主導で一気に人気を集めています。プラグインやテーマも抱負で、デフォルトでGit連携していたのも魅力的です。

無償:オープンソース(MIT License)

Visual Studio Code

Atom

Atom

ElectronというNode.jsを使ったローカルアプリケーションを構築するフレームワークがありますが、それは元々このAtomを開発するためのベースとなっていました(Electronは元々Atom Shellという名前でした)。Web技術を使って実用的なローカルアプリケーションが開発できると知らしめたソフトウェアでもあります。

Visual Studio Codeの登場によって人気を奪われた形ではありますが、多くの拡張機能が提供されており、今なお人気のあるエディタです。

無償:オープンソース(MIT License)

Atom

Emacs

Emacs

キーバインドが特殊であり、使う人を選ぶエディタです。逆に一度キーバインドに慣れてしまえば手放せなくなります。Common Lispという言語で拡張できます。長い歴史があり、その分拡張も数多く存在します。拡張の中にはWebブラウザやメールクライアント、タスク管理なども存在し、Emacsは単なるエディタだけでなく、OSのような環境として動作も可能です。

無償:オープンソース(GPL)

GNU Emacs – GNU Project

Vim

Vim

VimもEmacs同様に歴史の長いエディタです。こちらもまた、キーバインドが特殊でノーマルモード(カーソル移動など)と入力モードを切り替えながら利用します。Vimもまた、一度慣れると手放せなくなります。ほぼすべての操作がキーボード操作可能なので、マウスに手を付けることなくプログラミングやテキスト編集し続けられるのが魅力です。

無償:オープンソース(Vim License)

welcome home : vim online

Sublime Text 3

Sublime Text 3

かつて有料でしたが、今は無料で使えるようになっています。動作が軽く、素早く起動します。拡張も抱負に存在し、日本語化もできるようになっています。特殊なキーバインドは多くなく、クロスプラットフォームで動作することから愛用する人も多いです。

有料:80ドル(試用可)

Sublime Text – A sophisticated text editor for code, markup and prose

サクラエディタ

サクラエディタ

サクラエディタは長い歴史を持ったソフトウェアです。昔ながらのWindowsアプリのUIで、軽快な動作が特徴です。WSH(Windows Script Host)を使ってマクロを書くことで、操作を自動化できます。インクリメンタルに行える検索が便利です。

無償:オープンソース(zlib License)

サクラエディタ

xyzzy

xyzzy

xyzzyはEmacs風のキーバインドで操作できるエディタです。Emacs同様にCommon Lisp準拠の言語でプラグインを書けます。Windowsネイティブなソフトウェアなので、Windowsで問題なく利用できるのが魅力です。

無償:オープンソース(MIT License)

xyzzy – カスタマイズ可能で軽快な Windows 用テキストエディタ

TepaEditor 5

TepaEditor 5

TepaEditor 5は98年にバージョン1がリリースされた長い歴史を持ったエディタです。2009年に5.0.5がリリースされて以降、更新はされていません。各言語のハイライトは編集モードというものに分かれており、Web系のプログラミング言語をメインに対応しています。

無料:フリーウェア

TepaEditor | フリーの Windows用テキストエディター

Notepad++

Notepad++

Notepad++はシンプルなエディタです。元々Windows標準のNotepad(メモ帳)代替として開発されており、そこにプログラミングエディタとしての機能が追加されています。UIはシンプルですが、30以上の言語ハイライトに対応し、指定フォルダ以下の検索機能など、開発に便利に機能が盛り込まれています。

無償:オープンソース(GPL)

Notepad++

秀丸エディタ

秀丸エディタ

Windowsユーザの方であれば、まず知らない人はいないだろうというくらい有名なエディタです。機能が多く、かつ安定して動作するので利用者も多いかと思います。マクロを使うことで操作の自動化が可能です。縦書きやCSV(TSV)編集モードなど、こういう機能があると便利なのに…というものはあらかた用意されていることでしょう。

有料:4,000円(試用可)

秀まるおのホームページ(サイトー企画)-秀丸エディタ

まとめ

最近開発されているエディタはアイコンが並んだツールバーがなく、メニューだけのシンプルな表示になっているようです。主にプログラミングエディタではありますが、普段使いも十分できますので、ぜひ試してみてください。プログラミングエディタの場合、背景色がダークなものが多いですが、これはテーマ設定で変更可能です。

テキストエディタは多数あり、どれが自分に合っているかは試してみないと分かりません。ぜひ実際に試してみて、好みのものを見つけ出してください。

NotePM

NotePM

NotePM(ノートピーエム) は、ナレッジ共有に特化した「社内版ウィキペディア」です。検索に強く、情報を整理しやすいのが特徴で、大手IT製品レビューサイト(ITreview)では、とくに『使いやすいさ・導入しやすさ』の点で高く評価されています。

NotePMの特徴

  • 強力な検索機能。PDFやExcelの中身も全文検索
  • 社内wiki+ファイル共有
  • フォルダ階層とタグ機能で情報を整理しやすい
  • Web上で簡単に文書作成できて、変更履歴も自動的に記録

NotePM
URL: https://notepm.jp/