【2021年版】おすすめIDE(統合開発環境)の最新まとめ!Windows・macOS・プログラミング言語別に紹介

2021年07月07日(水) Markdown
IDE(統合開発環境)

ソフトウェアを開発する際には、開発環境が必要になります。たとえばコーディングするためのエディタ、実行するための実行環境、さらに開発時にはデバッグが付きものなので、デバッガーも欲しいでしょう。こうした環境を一つ一つ整えることもありますが、統合開発環境と呼ばれるIDEを使うことで、まとめて開発環境を整えることもできます。

今回はIDEごとに利用できるプラットフォーム、そしてプログラミング言語を紹介します。

Visual Studio(Windows/macOS)

Visual Studio

Visual Studioは昔からMicrosoftが提供しているIDEになります。主にWindowsアプリ開発に利用されますが、最近ではmacOS版もリリースされています。.NETはクロスプラットフォームで動作する環境であり、C#を使ってWindows向けはもちろんのこと、macOSやiOS/Android向けにもアプリ開発が可能です。

対応している言語は .NET(C#/F#/VB.NET/ASP.NET)、C++になります。

Visual Studio IDE、コード エディター、Azure DevOps、App Center – Visual Studio

Unity(Windows/macOS)

Unity

Unityは主に3Dゲームを開発するのに使われていますが、今では2Dゲームであったり、VRコンテンツを作るのにも利用されています。ゲームはデスクトップ、モバイル、Web、専用端末と幅広くリリース対応しています。

対応している言語はC#になります。

Unity のリアルタイム開発プラットフォーム | 3D/2D、VR/AR のエンジン

Eclipse(Windows/macOS)

Eclipse

JavaのIDEとして長い歴史を持っているのがEclipseになります。プラグインを使うことで、他の言語(20以上)に対応することも可能です。ただしデバッグやユニットテスト、ビルドなどはJavaに最適化されています。Android Studio登場前はAndroid開発のデファクトIDEでした。

対応している言語は基本的にJavaですが、プラグインによって拡張可能です。

Epsilon

Apache NetBeans(Windows/macOS)

Apache NetBeans

NetBeansは元々サン・マイクロシステムズが開発していたJava開発用のIDEになります。Oracleがサン・マイクロシステムズを買収後、提供を続けたことで最新のJava仕様にいち早く対応できるのが利点でした。元々経緯としてエンタープライズ利用に特化していましたが、現在はWebやスクリプト言語での利用にも注力しています。

開発できる言語はJava/PHP/C言語/C++/JavaScript/Groovyなどとなっています。

Welcome to Apache NetBeans

IntelliJ IDEA(Windows/macOS)

IntelliJ IDEA

JetBrainsの提供する有償IDEです。Javaに特化しています。人間工学に基づき、精度の高いコード補完を実現しています。Javaが基本ですが、HTMLやSQLなどの言語も解釈し、コーディング支援を提供します。

対応言語はJavaですがGroovy、Kotlin、Scalaなどにも対応します。

IntelliJ IDEA: JetBrains の人間工学に基づく高機能 Java IDE

JetBrainsでは各言語に対してIDEを提供していますので、ここでまとめて紹介します。

Android Studio(Windows/macOS)

Android Studio

Androidアプリを開発する際に利用するIDEです。公式IDEであるため、安心して利用できます。ベースは商用IDEであるIntelliJ IDEAを利用していますので、安定性があります。Androidアプリのビルド、エミュレータの起動、アプリ実行などAndroidアプリ開発に必要な機能はすべて揃っています。

対応言語はJava、Kotlin、C++になります。

Xcode(macOS)

Xcode

macOSでiOSアプリやmacOSアプリの開発をしようと思ったら最初に挙げられるのがXcodeになるでしょう。Apple公式のIDEであり、無料で利用できます。公式であるが故にSwiftなどのバージョンアップに対しても一番速く対応します。Xcodeを利用している限り、Apple向けのアプリ開発は安心して行えるでしょう。

対応している言語はC++、Objective-CそしてSwiftになります。

Xcode 12 – Apple Developer

Deco(macOS)

Deco

React Native向けの開発に特化したIDEです。JSXを理解し、グラフィカルにパラメータを変更したり、シミュレータで即座に反映させられます。コンポーネント検索が付いており、開発時に役立つ機能を探したり組み込むのが容易です。

Deco – React Native IDE

まとめ

IDEを選ぶ際には、まず自分の開発したいものに合わせて選ぶ必要があります。デスクトップかスマートフォン、さらにWeb、またはCLIなのかによって最適な選択は分かれるでしょう。また、幅広い言語に対応していれば良いというものでもなく、利用する言語が限られるならば特化型IDEの方が開発効率は上がります。

最近では多くのIDEが無償、またはコミュニティ版を提供しています。それらを使えばコスト負担なく効率的な開発環境が整えられるでしょう。ぜひソフトウェア開発に取り組む際には、IDEに関する情報もチェックしてみてください。

おすすめの情報共有ツール

NotePM(ノートピーエム) は、ナレッジ共有に特化した社内版ウィキペディアです。検索に強く、情報を整理しやすいのが特徴です。3,000社以上に導入され、とくに『使いやすいさ・導入しやすさ』の点で高く評価されています。「ほしい情報を探すのが大変」「社内のナレッジ共有が上手くいっていない」とお悩みの方は、NotePMの無料トライアル をお試しください。

NotePMの資料請求はこちら