【ブラウザ専用】オンラインMarkdown(マークダウン)エディタ おすすめ4選

2023年01月07日(土) Markdown

こんにちは。マニュアル作成・ナレッジ共有ツール「NotePM」ブログ編集局です。

今回は ブラウザ上で動作するオンラインMarkdownエディタ(すべて無料) をご紹介します。

PCやスマホにインストールして、オフラインでも動作するMarkdownエディタについては、こちらを参照ください。

 

 

StackEdit

StackEdit

StackEdit は、ブラウザ上で動作する、無料のオンラインMarkdownエディタです。

StackEditの特徴

  • WYSIWYGスタイル
  • Markdown初心者でも使える入力補助
  • Googleドライブ、Dropbox、GitHubと同期
  • WordPressへのブログ投稿
  • インラインコメント機能
  • 共同編集機能

(画面イメージ)
StackEdit

料金

  • 無料

StackEdit
URL: https://stackedit.io/

 

Dillinger

Dillinger

Dillinger は、モバイルにも対応しているオンラインMarkdownエディタです。

Dillingerの特徴

  • モバイル対応
  • リアルタイムプレビュー
  • 画像のドラッグ&ドロップ機能
  • GitHub、Dropbox、Google Driveからファイルインポート
  • Markdown、HTML、PDF形式でエクスポート

(画面イメージ)
Dillinger

料金

  • 無料

Dillinger
URL: https://dillinger.io/

 

Marxico

Marxico

Marxico は、Evernote連携が特徴なオンラインMarkdownエディタです。

Marxicoの特徴

  • Evernote連携
  • ライブプレビュー
  • シンプルUI

料金

  • 無料

Marxico
URL: http://marxi.co/

 

HackMD

HackMD

HackMD は、クロスプラットフォームのオンラインMarkdownエディタです。有料・無料プランがあり、個人利用の場合は無料で使えます。

HackMDの特徴

  • URL共有で共同編集
  • リアルタイムプレビュー
  • Markdown入力補助

(画面イメージ)
HackMD

料金

  • 無料

HackMD
URL: https://hackmd.io/

 

その他、Markdown対応サービス

  • NotePM
    日報・議事録・設計書・社内マニュアル・ノウハウ集など、様々なドキュメントを効率的に管理
  • esa
    情報を育てるという視点で作られた自律的なチームのための情報共有サービス
  • Qiita:Team
    簡単に書けて簡単に共有できる/エンジニア向けブログ「Qiita」のビジネス版

参考: 【2023年版】社内wikiツール おすすめ15選(有料・無料)

 

この資料でわかること

• 個人のノウハウを引き出す社内wikiとは?
• 社内wikiを導入し浸透させるために必要なこと
• 社内wikiツールの選び方

 

おすすめの情報共有ツール「NotePM」

NotePM

NotePM(ノートピーエム) は、Webで簡単にマニュアル作成できて、強力な検索機能でほしい情報をすぐに見つけられるサービスです。さまざまな業界業種に導入されている人気サービスで、大手IT製品レビューサイトでは、とくに『使いやすいさ・導入しやすさ』を高く評価されています。

NotePMの特徴

  • マニュアル作成、バージョン管理、社外メンバー共有
  • 強力な検索機能。PDFやExcelの中身も全文検索
  • 社内FAQ・質問箱・社内ポータルとしても活用できる
  • 銀行、大学も導入している高度なセキュリティ。安全に情報共有できる

URL: https://notepm.jp/

NotePMについて詳しく見る >