【2021年版】MarkdownからPDFに変換できるエディタ・ツールを厳選まとめ!

2021年10月17日(日) Markdown
Markdown PDF

こんにちは。マニュアル作成・ナレッジ共有ツール「NotePM」ブログ編集局です。

Markdownはそのままでも可読性が高く、便利なテキストフォーマットです。しかし、他のファイルフォーマットに変換することで、いわばMarkdownがドキュメントの中間フォーマットとして活躍できるようになります。その際、よく使われるのがHTMLとPDFでしょう。

今回はMarkdownエディタや関連ツールの中で、日本語PDF変換をサポートしたエディタを紹介します。

Windows専用

Markdown Monster(有料)

Markdown Monster pdf

Markdown MonsterはMarkdownで記述してブログへポストしたり、Git連携しているなど有料ならでの機能拡充が見受けられます。PDFは日本語も使えるのですが、外部URLで指定したSVGは出力できませんでした。

Markdown Monster – The Markdown Editor for Windows

SeaPig(無料)

SeaPig pdf

SeaPigはWindows用のソフトウェアで、MarkdownエディタとPDF変換機能が組み合わさっています。シーケンス図などを差し込むこともできます。PDFは画像の表示もできますが、若干長くなるようです(改ページの問題かも知れません)。

yasumichi/seapig: SeaPig is converter from markdown to html with marked.js and highlight.js.

macOS専用

Pine(無料)

Pine pdf

Pineは開発中のMarkdownエディタですが、数式やGitHub風のMarkdown入力をサポートしています。フォルダを登録して、その中にあるMarkdownファイルをツリー表示しながら編集を行えます。生成されるPDFはシンプルで見やすいものです。

lukakerr/Pine: A modern, native macOS markdown editor

 

MacDown(無料)

MacDown pdf

プレビューの表示テーマが選択可能で、ダークモードなども選択できます。Markdownでどの記法を有効にするかを選択できるので、より自分にマッチしたライティング環境が構築できるでしょう。PDFもプレビューに合わせた色合いで出力できます。

MacDown: The open source Markdown editor for macOS

 

Quiver(有料)

Quiver pdf

Quiverはプログラマーのノートブックという名前を付けたエディタになります。MarkdownまたはLaTeXに対応しています。図もフローチャートやシーケンス図などをインラインで書けるようになっています。PDFはタイトルなどに対してスタイルが適用されます。

HappenApps

 

MWeb(有料)

MWeb pdf

MWebもQuiverのように左側にフォルダが並び、その中にあるMarkdownファイルを管理、編集できるスタイルです。ツールバーを使ってMarkdown入力をサポートしてくれます。PDFはシンプルに、カラーリングもないものになります。

MWeb – Pro Markdown writing, note taking and static blog generator App – MWeb

Windows/macOS両用

vnote(無料)

vnote pdf

Qtベースで作られたMarkdownエディタです。専用のフォルダと設定ファイルでMarkdownファイルを管理します。ネイティブのUIではないので、ちょっと特徴的に見えそうです。PDFはシンプルな出力で、特殊なスタイルなどは当たっていません。

vnotex/vnote: A pleasant note-taking platform.

 

Typora(無料)

Typora pdf

Typoraはインライン、WYSIWYGなMarkdown記述ができるエディタになります。PDFはエディタで表示されている内容のままといった形で、ダークモードを使っているとPDFも暗いデザインのものになります。

Typora — a markdown editor, markdown reader.

 

Mark Text(無料)

Mark Text pdf

インラインでMarkdownをWYSIWYGに記述、編集できます。KaTeXを使って数式の記述ができます。シーケンス図やガントチャートなどの図も描けます。PDFはシンプルなデザインのものが出力できます。

Mark Text

 

Notable(無料)

Notable pdf

Notableはフォルダ以下にあるMarkdownを管理、編集できるメモアプリになります。PDFでの出力はフォルダを指定して、選択したMarkdownファイルをまとめて出力します。出力されるPDFはシンプルで見やすいものです。

notable/notable: The Markdown-based note-taking app that doesn’t suck.

その他

その他ではVisual Studio Code用機能拡張とコマンドプロンプト(ターミナル)で使えるCLIツールを紹介します。

Markdown PDF(無料)

Markdown PDF pdf

Visual Studio Codeで動作する機能拡張です。MarkdownからPDFへの変換をコマンド一つで行ったり、さらに画像(PNG/JPEG)へも変換できます。PDFはファイル名や日付が入ったものになります。

Markdown PDF – Visual Studio Marketplace

 

md-to-pdf(無料)

md-to-pdf pdf

コマンドラインで使える変換ツールです。特徴としてはヘッドレスなChrome(おそらくChromium)を使って、プリントするような形でPDFを生成しています。日本語が使えるかどうかは実行環境に依存するでしょう。PDFは標準ではシンプルですが、CSSを指定することもできます。

simonhaenisch/md-to-pdf: Hackable CLI tool for converting Markdown files to PDF using Node.js and headless Chrome.

 

Marp(無料)

Marp pdf

MarpはMarkdownで記述してHTMLスライドを生成するソフトウェアです。PDF出力もサポートしていますが、スライド作成ツールとあってPDFが横向きになっています。

Marp: Markdown Presentation Ecosystem

 

markdown-pdf(無料)

markdown-pdf pdf

markdown-pdfはMarkdownファイルを指定してコマンドラインを実行するとPDFが生成されます。何も指定しなければHTMLデフォルトのようなデザインになります。別途スタイルシートやヘッダーの差し込みなども可能です。

alanshaw/markdown-pdf: Markdown to PDF converter

 

mdpdf(無料)

mdpdf pdf

MdpdfはPuppeteerとヘッドレスChromeを使ってMarkdownからPDFを生成します。HTML変換したMarkdownがそのままPDFになりますので、スタイルシートやヘッダー、フッターなどの指定によってカスタマイズできます。

BlueHatbRit/mdpdf: Markdown to PDF command line app with support for stylesheets

Webサービス

NotePM

NotePMはMarkdown対応の社内wikiでPDF出力できます。ヘッダーはなく、シンプルなPDFとなっています。画像表示も可能です。

NotePM pdf

URL:NotePM

 

Confluence

Confluence pdf

ConfluenceのページはPDFでダウンロードできます。画像にも対応しています。

Confluence

 

Backlog

Backlog pdf

BacklogのWikiはPDFエクスポートをサポートしています。なお、画像は表示できず、エクスポートしても反映されません。ページ名、ページネーションがヘッダーに追加されます。

Backlog

まとめ

MarkdownからPDFに変換する場合、注意するのはまず日本語に対応しているかどうかです。多くのソフトウェアで日本語表示に未対応でした。また、画像の表示に対応していないものもあります。さらにスタイルシートが使えたり、ヘッダーおよびフッターを独自に設定できるものもあります。

PDFはレポートやメール添付などに使えて便利です。ぜひ活用してください。

おすすめの情報共有ツール

マニュアル作成・ナレッジ共有ツール 「NotePM」 は、社内の知りたいことが簡単に確認できるツールです。「社内のほしい情報を探すのが大変」「ナレッジ共有が上手くいっていない」とお悩みの方は、NotePMの無料トライアル をお試しください。

NotePMサービス紹介資料はこちら >