【2024年版】モチベーション管理システムのおすすめ9選!メリット・デメリットから選び方まで解説!

2024年01月04日(木) エンゲージメント

社内コミュニケーション・情報共有を円滑化させるツール「NotePM」→無料で使ってみる【1分で登録完了】

こんにちは。マニュアル作成・ナレッジ共有ツール「NotePM」ブログ編集局です。

組織で高い生産性を保つために、従業員のモチベーション管理を行っているという企業は多いでしょう。モチベーション管理を効率的に行いたいときには、ツールを使うと便利です。そこで今回は、モチベーション管理システムの概要・導入メリットとデメリット・おすすめのツールを紹介していきます。

モチベーション管理システムとは?

モチベーション管理システムとは、従業員のモチベーションを管理し、最終的にモチベーションアップにつなげる役割を持つシステムのことを指します。多くの場合、アンケート調査などの機能・サービスを備えており、従業員の士気向上を目的とした自己理解や分析をサポートします。働くうえで、動機づけは大切です。モチベーションが高まれば労働意欲につながるため生産性の向上も見込めるでしょう。

モチベーション管理システムのメリット

モチベーション管理システムの導入は、企業にとってどのようなメリットをもたらすのでしょうか。モチベーション管理システムのメリットには、次の3つが挙げられます。

  • 生産性が向上する
  • 従業員の離職防止になる
  • 人員配置に役立つ

1つずつ、解説します。

生産性が向上する

モチベーション管理システムで従業員のモチベーションコントロールを実践すれば、生産性の向上が見込めます。従業員一人一人の意識改革を起こすきっかけを作りやすいためです。システムによって従業員の意欲が高まれば、業務効率の向上が期待できます。また、どの社員のサポートを行うべきかも可視化できるため、社員教育の手助けとなるでしょう。

従業員の離職防止になる

モチベーション管理システムによって従業員の士気向上を図れば、離職防止対策にも役立てられます。離職率の高さに悩む企業・部署は少なくありません。離職者が増えると現場の士気が下がると同時に、業務効率までも下がってしまうでしょう。モチベーション管理システムを導入すれば、従業員の心の動きをスムーズに把握し、声がけなどのフォロー体制も整えやすくなる可能性があります。

関連記事:社内報でアワードを取り上げて社員のモチベーションをアップさせよう

人員配置に役立つ

モチベーション管理システムは、人員配置にも大きく役立ちます。モチベーション管理システムのアンケート機能などで従業員に関するデータを集めれば、各従業員の適性をスムーズかつ的確に見極められるようになります。従業員同士の相性なども、より把握しやすくなるでしょう。

適切な人員配置は、生産性の高い組織を作るために重要です。モチベーション管理システムは、適材適所で能力を発揮できるよう明確にサポートする機能も備わっています。従業員にとっても、自分にあった部署で業務に従事できることは、モチベーション向上にもつながるでしょう。

モチベーション管理システムのデメリット

モチベーション管理システムを導入する前に、デメリットも理解しておきたいところです。モチベーション管理システムのデメリットは、次の2つが挙げられます。

  • コストがかかる
  • 効果が出るまでに時間がかかる

1つずつ、解説します。

コストがかかる

モチベーション管理システムを運用するには、一定のコストがかかります。コストは、導入時のイニシャルコストと運用時のランニングコストに分けられます。導入にかかるコストは製品タイプによって異なり、クラウド型を選べば低コストで済むケースが多いでしょう。しかし、クラウド型は月額利用料がかかることが多いため、一定の固定費がかかることも理解しておきましょう。料金を確認し、システムにかけられる予算と相談しつつ、導入を検討しましょう。

効果が出るまでに時間がかかる

モチベーション管理システムは、データ収集に一定期間が必要なため、効果を感じられるまでに相応の時間がかかることも少なくありません。モチベーション管理システムは、従業員一人一人についてのデータを収集・蓄積することで、モチベーションアップにつなげるという特徴があります。そのためシステムが効果を発揮するまでには、ある程度時間がかかるのは仕方がないとも言えます。データの分析までにはそれなりの時間がかかることを考慮して、導入時期を見極めるべきでしょう。

モチベーション管理システムの目的別選び方

モチベーション管理システムの選び方のポイントは、次の3つです。

  • 初期費用・月額料金
  • 機能
  • 利用目的

1つずつ、解説します。

初期費用・月額料金

モチベーション管理システムを選ぶときには、初期費用・月額料金を事前にチェックし、運用にどれくらいの費用が必要かを検討しましょう。比較的少ないコストでモチベーション管理システムを自社に取り入れるなら、クラウド型の製品がおすすめです。クラウド型では自社でサーバーを構築しないため、低コストで導入でき、導入における作業も容易です。なお、コストよりも機能の充実性を重視したいときは、クラウドではなくオンプレミス型を選ぶとよいでしょう。

機能

モチベーション管理システムに備わっている機能やサービスは、製品によって異なります。導入を検討している製品は具体的にどのようなことができるのか、特徴や機能をチェックしておきましょう。アンケートやサーベイ機能・データ分析の機能などが、モチベーション管理システムの主な機能です。

関連記事:エンゲージメントサーベイを導入するために知っておきたい基本事項

利用目的

モチベーション管理システムと一口に言っても製品の種類は数多く存在します。利用目的にあったシステムを導入しましょう。まずはシステムの導入が生産性向上・離職率の低減・適切な人材配置の実現など、どのような目的を持って行うのかを見定めましょう。そのうえで、目的を実現できる機能や特性を持ったモチベーション管理システムを選択することが大切です。

モチベーション管理システムのおすすめ9選

モチベーション管理システムにはさまざまな種類があるため、製品ごとにどのような特徴があるのかを確認し、比較していくことが大切です。おすすめのモチベーション管理システムは、次の9製品です。

  • モチベーションクラウド
  • スマカン
  • HRBrain
  • カオナビ
  • OH!KIMOCHI
  • タレントパレット
  • Wevox
  • SmartHR
  • Unipos

1つずつ、解説します。

モチベーションクラウド

モチベーションクラウドは、組織改善に役立つモチベーション管理システムです。従業員エンゲージメント向上に向けてさまざまな支援を行えるという特徴があります。網羅的なアンケート機能やサーベイ調査によって、組織改善のために必要なことを導き出します。国内最大級のデータベースを持つため、他社比較もスムーズかつ的確に行えるでしょう。

モチベーションクラウドの特徴

  • 組織改善のためのクラウドサービス
  • 従業員エンゲージメント向上にむけて適切な支援を行う
  • データベースによって他社比較を実施

URL: https://www.motivation-cloud.com/

 

スマカン

スマカンは、人事評価や目標管理・タレント分析などさまざまな組織活性化に役立つ機能を備えたモチベーション管理システムです。人材情報の一元管理に役立ちます。さらにテレワークにも対応しているため、テレワーク実施時も適切に社員の評価を行い体制を強化できるでしょう。使いやすさを意識して作られたインターフェースはとてもシンプルで、直感的に操作できるのがポイントです。

スマカンの特徴

  • 人事評価や目標管理など組織活性化に必要不可欠な機能を多数搭載
  • テレワーク実施時も人事評価を適切に行えるよう体制を強化
  • シンプルで使いやすいインターフェース

URL: https://smartcompany.jp/

 

HRBrain

HRBrainは、累計導入社数2,000社を超える人気のタレントマネジメントシステムです。人材データの管理をはじめとし、蓄積された膨大なデータの分析・活用までをスムーズに実現できます。そのうえで、組織診断サーベイまでを一元的に行えます。システムは人事部だけでなく一人一人の従業員、そして経営陣まで利用しやすい設計である点も魅力の1つです。

HRBrainの特徴

  • 累計導入社数2,000社以上
  • 人材データの管理・分析・活用
  • 人事部・従業員・経営陣すべてが使いやすいサービス

URL: https://www.hrbrain.jp/

 

カオナビ

カオナビは、タレントマネジメントシステムとして高いシェア率を誇る人気の製品です。国内で幅広い企業に選ばれているという特徴があります。人材情報の一元化と見える化をスムーズに実現します。さらにモチベーション分析や離職分析では、従業員一人ひとりの心境をわかりやすいデータに起こして共有するため、フォロー体制の強化に役立ちます。

カオナビの特徴

  • タレントマネジメントシステム
  • 人材情報の一元化と見える化をスムーズに実現
  • モチベーション分析と離職分析が適格

URL: https://www.kaonavi.jp/

 

OH!KIMOCHI

OH!KIMOCHIは、オンラインで利用できるサンクスカードサービスです。比較的低コストで導入できます。社内にサンクスカードの仕組みを取り入れて、モチベーション向上につなげたいときにおすすめのシステムです。運用はPCだけでなくスマートフォンでも可能です。さらに導入・運用にあたっては、説明代行や利用状況レポートなどの手厚いサポートを受けることも可能です。

OH!KIMOCHIの特徴

  • 少ない手間とコストで導入できるオンラインサンクスカード
  • PC・スマートフォンの両方で運用可能
  • 説明代行や利用状況レポートなどのサポートサービスあり

URL: https://service.oh-kimochi.jp/index.html

 

タレントパレット

タレントパレットは、人材情報の見える化が可能な人事管理システムです。最適配置・人事評価・人材育成・離職防止・アンケートなど、さまざまな人事業務をワンストップで行えます。継続率も高く、99.6%と高い実績を持っているのも特徴です。アンケートなどを手軽に実施することで、スマートフォンやPCを通じて従業員一人一人の心理状態の変化を手軽に収集できるため、スムーズなモチベーション管理に役立てられるでしょう。

タレントパレットの特徴

  • 人材情報の見える化を実施
  • 継続率99.6%の高い実績を誇る
  • 手軽にモチベーション調査結果を収集できる

URL: https://www.talent-palette.com/

 

Wevox

Wevoxは、より良い組織づくりに役立つシステムです。組織の状態を多角的に可視化して、各人がやるべきことの気付きを得られるという特徴があります。そのためマネジメント支援や離職率改善・生産性向上などが期待できます。これまでのサーベイ回答データ数は1億3,800万件にも及び、多くの企業から信頼されていることがわかります。

Wevoxの特徴

  • 組織の状態を多角的に可視化しすべきことの気づきを与える
  • データ活用により組織ごとに課題を洗い出す
  • これまでのサーベイ回答データ数は累計1億3,800万件

URL: https://get.wevox.io/

 

SmartHR

SmartHRは、従業員の満足度・モチベーション・コミュニケーション・リーダーシップなど、さまざまなトピックから多角的に調査できる従業員サーベイを備えた労務システムです。社員名簿から雇用形態・役職などのセグメントにあわせてアンケートの対象者を自在に設定できます。回答結果を即座にグラフや表で表せるため、データの分析も容易に行えるでしょう。

SmartHRの特徴

  • 組織の状態を測定する従業員サーベイ
  • 従業員データベースを使ってアンケートが実施可能
  • 随時に集計されデータ閲覧可能

URL: https://smarthr.jp/function/survey/

 

Unipos

Uniposは、従業員同士が感謝と称賛を送ることが可能なシステムです。社内に称賛し合う文化を醸成することにより、離職率を防止する効果が見込めます。Slackなどの各種ビジネスチャットツールとも連携可能です。システムを通して少額のインセンティブを送ることもできるため、社員のモチベーション持続に役立つでしょう。

Uniposの特徴

  • 従業員同士が感謝と称賛を伝え合える
  • 少額のインセンティブが送れる
  • ビジネスチャットツールと連携できる

URL: https://unipos.me/ja/

 

まとめ

モチベーション管理システムは、生産性向上や離職率の改善などの大きなメリットをもたらす重要なソリューションです。従業員一人一人のモチベーションコントロールは、生産性と業務効率を左右する重要な要素の1つだと言えるでしょう。モチベーション管理システムは、製品ごとに備えている機能が異なるため、それぞれの特徴や利点を確認し、自社に合ったシステムを見つけましょう。

おすすめの情報共有ツール「NotePM」

NotePM

NotePM(ノートピーエム) は、Webで簡単にマニュアル作成できて、強力な検索機能でほしい情報をすぐに見つけられるサービスです。さまざまな業界業種に導入されている人気サービスで、大手IT製品レビューサイトでは、とくに『使いやすいさ・導入しやすさ』を高く評価されています。

NotePMの特徴

  • マニュアル作成、バージョン管理、社外メンバー共有
  • 強力な検索機能。PDFやExcelの中身も全文検索
  • 社内FAQ・質問箱・社内ポータルとしても活用できる
  • 銀行、大学も導入している高度なセキュリティ。安全に情報共有できる

URL: https://notepm.jp/

NotePMについて詳しく見る >