【2024年版】フォーム営業ツールおすすめ10選を徹底比較!特徴や選定のポイントまで紹介

2024年03月16日(土) マーケティング

社内のナレッジ共有・マニュアル作成を成功させるツール「NotePM」→無料で使ってみる【1分で登録完了】

こんにちは。マニュアル作成・ナレッジ共有ツール「NotePM」ブログ編集局です。

フォーム営業ツールは、フォーム営業活動の質と効率を飛躍的に向上させる画期的なソリューションです。このツールを利用することで、潜在顧客へのフォーム営業の自動化はもちろん、顧客情報の収集・整理・分析がこれまで以上に効率化できるようになるでしょう。フォーム営業ツールは、直感的なインターフェースと自動化されたデータ入力機能を備えており、営業チームはリードの管理からフォローアップまでのプロセスをスムーズに進めることができます。顧客のニーズや関心に合わせたカスタマイズが容易なサービスも多く、営業成果の最大化の実現に寄与します。本記事では、フォーム営業ツールの特徴から選定のポイントまでを解説し、おすすめのツール10選を紹介します。

フォーム営業ツールとは

フォーム営業ツールは、営業チームが顧客情報を収集し、効率的に管理するための非常に便利なツールです。このツールを活用すれば、営業活動の成果を最大化することができます。フォーム営業ツールは、営業効率の向上・顧客満足度の向上・そして最終的な売上の増加を実現するために、多くの企業にとって欠かせないツールといえるでしょう。ここでは、フォーム営業ツールの主な機能として以下の3つを解説します。

  • 営業リスト作成の自動化
  • フォーム投稿作業の自動化
  • 適切な効果検証

それでは、1つずつ見ていきましょう。

営業リスト作成の自動化

フォーム営業ツールの主な機能の1つ目は、営業リスト作成の自動化です。一般的に、営業リストはリスト事業社から購入したり、Webメディアなどの企業の集合体から企業情報をコピー&ペーストしたりして作成されます。また、営業マンが空き時間にスプレッドシートでこの作業を繰り返し、手動で営業リストを作成するケースも珍しくありません。しかし、フォーム営業ツールを利用すれば、これらの時間を要するプロセスを大幅に簡素化できます。フォーム営業ツールは、数十万単位で保有される広範な営業リストから、エリア、業種、企業規模など、さまざまな軸でターゲットを絞り込み、自動的に営業リストを作成します。

フォーム営業ツールの利用により、営業チームは手動でのデータ収集やリスト作成に費やしていた時間を、より生産的な営業活動に充てることが可能になります。ただし、リストが最新の情報を反映していない場合、営業効率の低下を招く恐れがあるため、保有するリストの更新性に注意が必要です。ツール選定の際や定期的な利用中には、リストの更新頻度や品質の確認が推奨されます。

フォーム投稿作業の自動化

フォーム営業ツールの主な機能の2つ目は、フォーム投稿作業の自動化です。通常、営業メールをお問い合わせフォームに投稿する作業は、1件ずつ手動で行う必要があり、このプロセスは非常に時間を要します。一人当たり、1時間で約20~30件の投稿が可能ですが、この作業に割ける社内リソースが常にあるとは限りません。多くの企業では、他の業務に追われ、このような営業活動に充分な時間を割くことが難しいのが現状です。ここでフォーム営業自動化ツールの導入が役立ちます。このツールを使用すれば、お問い合わせフォームへのメール投稿作業を自動化でき、大幅な時間削減が可能です。

具体的には、事前に設定したメッセージを用いて、複数のお問い合わせフォームに対して自動でメールを送信できます。これにより、営業担当者は1時間あたりに処理できる投稿数を大幅に増やすことができ、より多くの潜在顧客にアプローチする機会を得られます。この自動化機能の導入は、営業活動の効率化だけでなく、限られたリソースを最大限に活用するという観点からも非常に有効です。営業担当者は、手動での投稿作業から解放されることで、顧客との関係構築や戦略立案など、より価値の高い活動に集中できるようになります。

適切な効果検証

フォーム営業ツールの主な機能の3つ目は、適切な効果検証です。この機能は、営業活動の成果を明確に評価し、その結果を基に改善策を実施することを可能にします。特に、問い合わせフォームを通じた営業メールでは、相手の反応を直接的に確認することが難しく、効果の検証が不可欠です。この課題を解決するため、多くのフォーム営業ツールには、送信後のトラッキング機能が搭載されています。具体的には、営業メールの開封率やクリック率などの重要な指標の追跡や効果測定が可能です。さらに、ABテストを実施することで、異なるメッセージング戦略の効果を比較し、最も効果的なアプローチを特定できます。これにより、営業メールの内容やタイミングを最適化し、効果の最大化を図ることが可能になります。

効果検証機能によるデータの収集と分析は、営業戦略をデータに基づいて調整し、継続的に改善を行うための基盤を提供します。そのため、営業効率の向上だけでなく、より高い成果を実現するための戦略的な意思決定を可能にします。

フォーム営業ツールのタイプ

フォーム営業ツールのタイプを解説する際には、それぞれが営業活動をどのように支援するかを明確に理解することが重要です。これらのツールは、営業チームが効率的に顧客情報を収集し、効率的にフォーム営業をすることを目的としています。フォーム営業ツールには大きく分けて以下の2つのタイプがあります。

  • 営業リスト作成型
  • フォーム投稿特化型

それでは、1つずつ見ていきましょう。

営業リスト自動作成型

フォーム営業ツールのタイプ1つ目は、アプローチしたい企業を自動で検索、選定してくれる営業リスト自動作成型です。すでに保有している営業リストの情報が不足している場合でも、そのリストをツールに提出することで情報を補完してくれる機能を持つツールも存在します。自動作成された営業リストと既存の営業リストを組み合わせることにより、さらに効率的なフォーム営業が実現するでしょう。また、フォーム営業活動を自社で行うだけではなく、テレアポやクロージングまで含めた全面的な営業支援を求める場合には、営業リスト作成代行サービスの利用が推奨されます。これにより、企業は営業活動の効率化だけでなく、より広範な営業戦略の実施が可能になります。

関連記事:営業リスト作成ツールとは?メリット・目的別選定ポイント・おすすめ14選について徹底解説!

フォーム投稿特化型

フォーム営業ツールのタイプ2つ目はフォーム投稿特化型です。このタイプは、インターネット上にある様々な企業への問い合わせフォームやコンタクトフォームに対して、自動で情報を入力し送信することを目的としています。特に、複数の企業に対して同時にアプローチを行いたい場合や、手動での入力作業を削減し、効率的に営業活動を進めたい企業に適しています。このタイプのツールでは、事前に設定したテンプレートを用いて、一括または個別にカスタマイズされたメッセージを送信することが可能です。

フォーム営業ツールの選定ポイント

現代のビジネス環境では、効率化と自動化が業務成功の鍵を握っています。特にフォーム営業自動化ツールは、営業プロセスを効率的にし、生産性を向上させるために欠かせない存在となっています。しかし、市場にはさまざまなツールが溢れており、どのツールを選ぶべきか判断するのは容易ではありません。適切なツール選びには、自社に合った選定ポイントを理解し、検討する必要があります。ここでは、フォーム営業ツール選定のためのポイントとして、以下の5つを解説します。

  • メール配信機能の有無
  • 予約機能の有無
  • 営業リストの保有量や精度
  • 効果検証がどこまでできるか
  • クレーム防止機能の充実度

それでは、1つずつ見ていきましょう。

メール配信機能の有無

フォーム営業ツール選定のポイント1つ目は、メール配信機能の有無です。この機能を持つツールは、企業が潜在顧客へのアプローチや既存顧客との関係維持を効率的に行うために不可欠です。一部のツールでは、企業のメールアドレスを自動検知して問い合わせを行うことができるため、お問合せフォームを設置していない企業にも対応可能です。このような機能を備えたツールを選択することで、営業プロセスの自動化と効率化を実現し、より広範なターゲットにアプローチすることが可能になります。

関連記事:【2024年版】メール配信システム・サービス おすすめ12選を徹底比較(無料あり)

予約機能の有無

フォーム営業ツール選定のポイント2つ目は、予約機能の有無です。フォームマーケティングにおいて、メールの返信率を高めるためには、送信するタイミングが非常に重要です。では、どの時間帯にメールを送れば、返信率が高まるのでしょうか?一般的には、「月曜日を除く平日の午前中」が最も効果的な時間帯とされています。多くの会社員が経験しているように、月曜日を除く平日の午前中は、メールボックスを確認し、メールに対応する時間が最も長くなります。この時間帯にメールを送信することで、受信者がメールを見逃す可能性が低くなり、結果として返信率が向上するのです。

最近では、お問い合わせフォームからの連絡をSlackに転送している企業も増えています。このようなツールの利用は、メールに気づかないという事態を防ぎ、返信率を向上させます。Slackのような即時性が高く、目につきやすいプラットフォームへの転送は、フォーム営業の効果をさらに高めるでしょう。受信者のメール処理の習慣を考慮し、予約機能を持ったフォーム営業ツールを活用した戦略的なアプローチは、返信率の向上が期待できます。

営業リストの保有量や精度

フォーム営業ツール選定のポイント3つ目は、営業リストの保有量や精度です。営業リスト自動作成機能を搭載したフォーム営業ツールの選択において、ツールがアクセスできる企業データベースの規模と、設定可能な企業情報の精度は重要です。さらに、営業リスト内の企業情報範囲の広さも、ツール選定の重要なポイントとなります。一般的に、業界・業種・資本金・従業員数といった基本情報の設定は可能ですが、詳細なビジネス動向まで考慮した条件設定が可能なツールも存在します。よりニッチで具体的な特定のビジネス属性を基にしたリスト作成は、より効率的で目的に沿った営業活動を可能にするでしょう。

営業リストの保有量とその精度は、フォーム営業ツール選定時の重要なポイントです。ターゲット市場をしっかりと捉え、高品質なリストを提供するツールの選択が効果的な営業活動の鍵となります。

効果検証がどこまでできるか

フォーム営業ツール選定のポイント4つ目は、営業活動の成果をどこまで詳細に検証できるかです。営業活動の成果を正確に把握し、改善策を講じる能力は、ビジネスの成長を加速させる上で非常に重要です。具体的には、お問合せフォームを通じて行った営業活動がどの程度の反応を得たか、どのような反応であったかを正確に分析することができるツールの選択がカギとなります。例えば、あるツールでは、送信した営業メール内のリンククリック率を計測する機能を搭載しています。この機能により、どのリンクがどれだけのクリックを獲得したかを具体的な数値で把握でき、ターゲットの関心度やニーズを精密に分析することが可能です。

さらに、営業先がどの段階で関心を失っているかも明らかになり、営業文面の改善点やリンク先コンテンツの質を見直すための貴重な指標を提供します。クリックした企業に対しては、テレアポなどの更なるアプローチを行うなど、効率的なフォローアップ営業も可能です。このように、どこまで効果検証が可能なツールなのかを把握し、自社に適したものを選択することは成果の最大化という観点でも重要な要素となります。

クレーム防止機能の充実度

フォーム営業ツール選定のポイント5つ目は、クレーム防止機能の充実度です。企業として不快感を与える営業メールを送信し、悪い印象を持たれるリスクを最小限に抑えることは、営業活動の成功にとって重要です。クレーム防止に特化した機能を多数搭載しているツールには、既に取引のある企業や過去に営業を断られた企業を「NGリスト」として登録できる機能が備えられており、不適切なターゲットへのアプローチを未然に防ぎます。また、同一企業への過度な連絡を防ぐ「注意喚起アラート」機能も、クレームを未然に防ぐことも可能です。このように、企業が求めるマナーを守りながら、リスクを避けつつ効率的で効果的な営業活動を行うには、クレーム防止機能の充実度が要となります。

フォーム営業ツール10選

ここでは、フォーム営業ツールのおすすめ10選を紹介します。

  • LISTERS form
  • Lead Dynamics
  • SalesNow
  • 問い合わせにょーる
  • Knockbot
  • ホットアプローチ
  • HIROGARU
  • APOLLO SALES
  • Ultra Form
  • GeAIne

それでは、1つずつ見ていきましょう。

LISTERS form

LISTERS formは、Webサイト上の問い合わせフォームに対して自動でデータを入力し、送信する機能を備えたフォームマーケティングの自動化ツールです。このツールにより、問い合わせフォームを通じた営業活動が大幅に効率化されます。フォーム営業は潜在顧客へ直接アプローチが可能な手法として注目されています。このツールを使用することで、テレマーケティング・ダイレクトメール・対面営業など他の手法と比較して、優れたコスト効率を実現します。

LISTERS formの特徴

  • 7日間無料体験期間あり
  • 即日導入可能
  • 初期費用0円、月額5万円から

URL: https://lister.jp/form/

 

Lead Dynamics

Lead Dynamicsは、SEO対策やウェビナーを用いた伝統的かつ属人的な集客手段から脱却を目指します。フォーム営業ツールを使用したマーケティング手法を導入することで、業務のアポイントメントを最短1日で確保した企業もあるなど、リード獲得期間を劇的に短縮することが可能です。

Lead Dynamicsの特徴

  • クレーム回避機能が充実
  • 初期費用が無料、最低月額3.3万円から
  • AIがリストからフォームを検知して自動で送信

URL: https://lead-dynamics.com/#top

 

SalesNow

SalesNowは、Webサイト上の問い合わせフォームに対して自動でデータを入力し、送信する機能を備えたフォームマーケティングの自動化ツールです。このツールにより、問い合わせフォームを通じた営業活動が大幅に効率化されます。潜在顧客へ直接アプローチが可能な新規顧客獲得の手法として注目されているフォーム営業にこのツールを使用することで、テレマーケティング・ダイレクトメール・対面営業など他の手法と比較して、優れたコスト効率を実現します。

SalesNowの特徴

  • 無料のオンラインデモあり
  • 常に更新され続ける「データベース」
  • 全国530万社から業界No.1の検索条件

URL: https://top.salesnow.jp/

 

問い合わせにょーる

問い合わせにょーるは、オープンサイト型のフォーム営業ツールです。24時間いつでも、だれでも使用可能で、送信件数に合わせて費用が発生するため初期費用はかかりません。実際にメール送信する際にはターゲットエリアや業種を選択するだけの非常にシンプルな操作感なため、各種システム操作が苦手な初心者でも簡単に使用できます。

問い合わせにょーるの特徴

  • 初期費用0円、送信件数に従って支払い
  • 24時間いつでも使用可能
  • エリアと業種を選ぶだけのシンプルな機能

URL: https://www.navit-j.com/service/senhor/

 

Knockbot

Knockbotは、ターゲットとなった企業の問い合わせフォームやメールアドレスにロボットが営業代行してくれるというコンセプトのフォーム営業ツールです。日別レポートやクリック通知機能など、あったら便利な機能が盛りだくさんで日頃時間を取られてしまっている業務の効率化が図れます。無料トライアルも1000件まで可能なため安心して導入検討できるでしょう。

Knockbotの特徴

  • 無料トライアルあり。1000件送信可能。
  • 初期費用・月額料金・契約期間なし
  • 送信できなかった件数に支払いは不要

URL: https://www.knockbot.jp/

 

ホットアプローチ

ホットアプローチを利用すると、480万社を超える日本全国の「企業データベース」から、特定の属性や企業規模に基づいてターゲットとなる企業を選定し、アプローチリストを簡単に作成できます。国税庁や経済産業省から得られる信頼性の高いデータを使用しており、業界や地域、ビジネスに関する情報、さらには連絡先の有無(住所、電話番号、問い合わせフォーム、メールアドレスなど)をもとに、目的に合った企業をマウス操作だけで効率的に絞り込むことが可能です。

ホットアプローチの特徴

  • 国税庁や経済産業省の信頼性の高い情報からできた企業データベース
  • マウス操作でかんたんにアプローチしたい企業が絞り込める
  • 送信内容の雛形を複数用意

URL: https://www.hammock.jp/hap/

 

HIROGARU

HIROGARUは、お問い合わせフォームを活用した営業において、反響率や反応率が非常に高いことで知られています。営業対象となるリストは24万件以上あり、固定の料金体系で、自己所有のリストの使用も可能です。お問い合わせフォームへの自動入力機能を備えているため、作業を迅速に進めることができます。SEMやSNS広告と比較しても、より低コストでサービスを効果的に紹介できる点が魅力です。

HIROGARUの特徴

  • 24時間無料トライアルあり
  • 一律料金、リストの持ち込み可
  • 月額固定料金制。解約も随時可能。

URL: https://hirogaru.jp/

 

APOLLO SALES

APOLLO SALESは、業界で最もコストパフォーマンスに優れた選択肢として、フォームおよびメールを利用した営業活動を1通あたり5.8円から提供しています。営業リストの構築からフォームやメールを通じた営業活動までをサポート。新規顧客獲得に特化しており、これまでに1,000社以上の企業がこのツールを活用しています。

APOLLO SALESの特徴

  • 業界最安値水準
  • クラウド型サービス
  • 1,000社以上の企業が利用

URL: https://apollosales.co/

 

Ultra Form

Ultra Formは、営業チームの持続可能な労働環境を促進するためのツールとして開発されました。この支援ツールは、迅速で高品質な問い合わせ応対を可能にし、フォームを通じた営業活動を最適化します。初期費用0円で導入でき、無料トライアル期間も設けられています。メールのトラッキング機能もついているため効果測定も容易です。

Ultra Formの特徴

  • 初期費用0円。無料トライアルあり。
  • 問い合わせフォームが1クリックで入力完了
  • 反応のあった企業が一目瞭然

URL: https://code-company.co.jp/ultraform/

 

GeAIne

GeAIneは、効果的に高品質なアポイントメントを獲得するための問い合わせフォーム営業支援ツールです。企業の問い合わせフォームへ自動的に営業メールを配信し、BtoBセクター向けに新規顧客開拓を効率化するツールとして設計されています。

GeAIneの特徴

  • 3日間限定無料トライアルあり
  • 営業文書のABテストが可能
  • 受注確度の高いキーマンへのアプローチ率とアポ獲得率

URL: https://the.geaine2.jp/

 

まとめ

本記事では、フォーム営業ツールのおすすめ10選を徹底比較し、それぞれの特徴や選定時のポイントを詳しく解説しました。フォーム営業ツールは、営業プロセスの効率化と成果の最大化に不可欠なソリューションですが、自社の目的やニーズに合致するツールを選択することが成功への鍵となります。ツール選びでは、機能性、使いやすさ、コストパフォーマンス、カスタマイズの容易さなど、多角的な視点から検討することを推奨します。また、無料トライアルやデモを利用して、実際の運用を想定したテストを行うことも重要です。フォーム営業ツール選びに困ったら、本記事を参考にしてみてください。

おすすめの情報共有ツール「NotePM」

NotePM

NotePM(ノートピーエム) は、Webで簡単にマニュアル作成できて、強力な検索機能でほしい情報をすぐに見つけられるサービスです。さまざまな業界業種に導入されている人気サービスで、大手IT製品レビューサイトでは、とくに『使いやすいさ・導入しやすさ』を高く評価されています。

NotePMの特徴

  • マニュアル作成、バージョン管理、社外メンバー共有
  • 強力な検索機能。PDFやExcelの中身も全文検索
  • 社内FAQ・質問箱・社内ポータルとしても活用できる
  • 銀行、大学も導入している高度なセキュリティ。安全に情報共有できる

URL: https://notepm.jp/

NotePMについて詳しく見る >