【2024年版】インフルエンサーマーケティングおすすめ4選を徹底比較!メリット・デメリットと成功させるコツを解説

2024年01月04日(木) マーケティング

社内のナレッジ共有・マニュアル作成を成功させるツール「NotePM」→無料で使ってみる【1分で登録完了】

こんにちは。マニュアル作成・ナレッジ共有ツール「NotePM」ブログ編集局です。

近年、若年層から年配者まで、さまざまな層のユーザーがSNSを利用しており、SNSマーケティングは盛り上がりを見せています。SNSで大きな影響力を持つインフルエンサーを起用して、自社の商品の認知向上に役立てたいという企業担当者もいるでしょう。SNSマーケティングを実施するときには、インフルエンサーマーケティングについて理解しておくことが必要です。

本記事では、インフルエンサーマーケティングのメリット・デメリットや成功させるコツ、おすすめのインフルエンサーマーケティング支援会社について解説します。

インフルエンサーマーケティングとは?

インフルエンサーマーケティングは、インフルエンサーの影響力を利用したマーケティングのことです。SNSのフォロワー数が多い人物のことを、インフルエンサーと言います。フォロワー数が多いインフルエンサーは、ユーザーから人気があるため、自社の商品・サービスを宣伝してもらうことで大きな宣伝効果が期待できます。インフルエンサーマーケティングは、一般的なCMなどの広告と比較して、費用対効果が良いことも特徴と言えるでしょう。

インフルエンサーマーケティングのメリット

インフルエンサーマーケティングの主なメリットは以下の3つです。

  • マーケティング施策が豊富にある
  • 細かいターゲティングができる
  • 広告が消費者に受け入れられやすい

それぞれ、解説していきます。

マーケティング施策が豊富にある

インフルエンサーマーケティングは、マーケティング施策が豊富にあるのが魅力です。例えば、インフルエンサーを店舗に招いての現地レポートや、自社商品とコラボレーションしたコンテンツの発信などがあります。自社のビジネス形態や目的に合わせたマーケティング施策を実行することで、より効果的なマーケティングを実現できるでしょう。

細かいターゲティングができる

趣味嗜好に応じた細かいターゲティングができる点も、インフルエンサーマーケティングのメリットです。自社商品・サービスを訴求したいターゲットを明確にして、最適な層に影響力のあるインフルエンサーに広告を依頼できます。漠然と幅広い層にマーケティングするよりも、効率的なリーチが可能となるでしょう。

広告が消費者に受け入れられやすい

インフルエンサーマーケティングは、広告の一種でありながら、消費者に「広告らしさ」をあまり感じさせないというメリットがあります。Web上の広告に、嫌悪感を示す消費者も少なくありません。インフルエンサーマーケティングは、消費者に受け入れられやすい宣伝方法だと言えます。広告をブロックしている消費者にも、インフルエンサーを通じて宣伝できるのがメリットです。

関連記事:いま注目の「ソーシャルリスニングツール」とは?代表的な5つの機能と導入効果を解説!

インフルエンサーマーケティングのデメリット

インフルエンサーマーケティングのデメリットは以下の3つです。

  • インフルエンサーの選定に時間がかかる
  • ステマ・炎上リスクがある
  • コミュニケーションに人的リソースがかかる

それぞれ、解説していきます。

インフルエンサーの選定に時間がかかる

インフルエンサーマーケティングが成功するかどうかは、起用したインフルエンサーに大きく左右されます。フォロワー数が多ければ多いほど効果があるわけでもなく、自社商品・サービスとインフルエンサーの発信内容が合致しているか、フォロワーの属性が近いかなど、細部まで考慮しなければなりません。そのため、インフルエンサーの選定に時間がかかるケースが多いでしょう。

ステマ・炎上リスクがある

インフルエンサーマーケティングにはステマ・炎上のリスクがある点にも注意しておきましょう。ステマとは、消費者に広告だということを隠しながら行う、販促活動のことを指します。正式にプロモーションを依頼していたにもかかわらず、ステマと誤解されてしまうことも珍しくありません。基本的には、タイアップ投稿であることを明示したり、「〇〇社から商品を提供していただきました」と表記したりするなど、適切なプロモーション表示を行いましょう。

関連記事:ITリテラシーの意味とは?高めるメリットと方法とともに解説

コミュニケーションに人的リソースがかかる

インフルエンサーマーケティングを成功させるには、方向性の違いが発生しないよう、事前にインフルエンサーと十分にコミュニケーションを取る必要があります。複数のインフルエンサーに依頼する場合は、それぞれのインフルエンサーと話し合わなければならないため、より多くの人的リソースがかかるでしょう。

インフルエンサーマーケティングで使われるSNSの特徴

インフルエンサーマーケティングで使われることの多いSNSは以下の4つです。

  • YouTube
  • Instagram
  • Twitter
  • TikTok

それぞれのSNSの特徴について見ていきましょう。

YouTube

YouTubeは、世界中で支持されている動画投稿サイトです。「YouTuber」と呼ばれるインフルエンサーは他のSNSと比べても特に知名度が高く、大きな影響力を持っています。ユーザー層の年齢が幅広いため、さまざまな層にアプローチできる点も魅力です。

Instagram

Instagramは、写真や動画での投稿がメインのSNSです。視覚効果による訴求に向いているため、特にファッションやインテリア関係などは自社の魅力をアピールしやすいでしょう。ユーザー層は比較的若く、「インスタグラマー」と呼ばれるインフルエンサーも多数活躍しています。自社のアカウントから、商品の購入につながりやすい点もメリットです。

Twitter

Twitterは、テキストでの投稿がメインのSNSです。テキストだけでなく動画や画像の投稿も可能となっています。「リツイート」による拡散力の高さが特徴で、インフルエンサーの選定に失敗しなければ高い宣伝効果が期待できるでしょう。若い世代のユーザーが多いため、若年層をターゲットにする場合におすすめのSNSです。

TikTok

TikTokは、短時間の動画投稿がメインのSNSです。カジュアルな雰囲気のSNSで、標準の動画加工ツールによって簡単に動画の作成が可能です。若い年齢層のユーザーが多く、特に10代に人気があるため、若年層向けのマーケティングを検討している企業におすすめです。

インフルエンサーマーケティングを成功させるコツ

インフルエンサーマーケティングを成功させるコツは以下の3つです。

  • ターゲットを細かく設定する
  • 商品にあったSNSとインフルエンサーを選ぶ
  • 商品の魅力をインフルエンサーに理解してもらう

それぞれ、解説していきます。

ターゲットを細かく設定する

インフルエンサーマーケティングを行う際は、ターゲットを細かく設定しましょう。ターゲットがいない市場で投稿を発信しても効果は見込めません。どの層に、どうアプローチしたいかによって施策は異なります。商品の価格帯や利用シーン、買い替え頻度などの特性を理解し、宣伝の企画を立案しましょう。

商品にあったSNSとインフルエンサーを選ぶ

商品にあったSNSとインフルエンサーを選ぶことは、インフルエンサーマーケティングにとって非常に重要です。SNSによって、投稿されているコンテンツの傾向は異なります。各々のSNSの特徴を知り、商品にあった媒体を選ぶことで大きな宣伝効果が期待できます。また、インフルエンサーはフォロワーの多さだけを選定基準としないようにしましょう。フォロワー数はもちろん大事ですが、インフルエンサーの投稿している内容が、自社商品と合致しているかどうかが重要です。

商品の魅力をインフルエンサーに理解してもらう

商品の魅力をインフルエンサーに伝えることも、マーケティングを成功させるために大切です。商品のアピールポイントをインフルエンサーに理解してもらうことで、消費者によりわかりやすく宣伝してもらえるためです。ただし、表現や投稿方法まで細かく指定してしまうとインフルエンサーの持つ魅力が半減してしまいます。基本的には、消費者の好む投稿を把握しているインフルエンサーに一任した方が良いでしょう。

インフルエンサーマーケティングの支援会社4選

インフルエンサーマーケティングには、マーケティングを支援する会社が存在しています。今回は、インフルエンサーマーケティング支援会社の利用を検討している企業へ向けて、おすすめの支援会社を4社紹介します。

  • UUUM
  • GROVE
  • INFLUENCER CLOUD
  • 3ミニッツ

UUUM

UUUMは、YouTuberによるマーケティングサービスを提供しているマーケティング支援会社です。文脈やストーリーに寄り添ったプランニングをマーケティングに活用することを推奨しています。人気の高いYouTuberが数多く所属しているため、自社の商品・サービスに合致したインフルエンサーを選定することができるでしょう。

UUUMの特徴

  • Youtuberによるマーケティングを提供
  • 文脈やストーリーに寄り添ったプランニング
  • 人気Youtuberが数多く在籍

URL: https://www.uuum.co.jp/

 

#GROVE

GROVEは、主要SNSのクリエイターが多数在籍しているマーケティング支援会社です。企業や商品にあった、適切なインフルエンサーのキャスティングを依頼できます。また、プロモーション実施後の定量的な数値分析もしているため、効果測定も可能です。SNS運用代行も行っているため、自社での運用方法がわからない場合は、サポートを受けることもできます。

#GROVEの特徴

  • 主要SNSのクリエイターが多数在籍
  • 企業に合わせた適切なキャスティング・ブランディング
  • SNSコンサルティングでマーケティングをサポート

URL: https://grove.tokyo/

 

INFLUENCER CLOUD

INFLUENCER CLOUDは、低予算でのキャスティングが可能なマーケティング支援会社です。多種多様なインフルエンサーと提携しているため、自社の商品イメージにあった人物を起用できる可能性が高いでしょう。インフルエンサーマーケティングをはじめて実施する企業や、予算を抑えたい企業に向いています。

INFLUENCER CLOUDの特徴

  • 低予算でのキャスティング
  • 多種多様なインフルエンサーと提携
  • アカウントの分析による効果的な施策

URL: https://emolva.tokyo/influencer/

 

3ミニッツ

3ミニッツは、SNSマーケティングの戦略立案から分析改善までを一気通貫で支援しているマーケティング支援会社です。多くの企業が導入している実績があり、ブランド価値を高めるためのインフルエンサーマーケティングが可能となっています。特に20代・30代女性向けのマーケティングを得意としているため、ターゲットが合致している場合におすすめの支援会社です。

3ミニッツの特徴

  • SNSマーケティングを一気通貫で支援
  • ブランド価値を高めるためのマーケティング
  • 20代・30代女性向けのマーケティングに特化

URL: https://snsmarketing.3minute-inc.com/

 

まとめ

本記事では、インフルエンサーマーケティングのメリット・デメリットや成功させるコツ、おすすめのインフルエンサーマーケティングの支援会社を解説しました。インフルエンサーマーケティングは、豊富な施策の中から自社にあった方法を選べる宣伝手法です。ターゲットを明確にしたうえで、自社にあったインフルエンサーマーケティング支援会社への依頼を検討してみましょう。

関連記事:エンゲージメントの意味と注目される背景・高めるための5つのポイントを解説

おすすめの情報共有ツール「NotePM」

NotePM

NotePM(ノートピーエム) は、Webで簡単にマニュアル作成できて、強力な検索機能でほしい情報をすぐに見つけられるサービスです。さまざまな業界業種に導入されている人気サービスで、大手IT製品レビューサイトでは、とくに『使いやすいさ・導入しやすさ』を高く評価されています。

NotePMの特徴

  • マニュアル作成、バージョン管理、社外メンバー共有
  • 強力な検索機能。PDFやExcelの中身も全文検索
  • 社内FAQ・質問箱・社内ポータルとしても活用できる
  • 銀行、大学も導入している高度なセキュリティ。安全に情報共有できる

URL: https://notepm.jp/

NotePMについて詳しく見る >