いま注目の「ソーシャルリスニングツール」とは?代表的な5つの機能と導入効果を解説!

2024年01月04日(木) マーケティング
ソーシャルリスニング

社内のナレッジ共有・マニュアル作成を成功させるツール「NotePM」→無料で使ってみる【1分で登録完了】

SNSは、若者を中心として多くの人に用いられる情報共有の方法になりました。これらの情報をうまくビジネスに活用していけば、収益の効率的なアップが可能です。今回は、その具体的な手段であるソーシャルリスニングについて詳しく解説していきます。

ソーシャルリスニングとは?

ソーシャルリスニングは、FacebookやTwitterをはじめとするSNSで消費者が発信する声を収集し、データとして分析することでマーケティングに活用する手法です。SNSの投稿を個々に目視でチェックするのではなく、専用のツールを使って網羅的に遂行していく形式が主流となっています。商品やブランドの評価を可視化することで、それらを臨機応変に改善しやすくなり、宣伝や接客など営業活動に関する多くの要素を見直すためのヒントも得られるのです。

ソーシャルリスニングツールが注目されている理由

類似の商品やサービスがあふれかえっている現代において、競合他社に負けないための差別化は非常に重要です。とはいえ、やみくもに違いを出しても評価が上がることはないため、できるだけ消費者の声に耳を傾けて理想的な状態に仕上げなければなりません。そのためには、消費者が発する鮮度の高いリアルな声を参考にする必要があります。これらを多く得るためのプラットフォームとして、利用者が拡大しているSNSが適しており、収集と分析を効率的に行えるツールも注目を集めるようになりました。

ソーシャルリスニングツール5つの基本機能

一般的なソーシャルリスニングツールは以下の5つの機能を有しています。

1.データ収集

SNSでは毎日数えきれないほどの投稿が行われています。そこから自社に関係のある情報を集めてくるのは容易ではありません。ソーシャルリスニングツールがあれば、キーワードを指定して検索するだけで分析に利用できる情報を集めてくれます。

2.推移を重視した分析

商品やサービスの注目度を時系列に沿って分析できます。たとえば、商品を発表してから、それに関する投稿がどのように増えていったのか調べることも可能です。クーポン発行やキャンペーンの反響がいつ頃に大きくなったのか把握したい場合などにも有効です。

3.発信者の属性に関する分析

情報の内容だけでなく、投稿した人物の属性を分析する機能も搭載しています。性別や職業、年齢などに傾向があれば、自社のターゲットを絞り込むことによって効率の良い戦略を検討できるでしょう。

4.影響力を考慮した分析

SNSの利用者のなかには、インフルエンサーと呼ばれる人たちがいます。カリスマ的な存在であり、その人物の発言が企業の売上を左右することも珍しくありません。ソーシャルリスニングツールには、インフルエンサーを特定し、影響力を推定するための機能もあります。

5.炎上防止のための検知

食品の異物混入など、商品やサービスの問題によりSNSが炎上することは珍しくありません。急激に発言が多くなった場合、異常と見なして検知することで、登録先に緊急の通知を自動的に送ってくれます。

ソーシャルリスニングツールを選ぶ時の比較するポイント

ソーシャルリスニングツールを導入するときは、少なくとも以下の3つのポイントを比較して選びましょう。

分析の項目や能力

利用者によって分析したい内容は違いますし、ソーシャルリスニングツールごとに得意な分析も異なります。ですから、何を知るために導入するのか明確にしておくことが欠かせません。単純に多機能という理由などで選択するのではなく、自社のニーズに対して最大限の効果を発揮できそうなものを選ぶことが重要です。今後必要になると予想される項目も考慮して、分析のメニューを細かくチェックしておきましょう。

データ収集の信頼性

分析の正確性を上げたいなら、そのベースとなるデータを十分に用意することが求められます。事実と異なる偏りを生じさせないように、関連する投稿をなるべく多く集めなければなりません。したがって、分析だけでなく、もれなく必要なデータを収集できる信頼性を備えていることも重要な観点になります。

処理のスピード

市場の動向や消費者の興味は、とても速いスピードで移り変わっていきます。それに遅れないように対応していくには、収集や分析をスムーズに遂行できることが大事です。もちろん処理速度はパソコンやタブレットなどのスペックにも左右されますが、プログラムの良し悪しも影響するので事前にチェックしておきましょう。

ソーシャルリスニングツールの導入効果

収益アップがソーシャルリスニングツールに期待する最終的な目標であり、それにつながる具体的な導入効果として以下の3点が挙げられます。

本音の分析を実現

アンケートとは異なり、SNSに投稿される意見は自発的に発信したものばかりです。そのため、ソーシャルリスニングツールを使えば、企業側に見られることを意識していない消費者の本音を把握しやすくなります。枠組みに捕らわれない自由な意見を分析することで、躍進につながる重要なインスピレーションを得られるケースも少なくありません。本当に改善を必要とするポイントや潜在的なニーズを見極めやすくなります。

意思決定の正確性を向上

自社のシェアを広げていくには、正確な意思決定を続けていく必要があります。ですから、単純にデータをたくさん集めるだけでなく、判断を誤らせるデータが含まれていないか注意しなければなりません。ソーシャルリスニングツールを活用すれば、不必要なデータに惑わされることなく、決断を後押しする重要な要因を抽出することも可能です。

収集や分析の負担を軽減

SNSに投稿する意見の書き方は人によってさまざまです。文字数などの制約はありますが、基本的にフォーマットは自由であり、誤字や方言が混じっているケースなども多く見受けられます。そのような統一性のない文章ばかりでも、人手による補正や変換が必要なく、自動的に分析を進められることは導入がもたらす大きな効果です。

おすすめのソーシャルリスニングツール

以下の記事では、おすすめのソーシャルリスニングツールの概要や特徴について解説しています。

関連記事:【2024年版】ソーシャルリスニングツール おすすめ12選を徹底比較!(有料・無料)

スピード感と膨大なデータ分析の両立!

現代のマーケティングでは、スピード感が求められる一方で、膨大なデータを分析する必要性も高まってきました。データとしてSNSの投稿は貴重なものであり、それらを迅速に処理できるソーシャルリスニングツールは、多くのビジネスパーソンにとって頼もしい存在です。

おすすめの情報共有ツール「NotePM」

NotePM

NotePM(ノートピーエム) は、Webで簡単にマニュアル作成できて、強力な検索機能でほしい情報をすぐに見つけられるサービスです。さまざまな業界業種に導入されている人気サービスで、大手IT製品レビューサイトでは、とくに『使いやすいさ・導入しやすさ』を高く評価されています。

NotePMの特徴

  • マニュアル作成、バージョン管理、社外メンバー共有
  • 強力な検索機能。PDFやExcelの中身も全文検索
  • 社内FAQ・質問箱・社内ポータルとしても活用できる
  • 銀行、大学も導入している高度なセキュリティ。安全に情報共有できる

URL: https://notepm.jp/

NotePMについて詳しく見る >