【2021年版】法人向けIT製品の比較・資料請求サイトおすすめ10選!(BtoB専門メディア)

2021年05月02日(日) マーケティング
BtoB

自社に合う製品やサービスを知りたいと思っても、自社だけで探すには限界があるものです。せっかく導入を検討しているなら、各社が出している製品やサービスを一度に比較できるサイトを使ってみてはいかがでしょうか。ここでは、法人向けIT製品の比較・資料請求サイトを紹介しています。導入を検討する際には、ぜひ下記のサイトを利用してみてください。

法人向けIT製品の比較・資料請求サイトとは?

法人向けIT製品の比較、および資料請求ができるサイトを使えば、数百件、数千件あるIT製品の中から自社に合ったものを導入できるようになります。性能をきちんと把握したうえで製品を導入しないと、現場に合わない可能性が出てきます。無駄な投資にならないように、前もってIT製品の比較・資料請求サイトで候補を絞っておくのがおすすめです。テレワークの導入でIT製品の比較・資料請求サイトを通して、既存システムの見直しを図るという企業は増加傾向にあります。

 

法人向けIT製品の比較・資料請求サイト おすすめ10選

法人向けIT製品の比較・資料請求サイトはたくさんあるため、結局のところどのサイトが良いのか分からないと悩んでいる人は少なくないでしょう。そこで、ここではおすすめサイトを10件ピックアップして紹介していくので、比較サイトの良し悪しが分からないと不満に感じている方は参考にしてみてください。

ITreview

ITreview

ITreview は、国内最大級のIT製品・SaaSのレビューサイトです(ITreview調べ2020年9月時点)。同サイトでは、ソフトウェア・クラウドサービスのカテゴリー、あるいは企業が抱える課題から自社に合った製品を検索することができます。また、企業が行っているイベント・セミナーの開催情報を掲載しているため、製品の詳細や使い方について深く学べるという魅力があります。類似製品の導入経験がない企業でも、使い勝手が良いといえるでしょう。

ITreviewの特徴

  • AIの製品診断により、自分と近いユーザーのレビューから製品を選べる
  • 売上拡大・コスト削減・人材活用・セキュリティ管理・働き方改革など、課題から製品を探せる
  • オンラインセミナーや自社開催のセミナーで、製品選びの基礎から理解できる

URL: https://www.itreview.jp/

 

ITトレンド

ITトレンド

ITトレンド は、1,900以上のIT製品とサービスを紹介しているサイトです。カテゴリー検索や人気製品ランキングで調べられるのに加え、導入事例を見ることができます。導入までにかかった時間や費用、利用人数などもこと細かく記されています。また、各製品の良い点・改善してほしい点・導入で得られた効果をチェックできるため、製品を導入するかどうかの判断材料となるでしょう。

ITトレンドの特徴

  • カテゴリー分類が319種類とかなり細かいので、運用管理や設計開発など状況に合わせた検索がしやすい
  • 各カテゴリーの週間ランキングを掲載しているため、注目を集めている製品が分かりやすい
  • 製品の特徴と従業員規模を登録し、リストに追加するだけなので資料請求が簡単である

URL: https://it-trend.jp/

 

ボクシル

ボクシル

ボクシル は、チャットボットが製品探しをお手伝いしてくれるサイトです。チャット上で取り組みたい課題を選択し、各質問に答えていくだけで、おすすめの製品と選び方ガイドが載っているページを案内してくれます。スピーディーかつ簡単に製品の検索をしたいときに、とても便利だといえるでしょう。掲載社数は3,000社以上で、カテゴリーやお役立ちサイトからも製品を検索することができます。

ボクシルの特徴

  • お役立ちガイドの数が多く、ガイドを読んで各製品の選び方のコツを知ることができる
  • 口コミ情報でどのサービスと連携しているかが載っているので、使用状況のイメージがしやすい
  • 製品を検索すると関連する製品情報が表示され、一括で資料請求することができる

URL: https://boxil.jp/

 

LISKUL

LISKUL

LISKUL は、ベンチャー企業と中小企業に焦点を当てた支援サイトです。口コミ情報サイトではなく、各企業がつくった資料を掲載しているので、製品についてより深く知ることができます。資料は全てダウンロードでき、担当者や会社名など4つの質問に答えるだけで簡単に閲覧できるようになっています。資料を郵送で受け取る手間を省きたい、今すぐに資料を確認したいという場合に重宝するでしょう。

LISKULの特徴

  • 各製品について詳しく載っているお役立ち資料が誰でも簡単に閲覧できる
  • 戦略法など参考になる記事が充実しているので、どの製品を導入するか具体的に決まっていない企業に向いている
  • 各業界のインタビュー記事が掲載されているので、製品を検討する際の目安材料になる

URL: https://liskul.com/

 

QEEE

QEEE

QEEE は、アドバイザーや製品を企業とマッチングするサイトです。テレワーク診断を行っており、いくつかの質問に答えるだけで、業務体制の改善が必要かどうかが分かります。コミュニケーション不足やセキュリティ対策の問題という具合に、テレワーク導入によって起こる様々なトラブルを改善できる提案をしてくれます。また、他社事例も併せて紹介してくれるため、他社と比べたときに自社のどこを改善すれば良いか、弱点を把握しやすくなるでしょう。

QEEEの特徴

  • カテゴリー別の比較表が掲載されているので、いくつかの製品を一度に見比べることができる
  • コンサルサービスを行っているので、製品選びに迷ったときに専門家に相談ができる
  • 事例・ソリューション・コラム・レポートが掲載されているので、じっくり比較検討する暇がなくても製品を選びやすい

URL: https://qeee.jp/magazine

 

アスピック

アスピック

アスピック は、法人向けのクラウドサービスを紹介するサイトです。クラウドサービスの比較から業界の最新動向にいたるまで、幅広い情報を扱っています。サービスの選び方と業務効率を図るためのレポートをたくさん揃えているため、ぼんやりとした事柄しか決まっていない企業でも比較検討しやすいでしょう。利用方法やサービス掲載については、webフォームから問い合わせができるため、サービスに詳しくない人が利用する際も安心です。

アスピックの特徴

  • 無料の会員登録をするだけで、レポートや資料を無料でダウンロードできる
  • 業界・業種特化型のカテゴリーがあり、各業界におすすめのサービスが一目で分かる
  • 会員登録しなくても読める特集記事で、ある程度導入するサービスを絞れる

URL: https://www.aspicjapan.org/asu/

 

起業ログ

起業ログ

起業ログ は、起業家・経営者の可能性を引き出すための情報を提供しているサイトです。企業のイベント情報やインタビュー記事、ITサービス比較や決算公告が掲載されています。ITサービス比較では、何社ものツールの違いを一度にチェックできるため、料金や機能の比較がしやすいというメリットが得られます。また、各専門家がおすすめする製品の情報も載っているため、全く知識がない状態からでも製品を選びやすいでしょう。

起業ログの特徴

  • 決算公告から各会社の信用度が分かるため、信頼性の高いサービスを導入できる
  • インタビュー記事の内容が濃いので、企業が製品にかける想いや熱意をくみ取りやすい
  • 記事がたくさんあって、運送業や建設業務向けの製品など、業界別のおすすめ製品が分かりやすい

URL: https://kigyolog.com/

 

アイミツ

アイミツ

アイミツ は、受発注データを10万件以上持つ、企業取引のデータが多く集まるサイトです。豊富なデータから最短翌日までに、コンシェルジュが希望に合ったサービスを提供する会社を案内してくれます。同社が紹介しているのは、独自の審査を通過した優良企業のみなので、安心して利用を検討できるでしょう。たとえば、ホームページの制作やシステム開発など、自社に必要なものを提供している企業とマッチングしてくれます。

アイミツの特徴

  • コンシェルジュが見積もりの取得から相場の提供まで行ってくれるので、企業は楽に検討できる
  • 起業・増員・増床・新規事業立ち上げなど、企業のステージに合わせて業者選びをしてくれる
  • コンシェルジュへの相談料は無料なので、気軽に業者探しを依頼できる

URL: https://imitsu.jp/

 

日本の人事部

日本の人事部

日本の人事部 は、HRサービス・ソリューション企業の情報が掲載されているサイトです。500件以上の企業情報を扱っていて、たくさんのサービス・セミナーの中から、自社に合ったものを選ぶことができます。掲載している企業が作成した製品資料や導入事例など、色々なダウンロードコンテンツが揃っています。また、全国規模で行っている“人と組織についてのアンケート”を閲覧できるため、企業が抱える課題をハッキリさせるのに役立つでしょう。

日本の人事部の特徴

  • 社労士などの各分野のプロフェッショナルに質問を投稿できるので、改善策を講じやすい
  • 人事について新たな試みをしている企業のニュースを確認できるため、業界の動向を掴みやすい
  • 新しい人事制度を導入している企業のインタビューコラムがあるので、導入の検討がしやすい

URL: https://jinjibu.jp/

 

メディアレーダー

メディアレーダー

メディアレーダー は、集客方法を調べているマーケターと企業を繋ぐサービスです。同サイトには2,000社以上の企業が情報を掲載していて、資料登録数は6,023件にも上ります。多くの製品・サービスを紹介しているのが特徴的で、じっくりと選びたい場合におすすめです。また、月額課金や成果報酬など、料金形態から製品を探せるというメリットも持ち合わせています。

メディアレーダーの特徴

  • 売上拡大・販売促進・サイトへの集客など、目的に合わせた検索ができる
  • 男性・女性・社会人・ファミリーなど、企業が狙うターゲットから製品を検索できる
  • 人気資料ランキングで、企業の多くが関心を持っている製品を把握しやすい

URL: https://media-radar.jp/

 

自社のニーズに合ったサイトを使って、製品を検討してみよう

IT製品とひとくちにいっても、色々な企業から出ているため、自分で比較検討するのは至難の業です。「そもそも忙しくて検討する時間がない」、「各社の性能や料金を納得いくまでじっくり検討したい」など、企業によって求めるものも違うでしょう。上記では、素早く探せるものから、しっかりと検討できるものまで、多種多様なサイトを紹介しています。自社のニーズに合わせて、利用するサイトを選んでください。

 

おすすめの情報共有ツール

  • NotePM :使いやすさNo1!テレワーク時代のナレッジ共有ツール