【2024年版】動線分析ツールおすすめ7選を徹底比較!メリット・注意点も詳しく紹介

2024年02月27日(火) マーケティング

社内のナレッジ共有・マニュアル作成を成功させるツール「NotePM」→無料で使ってみる【1分で登録完了】

こんにちは。マニュアル作成・ナレッジ共有ツール「NotePM」ブログ編集局です。

マーケティング施策を打ち出すためには、動線分析が重要です。動線分析は、元々店舗設計時に人がどのように移動するかを把握してよりよい店舗設計を作ることが目的で、近年ではWebサイトのマーケティング手法として多く利用されています。

そこで本記事では、おすすめの動線分析ツールを7つ紹介するとともに、動線分析の概要・メリット・注意点を詳しく解説していきます。

動線分析とは

動線分析とは、建築やインテリアデザインなどの店舗設計において、顧客が空間をどのように利用して移動するかを理解・改善するための手法です。

動線分析の目的としては、店舗の来客数や購入率アップなどが挙げられるでしょう。目的を達成するためにどのような情報を収集するべきかを決定し、対象となるお店の現状の調査を行い、現状の動線・設備配置・照明などを確認していきます。

ビデオカメラやセンサーなどの技術を使って、人々の動きや行動パターンの確認が、代表的な動線分析の方法です。収集したデータを分析し、混雑している場所や動線の交差点、利用者が迷ってしまう場所などを見つけ出すなど、問題点を洗い出します。そして、動線の最適化、空間のレイアウト変更、サインや案内板の設置など対策を導入して効果を確認します。効果が十分でない場合は、再度分析と改善策を繰り返すのです。

動線分析を適切に行うことで、顧客は快適に過ごせるようになり、購買への行動が効率的になります。また、店舗や施設にとっても来客数や売上の増加にもつながることが期待できるでしょう。

関連記事:【2024年版】アクセス解析ツールおすすめ12選を徹底比較!選ぶ際のポイントも解説(無料あり)

動線分析をWebサイトで活用するメリット

動線分析をWebサイトで活用するメリットとして、以下2点を紹介します。

  • コンバージョン率向上
  • 離脱率の改善

それでは、1つずつ解説します。

コンバージョン率向上

1つ目は、コンバージョン率向上です。

Webサイトでは、ユーザーがどのようにページ間を移動し、情報を探索するかを分析していきます。分析した動線を最適化すれば、顧客満足度が向上し、より多くの訪問者が、購入・登録・問い合わせなど目的とするアクションを行うようになるでしょう。

Webサイトの動線分析方法として、たとえば、クリックマップやヒートマップの分析があります。クリックマップでは、訪問者がウェブページ上でどこをクリックしたかを可視化します。ヒートマップは、訪問者がページ上でどの部分に注意を払っているかを色分けして表示します。これらのデータを分析し、訪問ユーザーがどのような情報に興味を持っているか把握できます。また、どのような内容が障壁となり、コンバージョンに影響しているかも特定可能です。

Webサイトの動線分析を行い最適化することで、訪問ユーザーが求める情報へと簡単にアクセスできるようになります。メニューや検索機能を改善すれば、訪問ユーザーが迷わず目的のページにたどり着け、コンバージョン率が向上するでしょう。

離脱率の改善

2つ目のメリットは、離脱率の改善です。

Webサイトで動線分析を活用すれば、離脱率(訪問者がサイトを離れる割合)の改善を期待できます。ユーザーがサイト上で迷わず、目的の情報やアクションにたどり着けるようになると、離脱率が低下し、ウェブサイトの効果が向上するでしょう。離脱率を改善するための動線分析活用方法として、Google Analyticsなどの分析ツールを使用して、各ページの滞在時間や離脱率を調べる方法があります。これにより、訪問者がどのページで離脱しやすいか、どのページに問題があるかを特定できます。

また、訪問者がウェブサイト内でどのように移動しているかを調べることで、迷いやすい箇所や離脱しやすいページを特定できます。問題のあるページやリンクを改善し、離脱率を低下させることも可能です。動線分析の活用によって、ウェブサイトの離脱率を改善し、訪問者の滞在時間を延長できる可能性が高まるでしょう。

動線分析を実店舗で活用するメリット

動線分析を実店舗で活用するメリットとして、以下3点を紹介します。

  • 購買意欲の向上
  • プロセス可視化
  • 滞在時間の把握

それでは、1つずつ解説します。

購買意欲の向上

1つ目は、購買意欲向上です。

動線分析し、適切に設計することで、顧客が店内を快適に利用でき、商品やサービスに対する関心が高まるでしょう。一人ひとりの購買意欲が向上し、売上や利益が増加する可能性も高いです。たとえば、顧客に興味がありそうな商品を目立つ場所に配置し、関連商品を近くに配置すれば、購買意欲が向上します。

また、定期的に商品の配置変更によって、常に顧客に新鮮な印象を与えられるでしょう。動線分析を活用すれば、実店舗の購買意欲を向上させ、顧客満足度やリピート率を高められます。

プロセス可視化

2つ目は、プロセス可視化です。

プロセスの可視化とは、店舗内での顧客や従業員の動き・行動パターン・ボトルネック(問題箇所)などを明確に把握し、理解することです。店内で混雑が発生する場所や、顧客が迷いやすい箇所を特定し、改善策を検討すれば、効率的な運営や改善策の立案が容易になります。

たとえば、顧客がどのように店内を移動し、どの商品に興味を持っているかを観察・分析し、商品の配置やサインの改善、売り場のレイアウト変更などの最適化が可能になります。

また、従業員の動きや作業プロセスを分析し、効率的な業務遂行や無駄の削減が図れるといったことも可能です。作業エリアのレイアウト変更や、適切な設備配置により、労働環境の改善も期待できます。動線分析を活用すれば、プロセスの可視化ができ、問題点も明確になり、改善策の立案や効果測定が容易になるでしょう。

滞在時間の把握

3つ目は、滞在時間の把握です。

滞在時間とは、顧客が店内にいる時間の長さを指します。滞在時間を把握することにより、顧客の行動パターンや興味・関心を理解し、店舗運営やマーケティング戦略に活かすことが可能です。たとえば、顧客がどのように店内を移動し、どのエリアや商品に時間をかけているかを観察・分析します。それにより、顧客の興味や関心を把握、商品配置やプロモーション戦略の最適化が可能になります。

方法として、店内に設置したセンサーやカメラを利用して、顧客の動きや滞在時間を自動的に計測・分析する方法があります。客層ごとの滞在時間の違いや、時間帯ごとの滞在時間の変化など、より詳細なデータを把握できるのです。動線分析を活用すれば、実店舗の滞在時間を把握でき、顧客満足度の向上やリピート率の向上が可能です。また、滞在時間のデータをもとに、店舗内のレイアウトや商品配置、プロモーション戦略などを最適化すれば、売上や利益の向上も期待できるでしょう。

動線分析の注意点

動線分析の注意点として、以下2点を紹介します。

  • 過剰分析につながることも
  • 誤った解釈の可能性も

それでは、1つずつ解説します。

過剰分析につながることも

1つ目は、過剰分析につながる可能性があることです。

過剰分析とは、データ分析に時間と労力をかけすぎてしまい、実際には効果の薄い改善策に投資してしまうことを意味します。過剰分析に陥ると、重要な課題への取り組みが遅れたり、効果的な改善策の実施が妨げられる可能性もあるでしょう。過剰分析を避けるためには、分析の目的を明確に設定し、それに沿ったデータ収集と分析が重要です。目的が曖昧なままデータを分析すると、無駄な労力や時間をかけることになります。

また、問題点や改善策に優先順位をつけ、重要な課題から取り組むことが効果的です。実施した改善策の効果を定期的に測定し、効果が薄いものは見直しましょう。これらのポイントに注意し、適切な範囲と目的で動線分析を行うことで、過剰分析を避け、効果的な改善策の実施が可能となります。

誤った解釈の可能性も

2つ目は、誤った解釈の可能性があることです。

データの分析や結果の解釈には注意が必要で、間違った解釈に基づいて改善策を実施すると、効果が得られないばかりか、場合によっては状況悪化も考えられます。誤った解釈を避けるためには、データの収集方法や範囲を見直し、信頼性の高いデータを用いることが重要です。また、一つのデータソースだけに依存せず、複数のデータソースを参照し、総合的な解釈を行うことが大切です。

分析結果に対して検証を行い、必要に応じて再分析を実施しましょう。また、専門家や他者の意見を参考にすることも、誤った解釈を防ぐ効果があります。業界や市場の動向、店舗の立地条件やターゲット層など、コンテキストを理解しておくことも重要です。

これらのポイントに注意し、適切な解釈を行うことで、誤った改善策を回避し、効果的な店舗運営が可能となります。動線分析は有用な手法ですが、データの質や解釈方法に注意を払いながら実施しましょう。
関連記事:【2024年版】ABMツールおすすめ5選を徹底比較!基本知識から導入ステップまで解説

動線分析のおすすめツール7選

動線分析のおすすめツールを、以下に7つ紹介します。

・Webサイト向け
Webサイト向けのおすすめツールを以下に紹介します。

KARTE

KARTEは、ウェブサイトやアプリのユーザーエクスペリエンスを最適化するための統合型マーケティングプラットフォームです。リアルタイムにユーザー行動を追跡し、パーソナライズされたコンテンツやプロモーションの提供が可能です。主な機能として、動線分析・顧客セグメント分析・A/Bテスト・ターゲティング広告・チャットボットなどがあります。これらの機能を活用し、顧客満足度の向上やコンバージョン率の最適化を期待できます。

KARTEの特徴

  • 今と過去のデータを顧客毎に統合
  • サイト構成がノーコードで直感的な管理・更新・評価が可能
  • 仮説検証プロセスを迅速に回す機能を搭載

URL: https://karte.io/

 

ABEJA Insight for Retail

ABEJA Insight for Retailは、顧客行動データの取得・分析を基軸とした、AI活用の店舗解析サービスです。店舗内の顧客行動や購買パターンを可視化し、最適な店舗運営やマーケティング戦略の策定が可能です。主な機能として動線分析・顧客属性分析・売上分析・在庫最適化・店舗レイアウト最適化などがあります。ABEJA Insight for Retailは、クラウドサービスとして提供されています。

ABEJA Insight for Retailの特徴

  • 3年連続で業界シェアNo.1を達成
  • 入店から購買まで顧客行動を可視化
  • 最低16,000円〜導入可能

URL: https://www.abejainc.com/insight-retail-main

 

Marketing Cockpit

Marketing Cockpitは、富士フイルムビジネスイノベーションが提供するWebサイトやアプリの動線分析ツールです。タグを埋め込むことで、動線分析・滞在時間の計測・来店客数の把握など、リアルタイムで分析します。また、タグを通じてABテスト・ポップアップ画面・バナー表示などの対策導入も可能です。伴走型サービスのため、常に専門の担当者が寄り添いながら分析結果報告、必要な対策をサポートします。

Marketing Cockpitの特徴

  • 伴走型の分析支援サービス
  • Webサイトとアプリ・紙のデータ融合が可能
  • 気軽に導入しやすいクイックプランも用意

URL: https://www.fujifilm.com/fb/solution/ondemand/navigation-mktg/mcock

 

activecore marketing cloud

activecore marketing cloudは、オムニチャネルマーケティングを支援する統合型プラットフォームです。顧客データを一元管理し、効果的なターゲティングやパーソナライズされたコミュニケーションを実現します。主な機能として、顧客属性分析・セグメント分析・メルマガ、SMSマーケティング、アプリプッシュ通知などがあります。ツールは全て自社開発しているため、問い合わせへの対応・問題発生時の対策導入が迅速に行えるのです。

activecore marketing cloudの特徴

  • プライベートDMPを起点にした施策や分析を実現
  • すべて自社開発のため迅速対応が可能
  • トレーニングセミナーを定期的に開催

URL: https://marketing.activecore.jp/marketingcloud.php

 

・店舗向け
店舗向けのおすすめツールを以下に紹介します。

moptar

moptarは、新しい動線分析プラットフォームです。店舗内の動線分析を行い、マーケティングを安全管理に活用可能です。従来のようなタグ不要で、長時間の動線分析を可能とします。店内レイアウト改善などの分析はもちろん、デジタルサイネージ広告・接客必要性検知・不審者検知などに利用できます。moptarの活用方法として、工場での作業効率化や、無人店舗への利用などが挙げられます。

moptarの特徴

  • Webサイトへのタグ設置が不要
  • 長時間動線追跡が可能
  • 顧客・通路・売場・店舗など様々な切り口から分析可能

URL: https://www.supreme-system.com/product/moptar/

 

RETAILNEXT

RETAILNEXTは、小売業向けの最先端のトラフィック測定システムを使用した、データプラットフォームです。店舗へのトラフィックやコンバージョンをリアルタイム、かつ正確に測定できます。店舗レイアウト・製品の品揃えへ効果的なA/Bテスト実施で、店舗の混雑状況を回避して、顧客と従業員に安全な環境を提案するのです。また、デバイスを問わずにすべての店舗の情報・動画へと簡単にアクセスできます。

RETAILNEXTの特徴

  • 最先端のトラフィック測定システムを使用
  • 店舗の混雑状況をコントロールした安全な環境提供
  • 店舗レイアウトや製品品揃えに効果的なA/Bテストが可能

URL: https://retailnext.net/ja

 

SiteLead(サイトリード)

広告

SiteLead(サイトリード)は、業界最安値を目指した、無料で始められるヒートマップツールです。
3種類のヒートマップで解析できるのはもちろん、賢瓦の人気機能である離脱防止機能と連動し、「離脱したユーザー」のヒートマップ解析でWebサイト改善が可能です。

SiteLead(サイトリード)の特徴

  • 月1000円代で25000PV計測
  • 離脱防止ポップアップと合わせて使える
  • エンジニア不要で3stepで導入可能

URL: SiteLead(サイトリード)

 

FollowUP

FollowUPは、店舗DXによる入店客の店内行動〜販売パフォーマンスの向上や改善の施策を導き出す、店舗分析ツールです。入店客の行動を分析し、販売パフォーマンスを向上します。3Dカメラ、センサーなどのIoTデバイスを活用し、入店数カウント・顧客行動のトラッキング、滞在時間を計測するのです。担当者はツールを利用して、店舗のデータをリアルタイムにチェックし、改善施策に落とし込むことが可能です。

FollowUPの特徴

  • 6,000店舗以上の導入を達成
  • 報告の定量化により店舗と本部が同じ目線で検討可能
  • 店舗改善に結びつく充実したサポート体制

URL: https://www.datasection.co.jp/service/retail-marketing/followup

 

まとめ

本記事では、動線分析について解説しました。店舗やWebサイトでの売上を効率よく伸ばすためには、動線分析が欠かせません。動線分析すれば、余計な箇所を削減でき、顧客や従業員にとっても最適な空間を提供できます。

動線分析には、さまざまなツールが提供されています。導入を検討する際は、本記事で紹介したおすすめツールから自社に合ったものを選んでみてはいかがでしょうか。

おすすめの情報共有ツール「NotePM」

NotePM

NotePM(ノートピーエム) は、Webで簡単にマニュアル作成できて、強力な検索機能でほしい情報をすぐに見つけられるサービスです。さまざまな業界業種に導入されている人気サービスで、大手IT製品レビューサイトでは、とくに『使いやすいさ・導入しやすさ』を高く評価されています。

NotePMの特徴

  • マニュアル作成、バージョン管理、社外メンバー共有
  • 強力な検索機能。PDFやExcelの中身も全文検索
  • 社内FAQ・質問箱・社内ポータルとしても活用できる
  • 銀行、大学も導入している高度なセキュリティ。安全に情報共有できる

URL: https://notepm.jp/

NotePMについて詳しく見る >