【2024年版】情報収集アプリおすすめ6選を徹底比較!メリット・注意点・選び方まで詳しく解説

2024年01月04日(木) 業務効率化

社内のナレッジ共有・マニュアル作成を成功させるツール「NotePM」→無料で使ってみる【1分で登録完了】

こんにちは。マニュアル作成・ナレッジ共有ツール「NotePM」ブログ編集局です。

仕事の効率化や発信に役立つ情報は、アプリを使って収集すると円滑に行えます。しかし、情報収集アプリはどのような機能を持つアプリなのか、どの情報収集アプリを使えばよいか分からないという社内担当者も多いでしょう。そこで今回は、情報収集アプリを使うメリット・導入の注意点・選び方・情報収集アプリのおすすめ6選を詳しく解説します。

情報収集アプリとは?

情報収集アプリとは、情報収集を効率化する目的で開発されたアプリケーションです。現代社会では情報収集が重要な要素であるため、さまざまな種類の情報を収集するアプリの需要が高まっています。一般的な情報収集を目的としたニュースアプリ、ビジネスに特化した情報収集アプリ、音声情報を提供するアプリなどが代表的な種類です。

情報収集アプリを利用すると、時間と手間をかけずに、自分にとって重要な情報を収集し、最新のトレンドや知識を得やすくなるでしょう。

情報収集アプリの機能

情報収集アプリには、主に以下3つの機能があります。

  • 速報機能
  • レコメンド機能
  • カスタマイズ機能

それぞれについて、詳しく見ていきましょう。

速報機能

情報収集アプリの機能の1つ目は、速報機能です。ビジネス・天候・災害などに関する速報ニュースが発生した際、スマートフォンにニュースアプリがインストールされているとすぐに情報が通知されます。テレビやラジオで流れる速報と同様の機能です。速報機能があることで、外出中でもスマートフォンを持っているだけで最新のニュースを逃さずにキャッチできるでしょう。

レコメンド機能

情報収集アプリの機能の2つ目は、レコメンド機能です。レコメンド機能は、アプリがユーザーの普段どのようなニュースに興味を持っているかを学習し、「このニュースはお好みではないでしょうか?」といった具合に提案してくれる機能です。自分の携わるビジネスに関連するニュースを探す手間が省け、おすすめ情報が届くのは非常に便利で活用度の高いものとなるでしょう。

カスタマイズ機能

情報収集アプリの機能の3つ目は、カスタマイズ機能です。多くの情報収集アプリでは、自分の興味やニーズに合わせて、情報のフィルタリングやカスタマイズが可能です。業務に関連する記事や趣味に関する情報、ニッチな情報まで、表示する情報を選定して表示できます。カスタマイズ機能を設定することで、幅広いニュースは新聞で、詳細な情報はアプリで確認するといった使い分けも可能です。


わかりやすいマニュアルが簡単に作れるサービス ⇒「NotePM
NotePMのPDF資料をダウンロード ⇒ こちらから

情報収集アプリの導入メリット

情報収集アプリを導入すると以下のメリットがあります。

  • 生産性が向上する
  • アイディアが広がる

それぞれについて、詳しく見ていきましょう。

生産性が向上する

1つ目のメリットは、生産性が向上することです。効率的な情報収集ができるようになると、情報整理や共有にかかる時間が短縮されます。日々、発信され続ける膨大なニュースの中から、自分に必要な情報だけを取り上げるのは、時間的にも作業的にも手間がかかるものです。アプリを活用して情報収集にかかる時間を削減できれば、アウトプットに充てる時間が増えるため、業務全体の生産性が向上するでしょう。

アイディアが広がる

2つ目のメリットは、アイディアが広がることです。情報を効率的に選別し、不要な情報に惑わされずに質の高いインプットができるようになると、これまでにない独創的なアイデアが生まれる可能性が高まります。組み合わせる知識や情報の範囲が広がり、思考の幅が広がることも期待できます。情報アプリから新たな情報を得ることで既存の概念を取り除き、柔軟な思考ができることもあるでしょう。

情報収集アプリの導入デメリット

情報収集アプリを導入すると以下のデメリットがあります。

  • 情報が正しくない場合もある
  • 必要のない情報が収集される可能性がある

それぞれについて、詳しく見ていきましょう。

情報が正しくない場合もある

1つ目のデメリットは、情報が正しくない場合もあることです。情報収集アプリはさまざまなメディアから情報を集めてくるため、誤報を取り込んでしまうことも少なくありません。正しくない情報を鵜呑みにしてしまうと、誤った認識や判断をしてしまう恐れがあります。また、偏った情報源からの情報ばかりを得ていると、客観的な視点が欠け、バイアスに陥ってしまうこともあります。

そのため、情報を得る際は、その情報元が信頼性のあるソースであるかどうかを確認することをおすすめします。また、複数の情報源から情報を収集し、客観的な視点を持つことも大切です。

必要のない情報が収集される可能性がある

2つ目のデメリットは、必要のない情報が収集される可能性があることです。アプリを選ぶと、関心のない情報が集まってしまうことがあります。情報収集アプリは、ユーザーの関心やニーズに合わせてさまざまな情報源から記事やニュースを収集しますが、その過程で必ずしも関連性の高い情報だけが表示されるわけではありません。

アプリの設定によっては、関心のないトピックや重要でない情報が混ざってしまうことがあります。そのため、情報の選別に時間を費やすことになり、効率的な情報収集が難しくなるケースも少なくありません。また、情報過多により、本来知りたい情報が埋もれてしまうことも懸念されます。そのため、情報収集アプリを利用する際は、アプリの設定やフィルタリング機能を適切に活用して、自分にとって本当に必要な情報だけを収集できるように設定しておくことが重要です。

情報収集アプリの選び方

情報収集アプリは、以下の3点に着目して選びましょう。

  • 取り扱う情報のジャンル
  • 情報の信頼性と量
  • 料金形態

それぞれのポイントを詳しく解説します。

取り扱う情報のジャンル

情報収集アプリを選ぶポイントの1つ目は、アプリ内で取り扱われる情報のジャンルです。情報収集アプリは、特定の分野に特化したものから多様な情報を均等に提供するものまで、さまざまな種類があります。「経済ニュースだけを集めたいのに、エンタメニュースばかりが表示される」といった、目的に沿わない場合は使い勝手が悪く感じてしまいます。

例えば、幅広くさまざまな情報を得たい場合はニュースアプリを、経済や株の動きに興味があるならビジネス系に特化したアプリを選ぶなど、ニーズに合ったアプリを選ぶことで満足度が向上するでしょう。

情報の信頼性と量

情報収集アプリを選ぶポイントの2つ目は、情報の信頼性と量です。アプリが提供する情報が、信頼性の高いメディアや公的機関からのものであるかを確認しましょう。また、情報の量も考慮するべきポイントです。あまりに多くの情報が提供されると、重要な情報が埋もれるリスクや、情報過多によって判断力が低下するリスクがあります。逆に、情報量が少なすぎると、十分な情報収集ができない場合があります。

そして、アプリ内の情報が、どれだけ頻繁に更新されているかにも着目しましょう。更新頻度が高いアプリを選ぶことで、最新のニュースやトレンドを追いかけることが可能です。

関連記事:【2024年版】プレスリリース配信サービスおすすめ7選を徹底比較!(無料・有料)

料金形態

情報収集アプリを選ぶポイントの3つ目は、料金形態です。無料で利用できるアプリでも、一部の機能やコンテンツが有料の場合もあります。無料で利用できるアプリも多くありますが、有料プランがある場合は、その内容と価格を比較検討することが大切です。アプリを選ぶ前に、どの程度の機能が無料で利用できるかを確認しましょう。

また、追加機能や広告の非表示など、有料プランで得られるメリットが自分にとって価値があるかどうかの検討も必要です。有料プランを導入しているアプリの中には、お試し期間が設けられている場合もあります。無料期間中にアプリを使ってみて、自分に合っているかどうかを判断するのもよいでしょう。

情報収集アプリのおすすめ6選

最後に、おすすめの情報収集アプリを6選紹介していきます。

【ニュース】グノシー

グノシーは、多様なジャンルの情報を扱うニュースアプリです。重要なニュースがトップ画面に簡潔な見出しとしてまとめられており、いつでも最新の情報を確認できるようになっています。時事ニュースはもちろん、エンタメ関連の軽いニュースからコラムまで幅広く情報を取り扱っています。全国の飲食店クーポンなどもあるため、お得な情報を集めたい人にもおすすめです。

グノシーの特徴

  • エンタメ・スポーツ・社会など多様な情報を収集するアプリ
  • 飲食店などの割引クーポン有
  • 無料で利用可能

URL: https://gunosy.co.jp/

 

【ニュース】SmartNews

SmartNewsは、豊富な情報量から最新のニュースを閲覧できるニュースアプリです。1,000以上のチャンネル数、3,000以上もの掲載媒体が揃っています。エンタメ・スポーツ・社会などのニュース、天気予報や災害などジャンルも多岐に渡るのも特徴です。オフライン環境下でも利用可能で、一度ニュースを取得すると、電波の届かないところでも読み続けることが可能です。幅広いジャンルから情報収集をしたい人に向くアプリです。

SmartNewsの特徴

  • 多様なジャンルの情報を豊富に提供するニュースアプリ
  • オフライン環境下でも閲覧可能
  • 無料で利用可能

URL: https://www.smartnews.com/ja

 

【ビジネス】NewsPicks

NewsPicksは、経済ニュースに特化したソーシャル型の情報収集アプリです。NewsPicksでは、個々のニュースに寄せられた、各分野の専門家や有識者によるコメントや解説も閲覧できます。そのため、記事を単に読むだけでなく、より深い理解が得られるのが特徴です。ビジネス活用のために経済ニュースをチェックしたい人にもおすすめします。無料コンテンツもありますが、一部の動画や記事コンテンツは有料です。

NewsPicksの特徴

  • 経済ニュース特化型情報収集アプリ
  • ニュースだけでなく専門家や有識者のコメントも表示される
  • 一部無料・有料プランは10日間の無料体験可能

URL: https://newspicks.com/

 

【ビジネス】日本経済新聞 電子版

日本経済新聞 電子版は、新聞発行元である日経が提供する情報収集アプリです。日経新聞の電子版を、スマートフォン・タブレット・PCなどのデバイスから閲覧できます。また、日本国内・海外・地域といったさまざまなエリアのニュースが読めるのも魅力です。ビジネスマンや投資家など、経済に強い関心を持つ方々が多く利用しています。信頼性の高い情報収集アプリを求める方におすすめです。

日本経済新聞 電子版の特徴

  • 日経が提供する日本経済新聞の電子版が読めるアプリ
  • スマートフォン・タブレット・PCなどマルチデバイス対応
  • 1か月の無料体験期間あり

URL: https://www.nikkei.com/

 

【その他】Feedly

Feedlyは、オンライン上のさまざまな情報ソースを一元的に管理し、カスタマイズされたニュースフィードを表示させることのできる情報収集アプリです。自分の興味や関心に合わせて、さまざまなWebサイト・ブログ・ニュースサイトなどをフォローし、1つのフィード上で閲覧できるため、情報収集の効率化が図れます。また、興味深い記事を保存して後で読むことができるほか、ソーシャルメディアやメールで簡単に情報を共有することも可能です。

Feedlyの特徴

  • さまざまなWebサイトやメディアの更新情報を一覧表示できるアプリ
  • インターフェイスはカスタマイズ可能
  • 無料で使用可能

URL: https://feedly.com/

 

【その他】Voicy

Voicyは、主にWeb記事を音声で聞くことができる情報収集アプリです。音声技術を活用して、読むのではなく聞く形式で情報が提供されるのが特徴です。ニュースやコラム、ブログ記事など、さまざまなテキストコンテンツをプロのナレーターやAIが読み上げて配信しています。移動中や作業中など、テキストを読めない状況でも情報収集をしたい人におすすめです。

Voicyの特徴

  • 音声でさまざまな情報を得られるアプリ
  • スマートフォン・タブレット・PCなどマルチデバイス対応
  • 無料で使用可能

URL: https://voicy.jp//

 


わかりやすいマニュアルが簡単に作れるサービス ⇒「NotePM
NotePMのPDF資料をダウンロード ⇒ こちらから

まとめ

本記事では、情報収集アプリを使うメリット・導入の注意点・選び方・情報収集アプリのおすすめ6選を解説しました。情報収集アプリを利用することで、効率的に関心のある情報やビジネスに必要な情報をキャッチできます。導入する際は、情報の信頼性・情報量・カスタマイズ性に着目して選びましょう。本記事を参考に、自社のビジネスに適した情報収集アプリを見つけてみてください。

関連記事:【2024年版】おすすめテキストマイニングツール9選!比較ポイントも詳しく紹介

おすすめの情報共有ツール「NotePM」

NotePM

NotePM(ノートピーエム) は、Webで簡単にマニュアル作成できて、強力な検索機能でほしい情報をすぐに見つけられるサービスです。さまざまな業界業種に導入されている人気サービスで、大手IT製品レビューサイトでは、とくに『使いやすいさ・導入しやすさ』を高く評価されています。

NotePMの特徴

  • マニュアル作成、バージョン管理、社外メンバー共有
  • 強力な検索機能。PDFやExcelの中身も全文検索
  • 社内FAQ・質問箱・社内ポータルとしても活用できる
  • 銀行、大学も導入している高度なセキュリティ。安全に情報共有できる

URL: https://notepm.jp/

NotePMについて詳しく見る >