【2024年版】LINEマーケティングツールのおすすめ10選!機能やメリット・デメリットと選び方を解説!

2024年01月04日(木) マーケティング

社内のナレッジ共有・マニュアル作成を成功させるツール「NotePM」→無料で使ってみる【1分で登録完了】

こんにちは。マニュアル作成・ナレッジ共有ツール「NotePM」ブログ編集局です。

LINEマーケティングツールを新たに取り入れるなら、どのようなメリットとデメリットがあるのか、具体的にどのようなツールがおすすめなのか気になるところです。LINEマーケティングツールにはさまざまな便利機能があるため、ツール導入前には積極的に理解を深めておきましょう。

今回は、LINEマーケティングツールの特徴を整理しつつ、メリットとデメリットを解説していきます。あわせて適切な選び方のポイントを押さえて、自社に合うおすすめLINEマーケティングツールを選んでいきましょう。

LINEマーケティングツールとは?

はじめに、LINEマーケティングツールの特徴からわかりやすくまとめていきましょう。LINEマーケティングツールは、その名のとおりLINEでのマーケティングを効率化し、LINEマーケティングでより多くの販促効果を得るためのツールです。具体的には、キャンペーンを配信したり顧客データを分析したり、アンケート配信・集計を行ったりすることができます。

現在、日本国内においてLINEは最もポピュラーなコミュニケーションツールの1つとして活用されています。そのため、LINEを活用したマーケティングは、大きな効果が望めるマーケティング手法として注目が高まっています。

関連記事:【2024年版】企業のSNS管理ツールおすすめ8選を徹底比較!運用ルールも解説(無料あり)

LINEマーケティングツールのメリット

LINEマーケティングツールを活用すると、具体的にはどのようなメリットが望めるのでしょうか。LINEマーケティングツール活用のメリットは、主に次の3つが挙げられます。

  • 顧客分析による売上向上
  • 顧客情報管理の強化
  • 業務効率化

それでは、1つずつ見ていきましょう。

顧客分析による売上向上

LINEマーケティングツールでは、たとえば、以下のような機能が活用できます。

  • 高精度にセグメンテーションを行ったうえでの広告配信
  • ステップメールの配信
  • 流入経路についてのデータ集計・分析

このような機能を活用すれば、LINEマーケティングツールを活用してより効果的な販促施策を講じられ、商品の購買率アップや認知度向上が期待できます。これらのマーケティング業務がある程度効率化・自動化できれば、さらなる販促施策も実施可能になるでしょう。

顧客情報管理の強化

LINEマーケティングツールを活用すれば、顧客情報をより効率よく管理できます。LINEマーケティングツールでは、年齢や性別・居住地などの基本情報だけでなく、購入や来店の回数などでも顧客情報を整理できます。取得可能な情報項目を多く設けられるため、LINEマーケティングツールのアンケート機能と掛け合わせることでより多くの顧客情報を効率的に収集できる可能性があります。

業務効率化

LINEマーケティングツールでは、業務効率化の実現にもつながるツールといえます。ユーザーの友だち数登録者数やブロック数・友達登録の流入経路などの項目に沿って効果測定が可能になるため、これによりPDCAサイクルはより高速化すると考えられます。さまざまな観点からデータを測定することで、その後のプロモーションを最適化できるため、効果測定のために割いていた手間が減るのは明らかです。それに伴ってコスト削減にもつながるといえるでしょう。

LINEマーケティングツールのデメリット

LINEマーケティングツールには多くのメリットがあるため、販促効果を高めたいときにはとても魅力的といえます。しかしながら実際に運用する際は、デメリットもしっかりと把握しておきましょう。LINEマーケティングツールのデメリットは、主に2つのことが挙げられます。

  • コストがかかる
  • マーケティング効果が必ず出るわけではない

それでは1つずつ、見ていきましょう。

コストがかかる

LINEマーケティングツールの導入や運用には、それぞれコストがかかるため気をつけてください。費用対効果については事前によくシミュレーションする必要があります。LINEマーケティングツールの導入費用は、クラウドサービスであれば少なく済みますが、一定の月額料金がかかることがほとんどなため注意が必要です。かける費用に対して十分な効果が望めると判断できるのであれば、導入を考えていきましょう。

マーケティング効果が必ず出るわけではない

LINEマーケティングツールを取り入れたからといって、必ず効果が出るわけではありません。ツールを導入しても、なかなか思ったような効果が出ないこともあるでしょう。また、LINEマーケティングツールにはさまざまな種類があり、特化している点や、向いている企業のタイプなどもツールによってさまざまです。そのため、LINEマーケティングツールを利用してより高い効果を得るには、自社に合ったツールを慎重に選定することが重要です。

LINEマーケティングツールの具体的な機能

ここからは、LINEマーケティングツールで活用できる主な機能について整理していきましょう。LINEマーケティングツールでは、たとえば以下のような機能が利用できます。

  • キャンペーンの配信
  • 自動応答機能
  • アンケート機能
  • 顧客情報管理・流入分析
  • 来店客のアフターフォロー

それでは1つずつ、見ていきましょう。

関連記事:【2024年版】LINEを活用した予約システムおすすめ6選を徹底比較!

キャンペーンの配信

LINEマーケティングツールでは、さまざまな条件に基づいてキャンペーンの配信ができます。単純に指定したキャンペーンの配信を行うだけでなく、性別や年齢・利用した店舗や購入商品・アンケートの回答結果・過去のキャンペーンに対するアクションなど、さまざまな条件に基づいてセグメント配信ができるのが特徴です。したがって、顧客一人ひとりによりマッチしたプロモーションを実施できます。その分プロモーション効果も高まりやすいといえるでしょう。

自動応答機能

LINEマーケティングツールでは、自動応答機能も利用可能です。LINEマーケティングツールの自動応答機能はチャットボットを活用したカスタマーサポートの1つであり、あらかじめよくある質問を登録しておけば、自動回答が可能になります。したがって、LINEマーケティングツールを活用すれば、ユーザーにとっての利便性を高め、スムーズなトラブル解決につなげられ、顧客満足度を高めます。

アンケート機能

アンケートも、LINEマーケティングツールの代表的な機能の1つです。アンケートはよくある入力フォーム形式のほかに、LINEトークのような会話形式もあります。アンケートを作成して回答を募集すれば、さまざまなマーケティング施策に役立てられます。さらには、回答結果に基づいた顧客のセグメンテーションも可能です。

顧客情報管理・流入分析

LINEマーケティングツールを活用すれば、顧客情報の管理を効率化したり、流入分析を行ったりすることもできます。顧客情報管理の機能では、年齢や性別・地域・購入商品などの情報をまとめたうえで、その後のマーケティングに活用できます。また、公式アカウントへの流入経路の分析も可能です。LINE公式アカウントへの流入経路は、広告・店舗・各種キャンペーンなどさまざまなものがありますが、しっかりとユーザーの動きを追えることで、マーケティング手法の選択などに役立ちます。

来店客のアフターフォロー

LINEマーケティングツールでは、来店客に対するアフターフォローも可能です。来店時に公式アカウントに登録した顧客に対しては、来店後のお礼メッセージを配信したり、購入商品に基づくその他のおすすめ商品やおすすめキャンペーンを配信したりできるのが特徴です。また、LINEを通じて予約をした顧客に対しては、予約日のリマインド配信をすることもできます。ほかには、電子化した会員証やポイントカードをLINE公式アカウントに組み込んで、ポイント活用や来店を促すプロモーションを行うことも可能です。

LINEマーケティングツールの選び方のポイント

LINEマーケティングツールには多くの種類があるため、選び方に困ることは少なくありません。自社に合ったツールを活用してマーケティングに活かすには、選び方のポイントをあらかじめ押さえておく必要があります。LINEマーケティングツールの選び方のポイントは、次の点が挙げられます。

  • コストが予算内であること
  • 操作性が良いこと
  • 配信機能
  • リッチメニューのカスタマイズ

それでは1つずつ、見ていきましょう。

コストが予算内であること

LINEマーケティングツールの利用料金は、ツールによって異なります。また、同じツールでも、複数の料金プランが用意されていることも多いです。そのため、ある程度予算額を具体化し、予算の範囲内で利用できるツールを探していくのが望ましいでしょう。機能性の高いLINEマーケティングツールほど高額になりやすいため、機能性と予算のバランスを考えたうえで、ツールを選んでいくことが大事です。

操作性が良いこと

LINEマーケティングツールは、より操作性に優れているツールを利用するのがおすすめです。ITツールの操作に慣れていない場合や、新しいツールの導入によって現場の混乱が予想されるときなどは、操作性の良いツールのほうが活用しやすいでしょう。シンプルな操作性で直感的に扱えるツールは、誰でも活用しやすいため非常におすすめです。また効率化のためには、ツールを取り扱う担当者全員で操作性を確かめることが重要です。

配信機能

顧客への配信機能が充実していて、UIもしっかりしているサービスを選択するに越したことはないでしょう。詳細なセグメント配信が可能なLINEマーケティングツールであれば、顧客に対して高精度なプロモーションができるため、販促効果も高いと考えられます。セグメント配信の機能が優れているLINEマーケティングツールなら、さまざまな目的に応じて活用できます。LINE公式アカウントを積極的に活用し、顧客獲得・購買率アップにつなげたい企業にはおすすめです。

リッチメニューのカスタマイズ

リッチメニューとは、LINEのトーク画面の下側に表示されるメニューボタンを指します。LINEマーケティングツールを選ぶときは、リッチメニューのカスタマイズ性を重視するのも重要といえるでしょう。というのもリッチメニューが操作しやすければ、公式アカウントの利便性も高まり、ユーザーの満足度アップにもつながります。ツールによってカスタマイズの自由度は異なるため、どのような設定ができるのかは事前にチェックしておきましょう。

LINEマーケティングツールおすすめ10選

ここからは、LINEマーケティングツールのおすすめを一つひとつ解説していきます。

Lステップ

Lステップは、LINE公式アカウントの運用に特化したマーケティングツールです。初期費用無料で、30日間の無料お試し期間が設けられているため、低コストで運用開始できるのが魅力です。セグメント配信や行動スコアリング、流入経路分析などLINEマーケティングに役立つ機能が豊富にそろっています。

Lステップの特徴

  • LINE公式アカウント運用に特化したマーケティングツール
  • 初期費用無料のため低コストで運用を開始できる
  • LINEマーケティングに役立つ機能が豊富にそろっている

URL: https://linestep.jp/lp/01/?cats_not_organic=true

 

KUZEN-LINK

KUZEN-LINKは、多彩なセグメント配信機能を備えている、LINEマーケティングツールです。顧客それぞれの属性や趣味嗜好・行動に基づいて、最適なセグメント配信を行えるのが特徴です。販促効果を高めるためのサポート体制も充実しており、実際にユーザー数が大幅に増加した実績もあります。

KUZEN-LINKの特徴

  • 各種CRMツールとスムーズに連携できる
  • サポート体制が充実している
  • ユーザー数が大幅に増加した実績あり

URL: https://www.kuzen.io/link.html

 

MicoCloud

MicoCloudは、アカウント立ち上げから戦略策定・改善までワンストップサポートが可能なLINEマーケティングツールです。そのため、ベンチャーや中小企業はもちろん、大手企業にまで導入実績があり、非常に人気のツールです。企業に合わせたカスタマイズ方法なども、丁寧にサポートしてくれます。

MicoCloudの特徴

  • アカウント立ち上げから戦略策定、改善までフルサポート
  • ベンチャーから大手企業まで導入実績多数
  • カスタマイズ方法なども丁寧にサポート

URL: https://www.mico-cloud.jp/

 

Liny

Linyは、3,500社以上に導入実績を持つおすすめのLINEマーケティングツールです。顧客一人ひとりに対して、最適となるプロモーション配信を行うため、LINEでの販促効果を最大化したい企業にぴったりです。自動効率化により、運用の負担も軽減されます。また顧客の意見は積極的に取り入れているため、定期的にアップデートが実施されるのも、魅力的なポイントといえるでしょう。

Linyの特徴

  • LINEをビジネス活用したい企業3,500社に導入実績あり
  • 顧客一人ひとりに最適となるプロモーション配信
  • 顧客の意見を積極的に取り入れ、定期的にアップデートを実施

URL: https://line-sm.com/

 

LOYCUS

LOYCUSは、販促の自動化と効果の最大化に大きく貢献する、LINEマーケティングツールです。セグメント配信やデータ測定のほかにコンバージョン連携・外部サービスとの紐づけなど、さまざまな機能をLINEマーケティングに活用できます。現在の公式アカウントの状況はダッシュボードですぐに把握可能です。売上向上やブロック率改善などの高い実績もあります。

LOYCUSの特徴

  • 自動化と効果の最大化に役立つツール
  • わかりやすいダッシュボードで現在の状況を見える化
  • 売上向上やブロック率改善などの高い実績もあり

URL: https://loycus.jp/

 

TSUNAGARU

TSUNAGARUは、スムーズに導入できて、低コストで始められるLINEマーケティングツールです。導入に手間がかからないため、最短5分で利用を開始できるのが特徴です。さらにフリープランもあり、初期費用・月額料金ともに無料で基本的な機能を利用できます。販促効果を高めるためのサポートとして、専門チームのサポートを受けられるのも利点といえるでしょう。

TSUNAGARUの特徴

  • 最短5分で導入できる
  • フリープランなら初期費用も月額料金も無料
  • LINE専門のカスタマーサクセスチームが丁寧にサポート

URL: https://www.tsunagaru.app/

 

L Message

L Messageは導入しやすさに定評のあるLINEマーケティングツールです。月1,000通までであれば無料で運用が可能で、コストパフォーマンス良く集客・販促ができるのが特徴です。契約継続期間の縛りがないため、自由なタイミングで解約も可能です。その導入のしやすさから、導入実績はすでに10,000社以上に及びます。

L Messageの特徴

  • 月1,000通までなら無料で利用できる
  • 契約の縛りがないためいつでも解約可能
  • 導入実績は10,000社以上

URL: https://lme.jp/

 

Chat Retargeting by Revive

Chat Retargeting by Reviveは、離脱ユーザー獲得に貢献できるLINEマーケティングツールです。Webサイトを訪れたユーザーにポップアップを表示し、LINEへ誘導することでCV獲得につなげるのが特徴です。なお、料金は完全成果報酬型のためリスクなく始めることができ、設置もタグの入力のみで簡単です。

Chat Retargeting by Reviveの特徴

  • 離脱ユーザーの獲得に貢献
  • コミュニケーションを自動化しサポートの工数を軽減
  • 完全成果報酬型の料金体系

URL: https://revive-chat.io/chat-retargeting/

 

Penglue

Penglueは、チャットボットを活用したLINEマーケティングツールです。チャットボットで自動的に広告配信を行うため、料金プランは完全成果報酬型になります。そのため最初から料金が発生することはなく、料金面のリスクが少ないのが特徴です。初期費用は0円で、CVに至らなかった顧客に対しても、プッシュ通知を通じてプロモーションを継続できます。

Penglueの特徴

  • 完全成果報酬型の料金体型でリスクがない
  • 初期費用も0円
  • 未CVの顧客にはプッシュ通知でプロモーションを継続

URL: https://penglue.jp/

 

まとめ

LINEマーケティングツールは、LINEのマーケティングの最適化に貢献します。LINEは現在のオンラインマーケティングに欠かせないツールであり、LINE公式アカウントの運用に力を入れるならLINEマーケティングツールの導入は積極的に検討したいところです。一方、LINEマーケティングツールの種類は非常に多いため、適切な選び方をしっかりと理解したうえで、自社にぴったり合うツールを探してみましょう。

おすすめの情報共有ツール「NotePM」

NotePM

NotePM(ノートピーエム) は、Webで簡単にマニュアル作成できて、強力な検索機能でほしい情報をすぐに見つけられるサービスです。さまざまな業界業種に導入されている人気サービスで、大手IT製品レビューサイトでは、とくに『使いやすいさ・導入しやすさ』を高く評価されています。

NotePMの特徴

  • マニュアル作成、バージョン管理、社外メンバー共有
  • 強力な検索機能。PDFやExcelの中身も全文検索
  • 社内FAQ・質問箱・社内ポータルとしても活用できる
  • 銀行、大学も導入している高度なセキュリティ。安全に情報共有できる

URL: https://notepm.jp/

NotePMについて詳しく見る >