Google Oneとは?メリット・デメリット・基本的操作方法を一挙解説!

2022年11月03日(木) Googleドライブ

こんにちは。マニュアル作成・ナレッジ共有ツール「NotePM」ブログ編集局です。

今や、ビジネス上でデータの共有・保存を行うことは当たり前になり、それらを実現するツールも数多く登場しています。Google Oneもよく使われるツールの1つで、大量のデータを保存・共有できます。ただ、類似サービスであるGoogle Driveとの違いや、基本的操作方法がよくわからない方もいるかもしれません。本記事では、Google Oneの基礎知識やメリット、基本的な操作方法などを解説します。

Google Oneとは?

ここでは、Google Oneの基礎知識として、以下の3つを解説します。

  • Google Oneの概要
  • Google Oneの料金プラン
  • Google Driveとの違い

それでは、1つずつ解説します。

Google Oneの概要

基礎知識の1つ目は、Google Oneの概要です。Google OneはGoogle社の有料サービスで、Google DriveやGmail、Googleフォトなどの、Google社サービス全体のストレージを増やしてくれます。元々はGoogleドライブの有料版として提供されていましたが、Google Oneとリブランディングされました。後述しますが、Google Oneはストレージを増やせるだけでなく、家族間共有などGoogle Driveにはない機能を使えます。

なお、2021年5月31日までは、Googleフォトに「高画質」で保存されている画像は、保存容量が無制限でした。しかし、2021年6月以降、「高画質」の画像もGoogleフォトで15GBまでの制限がかかるようになりました。この変更を受け、Google Oneを使ってGoogleフォトをより多く保存する方法が注目されています。

出典:Google one 概要 |Google
関連記事:Googleドライブとは?主な機能と使い方を詳しく解説

Google Oneの料金プラン

基礎知識の2つ目は、Google Oneの料金プランです。最大利用可能容量により、3つのプランが用意されています。それぞれのプランについて、最大利用可能容量と料金を表にまとめました。

プラン ベーシック スタンダード プレミアム
容量 100GB 200GB 2TB
料金/月※ 250円 380円 1,300円

※年払いで最大17%割引

出典:Google one プラン |Google

Google Driveとの違い

基礎知識の3つ目は、Google Driveとの違いです。Google Driveは無料で使えますが、Google Oneは有料です。また、Google One限定のサービスが利用可能です。それぞれ、以下にまとめます。

【Google DriveとGoogle Oneの最大利用可能容量および料金比較表】

Googleドライブ   Google One
ベーシック スタンダード プレミアム
15GB 100GB 200GB 2TB
無料 250円 380円 1,300円

【Google One限定のサービス】

  • 最大5人までの家族とストレージ共有
  • スマートフォンの自動バックアップ
  • その他、ホテル割引など契約者限定特典が配布されることも

関連記事:【画像でわかる】Googleドライブの使い方を基礎から分かりやすく解説

Google Oneのメリットとは

ここでは、Google Oneのメリットとして、以下の3つを説明します。

  • より多くのデータが保存可能
  • 家族でデータ共有
  • Google社の手厚いサポート

それでは、1つずつ解説します。

より多くのデータが保存可能

メリットの1つ目は、より多くのデータが保存可能であることです。Googleドライブ、Googleフォト、GmailなどGoogleのサービスは、総容量で最大15GBしか利用できません。この総容量を超えると、新しいデータの作成や同期ができなくなります。しかし、Google Oneを契約することで、これらのデータをより大量に保存できるのです。特に、高画質の画像・動画を大量に保存したい場合は、15GBではすぐに足りなくなるので、Google Oneの利用がオススメです。

家族でストレージの共有

メリットの2つ目は、家族でストレージの共有ができることです。
Google上では、ファミリーグループに家族を設定することで、家族とストレージを共有できます。ファミリーグループに追加できる人の条件は、以下の通りです。

  • 5人までで
  • 同じ国に居住している
  • 年齢が13歳以上

なお、共有するのはデータではなくストレージのみなので、ファミリーグループのメンバーにデータを見られません。

Google社の手厚いサポート

メリットの3つ目は、Google社の手厚いサポートです。Google Oneを利用すると、専用のカスタマーサポートを無料で利用でき、GoogleフォトやGmailなど、Googleが提供している様々なサービスについて相談可能です。また、メール、電話、チャットでの相談は、日本語に対応しています。

Google Oneのデメリットとは

ここでは、 Google Oneのデメリットについて解説します。Google Oneのデメリットは、Google社のサービスを通さないとデータの保存を行えないことです。GoogleフォトやGmailのデータは自動でバックアップされますが、PDFファイルなどを保存したい場合は、一度Googleドライブ上にアップロードする必要があります。また、Androidでは自動でスマホのバックアップデータを保存してくれます。しかし、iOSでは写真や動画のバックアップはしてくれるものの、スマホのバックアップデータは保存してくれません。

関連記事:【画像でわかる】Googleドライブのバックアップ方法を分かりやすく解説

Googleドライブの基本的操作方法とは

ここでは、Googleドライブの基本的操作方法として、以下の2つを解説します。

  • 登録
  • 容量確認

それでは、1つずつ解説します。

登録

1つ目は、登録の方法です。以下の手順で登録を行います。

(1)料金プランの選択
Google Oneのプランのページにアクセスし、希望する料金プランを選択して、「使ってみる」をクリックします。

(2)利用規約同意
利用規約を確認し、「同意する」をクリックします。

(3)支払い方法選択
支払い方法を選択して、定期購入をスタートします。なお、Google Oneの支払い方法は、以下の3つです。

  • クレジットカード
  • PayPal
  • ギフトカードまたはプロモーションコード

容量確認

2つ目は、容量確認の方法です。Google Oneのストレージのページから、以下の容量をそれぞれ確認できます。なお、GoogleドライブとGmail、さらにはGoogleフォトの総容量も示されており、15GBまで無料で使えます。

  • Googleドライブ
  • Gmail
  • Googleフォト
  • デバイスのバックアップ

まとめ

本記事では、Google Oneの基礎知識やメリット、基本的な操作方法などを解説しました。Google Oneは、Google社が提供しているサービスで、Google DriveなどGoogle社が提供するサービスのストレージを増やしてくれます。他にも、カスタマーサポートなど、様々な機能を使えます。ただ、Google社のサービスを通さないと、データを保存できないことには、留意しなければなりません。また、本記事では基本的操作方法として、Google Oneの登録方法と容量確認方法を解説しました。画像を用いて解説していますので、Google Oneを使ってみたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

おすすめの情報共有ツール

マニュアル作成・ナレッジ共有ツール 「NotePM」 は、社内の知りたいことが簡単に確認できるツールです。「社内のほしい情報を探すのが大変」「ナレッジ共有が上手くいっていない」とお悩みの方は、NotePMの無料トライアル をお試しください。

NotePMサービス紹介資料はこちら >