【2022年版】スマホアプリ制作ツールおすすめ5選を徹底比較!(オリジナルアプリを簡単作成!)

2022年06月11日(土) 通信・システム

こんにちは。マニュアル作成・ナレッジ共有ツール「NotePM」ブログ編集局です。

現在、多くの人がスマートフォンを持ち、アプリを日常生活において利用しています。スマートフォンが普及している社会において、企業、商業施設、お店などでも独自のアプリが導入することが増えてきました。目的に合ったスマホアプリ制作ツールを活用することで、専門知識などがなくても自社に合ったアプリの制作が簡単にできます。この記事では、スマホアプリ制作ツールを利用するにあたっての基礎知識を説明し、導入のための環境設定、および制作ツールを選択するポイントを紹介します。最後に、おすすめのスマホアプリ制作ツールの紹介もします。

スマホアプリ制作ツールを選ぶための基礎知識

スマートフォンのOSには、iPhone用のiOSとそれ以外のAndroidが存在します。アプリはiOS用のApple Store、Android用のGoogle Playなどのプラットフォーム経由で、購入、及びダウンロードを行います。現在、無数のアプリが存在し、また日々公開され続けているためアプリの競争市場は大変厳しいと言えます。時間をかけて開発したアプリでも、「誰からも利用されなかった」という状態になる可能性があることも懸念されます。一方、アプリ開発の経験をすることによって、プログラミングの知識が身につき、アプリ以外の開発においても従業員の活躍が期待できます。

スマホアプリ制作ツールの導入前に必要な環境設定

スマホアプリ制作ツールの導入前に必要な環境設定は以下の4つです。

  • 開発用PC
  • Xcode
  • Apple Developer Program
  • Android Studio

それでは、1つずつ紹介します。

開発用PC

スマホアプリ制作ツールの導入前に必要な環境設定の1つ目は、開発用PCです。
スマホ用アプリであっても、PCで制作を行うことが一般的です。アプリを開発する場合は開発用に業務端末とは別のPC端末を用意することが必要です。iPhone用のiOSアプリ開発にはApple社のMacを使って制作作業を行います。MacではiOSアプリの開発のみならず、Android用アプリの開発もできます。対して、WindowsでiOSアプリの開発を行うためには、2017年5月にリリースされたXamarin Live Playerという開発ツールを用いらなければなりません。Android用のアプリに関しては、Windowsでも問題なく制作できます。

Xcode

スマホアプリ制作ツールの導入前に必要な環境設定の2つ目は、Xcodeです。
XcodeはiOSアプリの構築、実機検証、デバックといったアプリの開発を一元化した統合開発環境を持っています。AppleはユーザーにiOSアプリの開発のため、Xcodeというソフトを無料で提供しています。Macユーザーの方はApple StoreでApple IDを入力することで入手可能です。

Apple Developer Program

スマホアプリ制作ツールの導入前に必要な環境設定の3つ目は、AppleDeveloper Programです。
Apple Developer Programとは、作成したiOSアプリをApple Storeで公開するためのプログラムです。開発者がApple Storeでアプリを販売するにあたって、Apple Developer Programへの登録は必須です。Apple Developer Programの年会費は1,1800円となっています。また、解約すると公開済みのアプリのダウンロードもできなくなるので、アプリの出品を続ける限り登録を継続する必要があります。

Android Studio

スマホアプリ制作ツールの導入前に必要な環境設定の4つ目は、AndroidStudioです。
AndroidStudioはAndroid用アプリ開発に必要です。iPhone用のアプリを制作するXcodeに代わるものと言えます。Android Studioは公式サイトから無料でダウンロードできます。

スマホアプリ制作ツールを選択する時のポイント

スマホアプリ制作ツールにを選択する時のポイントは以下の3つです。

  • 開発したいアプリを明確にする
  • ツールの使いやすさをあらかじめ確認する
  • 料金プランの検討

それでは、1つずつ紹介します。

開発したいアプリを明確にする

スマホアプリ制作ツールにを選択する時のポイントの1つ目は、開発したいアプリを明確にすることです。
アプリを開発することが決まったら、アプリ開発の目的を決めてどのようなアプリを開発するのか具体的にしていく必要があります。目的に合わせて本当に搭載したい機能に限定すると良いでしょう。制作するアプリがイメージできたら、スマホアプリ制作ツールを選択してください。アプリはリリース後に修正・改善を重ねることが一般的ですので、アフターフォローの充実したツールがおすすめです。

ツールの使いやすさをあらかじめ確認する

スマホアプリ制作ツールにを選択する時のポイントの2つ目は、開発したいアプリを明確にすることです。
性能が良いツールであっても使いにくいと制作しても使われない可能性があります。ツールを決める際は、直感的に操作できるツールがおすすめです。ツールによっては無料トライアルに対応しているものもあるので、導入前に実際に操作してみると良いでしょう。従業員の多くが使いこなせるツールの選択をおすすめします。

料金プランの検討

スマホアプリ制作ツールにを選択する時のポイントの3つ目は、料金プランの検討です。
スマホアプリ制作ツールの料金体型は、1アプリ単位の料金と1ユーザー単位の料金の2種類となっています。1ユーザー単位の料金は担当者一人で運用可能なアプリであれば問題ありませんが、様々な機能が搭載された複雑なアプリを複数人で運用する場合は月額使用料が割高になります。スマホアプリ制作ツールを選択する際は自社のアプリ開発スタイル、目的などを踏まえた上で、料金プランを選択してください。

スマホアプリ制作ツールおすすめ5選

ここでは、スマホアプリ制作ツールおすすめ5選を紹介します。

Monaca

Monaca

Monacaは30万人が利用するアプリ開発クラウドであり、大手企業からも支持されています。HTML/CSS、PHPの基礎知識をベースにアプリの開発を行うことができます。14日間の無料トライアル期間がある他、導入後のサポート体制も充実しているので安心です。アプリ開発講座が開催されることもありますので、興味のある方は参加してみると良いでしょう。

Monacaの特徴

  • モバイルアプリ、デスクトップアプリ、ブラウザー向けアプリ開発が可能
  • Monaca特有の知識は不要で、Webアプリの一般的な知識があれば簡単に操作できる
  • OSが提供するネイティブ機能(Bluetooth、カメラなど)をアプリに組み込める

URL: https://ja.monaca.io

 

Yappli

Yappli

Yappliを利用すれば自社アプリを簡単に制作できます。導入実績数は500社を超え、継続率99%とユーザーからの満足度も高いです。様々なデザインのiOSとAndroidのネイティブアプリをノーコードでスピード導入でき、かつ更新作業も直感的操作で行えます。専門的な知識のない人にとっても使いやすいツールです。

Yappliの特徴

  • ノンプログラミングでアプリ制作でき、40種類以上の機能、自由なデザイン選択が可能
  • 性別、誕生日といった属性情報などによる多彩なプッシュ配信ができる
  • 高度なデータ分析機能が付いているため、施策改善を行いやすい

URL: https://yapp.li/

 

SHOP FORCE

SHOPFORC

SHOPFORCEは店舗のリピート促進・顧客管理に特化したアプリ開発のプラットフォームです。SHOP FORCEの導入により、顧客のリピート率アップに成功した企業も少なくありません。大手飲食チェーン店、大規模商業施設からの満足度も高く、98.4%の継続率となっています。アプリはノンコードで開発できるので、専門的知識のない方でも扱いやすいです。

SHOPFORCEの特徴

  • 許取得したICタッチによる会員化手法のため、お客様にかかる負担が少ない
  • 店舗オペレーション、セキュリティを配慮したポイント付与システム
  • POS、予約サービス、モバイルオーダーなどのサービスと連携できる

URL: https://shopforce.jp/

 

GMOおみせアプリ

GMOおみせアプリ

GMOおみせアプリは2,800社/8,000店舗の導入実績があります。このアプリは、「効率的に再来店を促進したい」、「閑散期の集客をなんとかしたい」などといった、多くのお店が抱える課題の解決にも効果的です。また、GMOおみせアプリは各種販促手段が電子化されているため、マーケティングコストの削減にもつながります。

GMOおみせアプリの特徴

  • 発注から最短40日でストアにアプリを公開できる
  • スタンプやポイントなどの再来店のきっかけもアプリでつくれる
  • 顧客の属性、来店履歴・回数、クーポンの利用情報などのデータ分析が可能

URL: https://gmo-app.jp/

 

Platio

Platio

Platioは自社の業務に適したアプリをノンコードで制作でき、スピーディーに活用できます。従業員の業務の負担軽減、業務の生産性アップに効果的で、導入企業の多くが社内の生産性アップや業務のスマート化につながったと高く評価しています。サーバー構築、アプリ登録費用は一切かからず、月額2万円から利用できます。

Platioの特徴

  • テンプレートが100種類以上あるため、自社に合ったアプリを簡単に制作できる
  • 初期費用ゼロなのではじめやすく、導入後も月額2万円からと低コスト
  • 現場のデジタル化と業務プロセス改善の推進につながる

URL: https://plat.io/ja/

 

まとめ

この記事では、スマホアプリ制作ツールを利用するにあたっての基礎知識を説明し、導入のための環境設定、および制作ツールを選択するポイント、最後に、おすすめのスマホアプリ制作ツールの紹介をしました。

現在の社会ではスマートフォンは生活必需品と言えます。スマートフォンの利用用途は電話、メッセージのみならず、専用アプリによる決済、お店の予約など多岐に渡ります。スマホアプリ制作ツールを利用することで、思い描く通りのアプリを簡単に制作できます。プログラミングなどの知識がなくても、アプリを直感的操作によって制作できるツールも少なくありません。自社アプリの導入によって、社内全体の生産性がアップした企業、DXの推進につながった企業、顧客のリピート率がアップしたという企業も多いです。ITが発達し、スマホの普及率の高い今日においてビジネスで成功するためには、時代に合った戦略が必要です。

おすすめの情報共有ツール

マニュアル作成・ナレッジ共有ツール 「NotePM」 は、社内の知りたいことが簡単に確認できるツールです。「社内のほしい情報を探すのが大変」「ナレッジ共有が上手くいっていない」とお悩みの方は、NotePMの無料トライアル をお試しください。

NotePMサービス紹介資料はこちら >