離職率を改善するための施策7選!離職率の低下が必要な理由も詳しく解説

2024年03月25日(月) エンゲージメント

社内コミュニケーション・情報共有を円滑化させるツール「NotePM」→無料で使ってみる【1分で登録完了】

こんにちは。マニュアル作成・ナレッジ共有ツール「NotePM」ブログ編集局です。

企業が安定的に経営を継続するためには、社員の活躍が欠かせません。しかし、離職率の高さという問題は、多くの企業が直面する深刻な問題です。「離職率が高く、顧客サービスや業務の進行にも遅れが出ている」「このままでは、経験とスキルを持った社員がどんどん去ってしまう」と不安を抱えている経営者もいるでしょう。

そこで、本記事では、離職率を改善するための効果的な7つの施策を紹介します。離職率の改善が必要な理由も解説するため、ぜひご覧ください。

 
このような方におすすめです

• 新人育成を効率化したい方
• ノウハウ共有で組織力をあげたい方
• 情報整理のコツを知りたい方


離職率の改善が必要な理由

離職率の改善が必要な理由には、主に以下の3つがあります。

  • 企業イメージが低下する
  • 優秀な人材が離職する
  • 社員の採用と教育にコストがかかる

それぞれについて、詳しくみていきましょう。

企業イメージが低下する

離職率の改善が必要な理由の1つ目は、企業イメージが低下することです。離職率が高い企業だという印象を持たれてしまうと、人材獲得が困難になります。就活や転職活動をしてる人にとって、離職率が高い企業は、過重な労働や不平等な報酬、職場環境の悪化などの事情があるのではという疑念を持たれてしまいます。

さらに、退職者が、SNSやリクルート情報サイト上に企業への不満を掲載するケースも少なくありません。企業にとって不利な評判が蓄積されてしまうとイメージを払拭するのは一筋縄ではいかなくなり、人材採用に悪影響を与えるリスクが高まります。

優秀な人材が離職する

離職率の改善が必要な理由の2つ目は、優秀な人材が離職することです。知識や実績を豊富に持つ社員が辞めてしまうと、企業の競争力が低下する恐れがあります。退職すると、社員の採用や育成にかけた資源が無駄になってしまいます。

また、退職者の仕事を引き継ぐ社員は、業務負荷が増加する点にも注意が必要です。ストレスを感じた社員が退職するという悪循環に陥る可能性もあるでしょう。退職が連続して出てしまうと、残った社員の士気が著しく低下する恐れがあるため、速やかに解決すべき問題だと言えます。

社員の採用と教育にコストがかかる

離職率の改善が必要な理由の3つ目は、社員の採用と教育にコストがかかることです。企業が新しい社員を雇うときには、求人広告にかかる費用、新入社員の教育費用、そして採用担当者の給与など、多くの費用がかかります。社員の採用と教育にかかるコストは、多くの場合、少額ではありません。

社員が一人早期で退職してしまうと、かかったコストを回収できず損失となってしまう場合もあります。さらに、新しい人材を採用するために、追加のコストがかかります。そのため、企業は離職率を下げる取り組みを検討すべきでしょう。


マニュアル作成・ナレッジ管理が浸透するサービス ⇒「NotePM
NotePMのPDF資料をダウンロード ⇒ こちらから

離職率を下げるために改善すべき項目

離職率を下げるためには、以下の3つの項目を改善していくことが重要です。

  • 労働環境
  • 人間関係
  • 企業の将来性

それぞれについて、詳しくみていきましょう。

労働環境

離職率を下げるためには、まずは労働環境の見直しを図りましょう。労働環境に対する不満が見られる主な理由には、以下のようなものがあります。

  • 有給休暇が取得できない
  • 残業時間が長い、または無償残業をしなければならない
  • 給料やボーナスが低い
  • 柔軟な勤務体制が取れない
  • リモートワークができない

近年、働き方の改革が進展し、ワークライフバランスを重要視する人々が増加しています。そのため、他の企業よりも労働条件が劣ると、社員満足度が低くなる可能性があります。離職率を改善するためには、労働条件の見直しや働き方改革を進め、社員の働きやすい環境を整備することが重要です。

人間関係

離職率を下げるためには、人間関係を改善していくことも大切です。上司や同僚との関係悪化が、早期退職の引き金となるケースも少なくありません。業務に関する悩みや不安を相談できないなど、上司や仲間に心を開くことができないと、「この職場でうまくやっていけるのか」と不安に思う人は多くいます。特に、新入社員は初めての環境で右も左も分からない中で人間関係が悪化すると、離職につながりやすいものです。人間関係のトラブルがある場合は、速やかに解決する必要があります。

企業の将来性

労働条件や報酬に不満がないにもかかわらず、企業の将来性に不安を感じ、退職するというケースも見られます。「仕事に対する情熱が持てない」「自分の成長につながるようには思えない」という理由です。社員がぼんやりとした不安や疑問を内に秘めてしまうことで、退職を決断する可能性があります。退職の背景には、企業に対する不信感や懸念があり、社内でのコミュニケーションの欠如が影響していることも少なくありません。

これは、社員一人一人の感じ方や問題によるものですが、不安や疑問を共有できないと、退職へとつながってしまいます。離職率を下げるためには、経営方針やキャリアパスをしっかりと説明し、将来的なビジョンを描かせることが重要です。

離職率を改善するための施策7選

離職率を改善するための施策には、以下の7つがあります。

  • 待遇や労働時間を見直す
  • 柔軟な働き方を取り入れる
  • キャリアパスを拡充する
  • 社内wikiで業務標準化を図る
  • 社内表彰・評価制度を取り入れる
  • 採用のミスマッチを減らす
  • 社員のコミュニケーション活性化を図る

それぞれについて、詳しくみていきましょう。

待遇や労働時間を見直す

離職率を改善するための施策の1つ目は、待遇や労働時間を見直すことです。業務量や達成した成果に見合った報酬や福利厚生が提供されているかを検証しましょう。社員が給与や待遇に満足しているかどうかのアンケートを取るのも有効です。

また、労働時間の管理も並行して行っていくことをおすすめします。具体的には、労働基準法に則った労働時間を守っているか、夜間の残業や休日労働が頻繁に行われていないか、そして十分な休息が取れるような状況が整っているかを確認しましょう。シフト表上では問題ないように見えても、実際にはサービス残業が行われていたり、有給休暇が名目上しか取得できなかったりする場合があります。労働時間の管理ができていないと、離職率が高まり生産性の低下を招く恐れがあるため、注意が必要です。

柔軟な働き方を取り入れる

離職率を改善するための施策の2つ目は、柔軟な働き方を取り入れることです。社員のワークライフバランスを考慮して、個々のニーズに適した勤務スタイルが選べるような仕組みを作りましょう。例えば、テレワークやフレックスタイム制が取れるような環境を整えておくことが重要です。勤務地や勤務時間を固定するのではなく、多様な選択肢を提供することで、離職率の改善が期待できます。

キャリアパスを拡充する

離職率を改善するための施策の3つ目は、キャリアパスを拡充することです。社員が自身のキャリアパスに対して期待を持てるようにする必要があります。社員が「昇進する見込みがない」と感じるようなキャリアプランではなく、「努力と成果によってキャリアアップができる会社だ」という期待感を育む人事政策を策定することが重要です。

具体的には、有能な人材が向上心を持って目指せるポジションを作るとともに、社内公募制度など、成果を基に次のキャリアに挑戦できる仕組みを作りましょう。

社内wikiで業務標準化を図る

離職率を改善するための施策の4つ目は、社内wikiで業務標準化を図ることです。社内wikiを利用することで属人化を防ぎ、特定の社員に業務負担がかかる状況が防げます。属人化とは、特定の社員だけがタスクや進行状況を把握している状態を指します。属人化した業務を担っている社員は、自分が休むと仕事がストップしてしまうため、体調不良や私用で仕事を休めなくなってしまうことがあります。また、責任を重く感じてしまい、離職につながるケースも少なくありません。

そこで、業務手順や作業マニュアルを社内wikiにまとめて体系化することをおすすめします。社員間の知識を均等にすることで、新人や異動社員のトレーニングを効率的に行えるようになります。教育担当者の負荷も減り、教育コストも削減できるでしょう。

関連記事:社内wikiの導入から活用までの完全マニュアル 成長企業が実践する情報共有術!

社内表彰・評価制度を取り入れる

離職率を改善するための施策の5つ目は、社内表彰・評価制度を取り入れることです。社員が仕事に取り組む意欲を向上させ、離職を防ぐ効果が期待できます。社内で表彰式を行い、社員の働きを目に見える形で称える時間を作りましょう。また、職員間で感謝や賞賛する文化を醸成することで、働く環境をポジティブに変えることができます。具体的には、「素晴らしい行動をした社員に感謝の言葉を送る取り組み」を導入することも一つの方法として挙げられます。

関連記事:社内報でアワードを取り上げて社員のモチベーションをアップさせよう

採用のミスマッチを減らす

離職率を改善するための施策の6つ目は、採用のミスマッチを減らすことです。企業のニーズにマッチした人材を雇用することは、社員の退職率を減らす上で効果的です。求める人材像を具体化し、面接や適性試験を活用して応募者のマッチ度と意欲を確かめるのがポイントです。さらに、新人社員の研修や教育プログラムを通して新人社員が会社に順応しやすくすると良いでしょう。

社員のコミュニケーション活性化を図る

離職率を改善するための施策の7つ目は、社員のコミュニケーション活性化を図ることです。社員間での不十分なコミュニケーションや不適当な交流は、高い離職率を引き起こす可能性があります。コミュニケーションを活性化することで、ストレスの緩和や仕事のモチベーション向上が期待できます。

例えば、社内SNSを導入したり、定期的に親睦会を実施したりする方法があります。また、匿名で回答できるアンケートを実施するなど、社員の意見を聞く仕組みを作るのもおすすめです。社員間の交流を増やし、業務上の悩みや不安の解消を促すことで、離職率の改善効果が期待できます。


マニュアル作成・ナレッジ管理が浸透するサービス ⇒「NotePM
NotePMのPDF資料をダウンロード ⇒ こちらから

まとめ

本記事では、離職率を改善するための効果的な7つの施策を紹介しました。離職率を改善する具体的な取り組みとしては、社員のキャリアパスの明確化や社内コミュニケーションの促進などが挙げられます。更に、職場環境を改善するには、社員一人ひとりが貢献しやすい環境を整え、モチベーションを向上させる取り組みが不可欠です。そのときに役立つのが、社内wikiの導入です。社内wikiは、知識の共有や新入社員の教育をサポートするだけでなく、業務の効率化にも貢献します。結果的に、社員の満足度を高め、結果的に離職率を低下させることにつながります。本記事で紹介した方法に加えて、社内wikiの導入もぜひ検討してみてください。

 
このような方におすすめです

• 新人育成を効率化したい方
• ノウハウ共有で組織力をあげたい方
• 情報整理のコツを知りたい方


おすすめの情報共有ツール「NotePM」

NotePM

NotePM(ノートピーエム) は、Webで簡単にマニュアル作成できて、強力な検索機能でほしい情報をすぐに見つけられるサービスです。さまざまな業界業種に導入されている人気サービスで、大手IT製品レビューサイトでは、とくに『使いやすいさ・導入しやすさ』を高く評価されています。

NotePMの特徴

  • マニュアル作成、バージョン管理、社外メンバー共有
  • 強力な検索機能。PDFやExcelの中身も全文検索
  • 社内FAQ・質問箱・社内ポータルとしても活用できる
  • 銀行、大学も導入している高度なセキュリティ。安全に情報共有できる

URL: https://notepm.jp/

NotePMについて詳しく見る >