【2022年版】インターネットFAXおすすめ8選を徹底比較!(ペーパレスで効率化を実現!)

2022年06月11日(土) 通信・システム

こんにちは。マニュアル作成・ナレッジ共有ツール「NotePM」ブログ編集局です。

インターネットFAXという名前からインターネットを使ったファックスだと理解できますが、普通のFAXやメールと何が違うのかイメージしにくいという方もいるのではないでしょうか。この記事では、インターネットFAXの特徴からおすすめのツールまで幅広く解説しています。

インターネットFAXとは

インターネットFAXとは、インターネットを通じてファックスのやり取りができるサービスです。パソコンまたは、スマートフォンを使い、インターネット回線を通じてファックスを送受信することができます。サービスによっては、FAXの履歴を管理したり、データを長期間保存しておくことができるサービスもあります。

インターネットFAXの2つの特徴

インターネットFAXの特徴として、以下の2点を解説してきます。

  • インターネット回線を使用
  • デジタル/アナログの選択が可能

それでは、それぞれを見ていきましょう。

インターネット回線を使用

インターネットFAXは、インターネット回線を使用するため電話回線が必要ありません。また、パソコンやスマートフォンを使ってファックスを送受信できるので、ファックス機も不要です。

デジタル/アナログの選択が可能

インターネットFAXは、デジタル/アナログの選択が可能です。

例えば、
送信時は紙→受信時は電子データ
送信時は電子データ→受信時は紙
送信時は電子データ→受信時も電子データ

など、必要に応じてデジタルで対応するか、アナログで対応するのか選ぶことが可能です。また電子データの場合、PDFやTIFF形式を始め様々な形式に対応しています。

インターネットFAXを活用する4つのメリット

次に、インターネットFAXを活用するメリットを4つご紹介します。

  • 専用回線が不要
  • ペーパーレス化
  • コスト削減
  • 管理が容易

それでは、それぞれを解説していきます。

専用回線が不要

インターネット回線を使用しますので、ファックス専用回線が不要です。インターネットに繋がっていれば良いので、もちろん電話回線がなくても問題ありません。インターネットFAXは、インターネット環境とパソコンやスマートフォンがあればよいため、始めやすいというメリットがあります。

ペーパーレス化

インターネットFAXは、従来の紙を使用した送受信が不要なのでペーパーレス化できます。また、デジタル化されるので、データとしての二次活用が可能です。

コスト削減

従来のファックスだと受信と同時に印刷を開始することが多いですが、インターネットFAXなら必要なものだけ選んでプリントアウトできます。これにより、紙とインクの消費を抑えることができ、コスト削減につながります。また、ファックス機自体が不要ですし、専用の回線を引く必要もないため、月々の電気代や通信費が節約できます。

管理が容易

紙として管理する必要がなくデータとして情報蓄積するため管理が容易です。通常のファックスだと、印刷されたデータをファイルで管理し保存することになりますが、 インターネットFAXならその手間がかかりません。過去のデータを探すときもデジタルなので簡単ですし、紙データの紛失も防ぐことができて安心です。

インターネットFAXにある2つのデメリット

次にインターネットFAXのデメリットを解説してきます。

相手が内容を確認したか判別つかない

インターネットFAXでは、電子データの場合、送受信履歴、メールの開封履歴は分かりますが、相手が添付ファイルを開封しない場合もあります。紙だと確実に相手に届くため誰かの目に止まりますが、電子データだと見落としてしまう可能性もあります。

手書きの用紙はデジタル化が必要

手書きで紙に書いたものや、配布されたプリントなどをインターネットFAXしたい場合、スキャナーでパソコンに一度取り込みデジタル化する必要があります。人によっては「紙を撮影する、宛先、本文作成」が手間と感じるかもしれません。インターネットFAX化するなら適切な業務の選定が必要です。どうしても手書きが必要な場合は手順を簡素化しましょう。

インターネットFAXツールおすすめ8選

それは、おすすめのインターネットFAXツールを紹介していきます。

eFax

eFax

eFax は、送信・受信ともに 150 枚まで追加料金なしで利用可能です。またスマホから簡単に利用できるiPhoneアプリ・アンドロイドアプリも用意しており、お手元のスマホですぐに FAX を送受信可能。世界で1200万人以上の利用実績を誇る、世界最大級のインターネットFAXです。

eFaxの特徴

  • 北海道から沖縄まで、全国63の市外局番からFAX番号を選べる。050にも対応
  • 最大5つのメールアドレスでファックスを同時受信。最大50番号まで一斉送信可能
  • 送信・受信ともに 150 枚まで追加料金なしで利用可能

URL: eFax

 

KDDI ペーパーレスFAXサービス

KDDI ペーパーレスFAXサービス

KDDI ペーパーレスFAXサービスは、KDDI株式会社が提供するクラウドFAXサービスです。受信したFAXデータをGoogle Driveに自動保存ができ、Google Driveに保存されているファイルを送信することも可能です。マルチデバイスに対応しており、スマートフォンやタブレットからも閲覧できます。

KDDI ペーパーレスFAXサービスの特徴

  • 加入者同士か、KDDIのIP番号への送信は通信費無料
  • Google Drive上に受信したFAXや音声メッセージ (留守電) を自動で保存・管理
  • FAXをパソコン上で簡単に管理できる専用アプリケーションがある

URL: https://biz.kddi.com/service/cloud-data-center/fax/

 

BizFAX スマートキャスト

BizFAX スマートキャスト

BizFAX スマートキャストは、NTTコミュニケーションズが、1981年から提供を開始したクラウド型インターネットFAXソリューションです。長年の豊富な実績が特徴で、大量のデータ送受信を行うことができます。インターネット接続型と閉域接続型、FAX接続型の3つの接続形式を提供しているため、自社の体制にあわせたものを選択可能です。

BizFAX スマートキャストの特徴

  • フリーダイヤル/ナビダイヤルでのFAX受信で利便性の向上
  • 最大3,000宛先へ簡単操作で短時間に一斉配信可能
  • ツールを利用して個別情報を差し込み、最大で6万宛先へ一斉配信

URL: https://www.ntt.com/business/services/voice-video/fax/bizfax_sc/user.html

 

秒速FAX

秒速FAX

秒速FAXは、固定費無料のインターネットFAX送信に特化したサービスで、ブラウザやメール、一斉同時送信などの機能を備えています。同じ内容のFAXを一斉に複数に送信する機能は、1度で最大300件まで送信することが可能です。「FAX送信に特化したサービスを探している」という方におすすめのサービスです。

秒速FAXの特徴

  • かかる費用はFAX送信分だけ! 初期費用も基本料も0円!
  • アカウント開設からFAX送信まで秒速60秒で完了できる
  • インターネットFAX受信サービスの秒速FAX Plusは月額基本料520円~

URL: https://fax.toones.jp/

 

MOVFAX

MOVFAX

MOVFAXは、登録最短90秒で使えたり、複合機の転送機能を使うことで現在の番号をそのまま利用できたりする導入のしやすさが特徴です。他にも受信したFAXをフォルダごとに保管できるマイフォルダ作成機能や、自動振り分け機能などがあり、「大量に届くFAXの整理をしたい」という方におすすめのサービスです。

MOVFAXの特徴

  • 受信したFAXを画面上で文字やスタンプなど編集できる機能
  • 法人向けのプレミアムプランは、FAX自動振り分けなど3つの機能が追加
  • 月額基本料金30日分割引!受信は月1,000枚まで無料!キャンペーン実施中

URL: https://movfax.jp/feature/

 

jFax

jFax

jFaxは、先に紹介した「eFax」を提供する、j2 Global Japanのもう一つのサービスです。eFaxの低料金プラン的なサービスで、毎月の無料の送受信枠を減らして、月額料金を値下げしてまあす。また、eFaxのように全国63の市外局番は選択できません。FAXは導入したいけど、あまり利用しない方などに最適です。

jFaxの特徴

  • 東京03の市外局番と全国共通050が使える
  • 受信100ページ、送信50ページまで追加料金なしで利用可能
  • 月額990円(税別)のリーズナブルな料金設定

URL: https://www.jfax.com/homepage

 

TransFax

TransFax

TransFaxは、企業の基幹業務に特化したクラウド型のインターネットFAXサービスで、クラウドTransFax送信サービスとクラウドFAX受信サービスに分かれています。導入コスト・運用コストを抑え、さらに運用が手離れすることにより見えないコストも軽減されます。帳票ソフトや基幹システムと連携して効率よく送受信することが可能です。

TransFaxの特徴

  • 社内基幹システムにFAXを自動で取り込み、帳票FAXの運用負荷を大幅に軽減
  • 世界最⼤級のクラウドFAX送受信ネットワークで、あらゆる国に低価格で送信可能
  • 様々なアプリケーションと連携でき、短納期で業務に適したFAX環境を構築

URL: https://www.transact.ne.jp/

 

03FAX

03FAX

03FAXは、スマートフォンアプリやPCを利用して、FAXの送受信を行います。インターネット環境があれば、いつでもどこからでもFAXの送受信を行うことができます。トータルコストの削減、利便性の向上はもちろん、登録した端末のみでの利用、通信の暗号化などセキュリティ面でも安心してご利用いただけるサービスです。

03FAXの特徴

  • 東京03と全国共通050を含む、全国30以上の市外局番からFAX番号を選べる。
  • 使い放題500は月額1,000円で月500枚までFAX送信が無料になるサービス
  • 最大30日間無料で使える!0円スタートキャンペーン実施中!

URL: https://03plus.net/03fax/

まとめ

インターネットFAXを導入することで、業務効率化やコスト削減を実現できます。スマートフォンを使えば、外出中でも場所を選ばずファックスの送受信ができますし、業務を効率化できます。また、書類のデジタル化によるペーパーレス化や機器の導入が不要になり、コスト削減にもなります。料金プランも、毎月の月額料金の中に送受信料を一部含むプランや、送った分だけ従量課金されるプランなど様々です。料金の安さだけでなく、既存の番号が使えるか、求める機能があるかなど確認してみましょう。

おすすめの情報共有ツール

マニュアル作成・ナレッジ共有ツール 「NotePM」 は、社内の知りたいことが簡単に確認できるツールです。「社内のほしい情報を探すのが大変」「ナレッジ共有が上手くいっていない」とお悩みの方は、NotePMの無料トライアル をお試しください。

NotePMサービス紹介資料はこちら >