【2021年版】オンライン飲み会ツールおすすめ11選を徹底比較!(無料あり)

2021年04月16日(金) テレワーク・リモートワーク
オンライン飲み会

リモートワークが増加するなどライフスタイルが多様化するなか、オンライン飲み会ツールを検討する人が増えています。とはいえ、実際に導入するにあたっては二の足を踏む人も少なくありません。そこでこの記事では、オンライン飲み会ツールでできることや導入のメリット、そしてツール選びのポイントを説明します。加えて、おすすめツールも11個ピックアップして紹介します。

オンライン飲み会ツールとは

オンライン飲み会とは文字通りオンラインで飲み会をすること。従来のように飲食店などに集まって同じ空間でお酒や料理を楽しむ飲み会ではありません。オンライン飲み会の参加者は、自宅など別々の場所からスマートフォンやパソコン、タブレットといったデバイスを利用してビデオチャット(ビデオ通話)を行います。このように、デバイス越しにお互いの顔を見ながらお酒を交えつつ会話を楽しむ。これがオンライン飲み会です。そしてオンライン飲み会ツールは、オンライン飲み会を実施するためのアプリやソフトウェアのことです。

 

オンライン飲み会ツールの基本機能

ここでは、オンライン飲み会ツールを利用すると、どんなことができるのかについて紹介します。

ビデオチャット機能

相手の顔を見ながらリアルタイムで会話を楽しむことができます。表情や声のトーンもわかるので、まるで同じ空間にいるかのような雰囲気です。この機能は、ノートパソコンやスマートフォンに標準装備されているカメラやマイクを使用します。

バーチャル背景機能

ビデオチャットをしている自分の背景として、自分が選んだ画像や動画を設定することができる機能です。たとえば、プライベートを公開したくない、自宅が片付いていないので見せたくない場合などにも便利です。

チャット機能

ビデオ通話をしながら、文字によるチャットも同時に楽しめる機能です。テキストや URL なども送り合えるのでやり取りの幅が広がり、文字でコミュニケーションをサポートすることもできます。

エフェクト機能・フィルター機能

端的に説明すると、自分の顔を加工できる機能です。肌をきれいに見せたり、フェイスラインを変えたりするなど、顔の印象を加工できます。また、自分の顔部分にキャラクターを被せることも可能です。リモート飲み会に参加はしたいが、顔を出したくないときなどにも活用できます。

録画機能

オンライン飲み会の様子を録画して残すことが可能です。記録として保存しておきたい場合などに便利です。

 

オンライン飲み会ツール導入のメリット

次に、ツールを使ってオンラインで飲み会をすることで得られるメリットを紹介します。

開催場所を設定する必要が無い

オンライン飲み会には、インターネット環境とパソコンやスマートフォンなどのデバイスがあればどこからでも参加することができます。もちろん海外から参加することも可能です。地理的な問題で会うことが難しかった人とも飲み会を楽しめるようになり、コミュニケーションの輪が広がります。

気楽さ

ツールを使ったオンライン飲み会には、出席者はあくまで自分のペースを重視して参加できる気軽さがあります。忙しい場合でも、中途退場や中途参加がリアルの飲み会よりも気兼ねなく行える雰囲気です。それどころか、別の用事を同時進行しながら飲み会に参加することも可能です。会場までの移動時間を確保する必要はなく、帰宅時間を気にせずに済む自由さも大きな魅力でしょう。

予算を抑えられる

オンライン飲み会では、参加する人が自分でお酒や料理を用意します。本人の都合や状況に合わせて選べるので、あまりお金がないタイミングでも自分のお財布事情で予算を決められるのがメリットです。ただし、インターネット経由の開催ですから通信に関わる費用は必要になります。ネット環境については意識しておきましょう。

 

オンライン飲み会ツールの選定ポイント

オンライン飲み会ツールを選ぶ際には、一体どのような点に目を向ければ良いのでしょうか。ここでは、ツールの選びのポイントについて説明します。

手軽さ

オンライン飲み会ツールを選ぶときに重要視したいのは、手軽に始められるかどうかです。必ずしも世の中の人全員が、デバイスやツール、アプリの扱いに慣れているというわけではないからです。ツールを使用するためにアカウント作成が必要な場合、登録作業を負担と感じる人がいないとも限りません。

飲み会に参加するメンバーが既に同じ通信アプリを使っている場合、迷わずそのアプリを利用してオンライン飲み会を開催するのがベストです。それぞれが別のアプリを使用している場合は、参加メンバー全員がわざわざアカウントを作らなくても済むアプリを選ぶのが無難です。

参加者の人数

飲み会に参加するメンバーの人数もツールを選ぶときに注目すべきポイントです。アプリによっては人数に上限を設定しているからです。参加者が一定数以上になると、有料になるアプリもあります。また、画面に表示される人数もアプリによって違いがあるので確認しておきましょう。

時間

使用に時間制限を設けているアプリもあります。終了時間を気にせずにオンライン飲み会を行いたい場合は、時間制限のないアプリから選びましょう。

 

オンライン飲み会ツール おすすめ11選

おすすめのオンライン飲み会ツールをピックアップして紹介します。

Zoom

Zoom

Zoom は、ビジネス用のビデオ会議アプリですが、もちろんオンライン飲み会にも活用できます。そもそもビジネスツールというだけあって、ビデオもオーディオもハイクオリティです。最大49人まで画面にビデオを表示することが可能です。アカウントは主催者のみ持っているだけで使用でき、参加者は主催者から送られてきたURLにワンタップするだけでビデオチャットルームに入れます。

Zoomの特徴

  • サインアップは無料。無料プランの使用ではクレジットカード登録も不要です。
  • 無料プランの使用では時間制限があります。グループでの使用は40分間、一対一では無制限です。
  • pcでの使用のほか、スマホアプリも利用できます。バーチャル背景機能やチャット機能も使えます。

Zoom
URL: https://zoom.us/jp-jp/meetings.html

 

LINE

LINE

LINE は、LINEは既にたくさんの人が使っているアプリなので、オンライン飲み会を開催するためにわざわざインストールする必要がないところも大きなメリットと言えるでしょう。グループビデオ通話を利用して、最大500人まで時間無制限で使用することが可能です。なお、画面上に一度に表示できる人数はパソコン版で16人までです。スマホでは6人までですが切り替えが可能です。

LINEの特徴

  • スマホアプリもありますが、パソコン版 LINEを使ったパソコンでの利用も可能です。
  • LINEミーティングを使えば指定URL へのアクセスでLINE 上で友達ではない人も招待できます。
  • エフェクト機能が豊富です。顔や背景を加工して楽しむことができます。

LINE
URL: https://line.me/ja/

 

Slack

Slack

Slack は、ビジネスツールとして活用されている Slack。ビデオ通話機能があるのでオンライン飲み会ツールとしても役立ちます。有料プランに加入すると複数メンバーとの音声通話やビデオ通話も可能になりますが、無料で使えるフリープランの場合でも1対1での通話は可能です。2人でオンライン飲み会をしたい人にはおすすめのツールと言えます。

Slackの特徴

  • パソコンでも使えますし、スマートフォン専用のアプリもあります。
  • チャット機能があるので、メッセージを送り合うことができます。
  • Slackコールを使用して、無料で音声通話やビデオ通話を簡単に開始できます。

Slack
URL: https://slack.com/intl/ja-jp/

 

たくのむ

たくのむ

たくのむ は、オンライン飲み会に特化したサービスです。アカウントの作成やアプリも不要なので、誰にでも簡単に使えるツールです。主催者が飲み会ルームを作成し、そのURLを参加者に共有するだけです。ログインの必要はありません。「たくのむ」のサイトにアクセスし、飲み会ルームを作成するボタンをクリックすればURLを取得できます。

たくのむの特徴

  • パソコンと、ほとんどのスマートフォンで使用可能。アプリ不要で使い方も簡単。
  • 無料で時間も無制限に使用でき、人数も最大で12人まで参加可能です。
  • パソコンでオンライン飲み会をする場合、指定のパソコン専用カメラエフェクトアプリを導入できます。

たくのむ
URL: https://tacnom.com/

 

Skype

Skype

Skype は、Microsoft社が提供するSkype。ビデオ通話を行えるので、オンライン飲み会にもおすすめです。ビデオ通話は無料で時間も無制限。そのうえ、最大100人までのグループ使用が可能です。既にSkypeを使用している人同士でグループを作ってのオンライン飲み会ができるほか、会議用のリンクを作成して共有すれば、Skypeを使っていない相手も招待できます。

Skypeの特徴

  • パソコン、スマートフォン、タブレットで使用でき、利用料が無料で時間も無制限です。
  • 背景をぼかす機能があるのでプライベートを隠すことができます。
  • 通話を記録して保存することが可能です。なお、記録は最大30日間保管できます。

Skype
URL: https://www.skype.com/ja/

 

Messenger

Messenger

Messenger は、Facebookユーザーにはお馴染みのMessenger。メッセンジャー(Messenger)ルームのビデオチャット機能がオンライン飲み会に活用できます。オンライン飲み会を主催したい人がルームを開き、そのURLを参加者全員に共有するシステムです。スマートフォンで利用する場合はエフェクト機能が使えますが パソコンでは利用できません。

Messengerの特徴

  • アプリにはパソコン版とスマホ版があります。なお、パソコンのブラウザでも使えます。
  • 無料で使用することができ、時間制限無しで最大50人まで参加可能。
  • FacebookやMessengerアカウントを持っていない人も招待できます。

Messenger
URL: https://www.messenger.com/

 

Google ハングアウト

Google ハングアウト

Google ハングアウト は、無料で使える Googleハングアウトは、ビデオ通話を活用してグループでの会話を楽しむことが可能なコミュニケーションツールです。Googleハングアウトで行うオンライン飲み会には最大10名まで参加することができます。ただし、使用できるのはGoogleアカウントを持っている人に限られるので、事前準備が必要です。

Google ハングアウトの特徴

  • スマートフォンで使用する場合は専用アプリを、パソコンの場合はブラウザで利用可能です。
  • 主催者、参加者ともに Googleアカウントの取得が必要です。
  • チャット機能があり、通話する相手にテキストメッセージを送信することもできます。

Google ハングアウト
URL: https://hangouts.google.com/

 

Whereby

Whereby

Whereby は、アプリやソフトウェアのインストールが不要なビデオ会議ツールのWhereby。4人までのオンライン飲み会ならば、無料で使用することができます。それ以上の人数では有料になりますが、最大50人まで参加することが可能です。利用にあたっては、まず主催者がアカウントを作成します。そうするとルームのリンクを取得できるので、招待する相手と共有します。なお、リンクのURLは一度きりのものではなく、ずっと変わりません。

Wherebyの特徴

  • 無料で使用できますが最大4名まで。それ以上の人数では有料プラン。
  • 主催者のみアカウントを取得する必要があります。
  • パソコンやスマートフォンのブラウザで使用可能。iOS のみアプリもあります。

Whereby
URL: https://whereby.com/

 

Microsoft Teams

Microsoft Teams

Microsoft Teams(チームズ) は、Microsoft社が運営する「Office 365」のチームコラボレーションサービスです。

Microsoft Teamsの特徴

  • リアルタイムノイズ抑制(キーボード入力音など)
  • 高度なセキュリティ機能(データ損失防止、情報バリア、アイテム保持ポリシー、電子情報開示、法的ホールド)
  • iOS、Android、Windows、Mac対応

Microsoft Teams
URL: https://products.office.com/ja-JP/microsoft-teams/group-chat-software

 

Remo

Remo

Remo は、オンラインカンファレンスサービスのツールです。オンライン会議やオンラインイベントなどを開催することができます。基本的に利用プランは有料なのですが、トライアルとして14日間は無料で試すことが可能です。オンライン飲み会の会場には最大8人まで着席できるテーブルが並べられており、バーチャルなパーティー空間を楽しめます。

Remoの特徴

  • 基本的には有料。トライアルとして14日間無料で使用することができる。
  • イベントに参加者するためにはRemoのアカウント作成が必要です。
  • 主催者が用意したURLをクリックするだけで参加できるため手軽です。

Remo
URL: https://remo.co/

 

ゆんたく

ゆんたく

ゆんたく は、ユニークなオンライン 居酒屋です。2種類のプランがあり、会社の同僚や友人達などの仲間内でオンライン飲み会を開きたい場合には「貸切プラン」を選びます。サイトからチケットを購入すると、メールや購入画面で入店用のリンクを受け取れます。オンライン飲み会開始5分前から入店できる仕組みです。また、見知らぬ者同士で集える「相席プラン」もあります。

ゆんたくの特徴

  • 「貸切プラン」(500円)と「相席プラン」(1500円)の2種類があります。
  • 「貸切プラン」の定員は4名~7名で、制限時間は約120分。有料で延長も可能です。
  • 「相席プラン」の定員は3名~6名。開始時間は固定で延長は不可です。

ゆんたく
URL: https://yuntaku.online/

 

オンライン飲み会デビューで新境地を開拓!

オンライン飲み会ツールを導入すれば開催地は予算を気にすることなく、自由度の高い飲み会を楽しむことが可能です。海外に住んでいる仲間や、いつもは忙しくてなかなか参加できないような友人にも、気軽に声をかけることもできます。参加者の人数や開催時間を決め、みんなが普段使用している通話アプリや取得アカウントを把握すれば、ぴったりのオンライン飲み会ツールが見つかるはずですよ。

 

オススメの情報共有ツール

  • NotePM :テレワーク時代のクラウド型ナレッジ共有ツール