オンライン商談ツールのメリット・デメリットとは?商談を成功させるコツも紹介!

2021年10月17日(日) 営業・顧客管理
オンライン商談

こんにちは。マニュアル作成・ナレッジ共有ツール「NotePM」ブログ編集局です。

テレワークが推進されているということで、オンライン商談ツールの導入を検討している方も多いのではないでしょうか。今回は注目を集めているオンライン商談ツールについて、メリットやデメリット、オンライン商談を成功させるコツなどを紹介していきます。

オンライン商談ツールとは?

オンライン商談ツールというのは、web会議システムなどを用いて顧客と対面せずに商談を行うことができるツールです。基本的には、インターネット回線を利用して商談を行います。ネット環境さえあれば、パソコンやスマホ、タブレットなどの端末を使い場所を選ばず顧客と商談することが可能です。欧米で活用されてきた手法ですが、インサイドセールスが広がったこともあり、日本でもオンライン商談ツールを導入する企業が増えています。

オンライン商談ツールのメリット

商談にかかる時間とコストを削減できる

オンライン商談ツールを導入すれば、一箇所に集まることなく商談を行うことができます。他の場所へ訪問する時の交通費などのコスト、移動時間を削減できるのは大きなメリットです。

災害時など急なトラブルが発生した時も商談できる

災害やパンデミックなど、トラブルによって現地まで足を運べなくなってしまうことがあります。そういう時でも、オンライン商談であれば営業活動を続けることができます。

テレワークの導入もしやすくなる

テレワークの導入を進める企業も増えていますが、オンライン商談ツールを導入することでテレワークの導入にも弾みがつきます。自宅からでも商談が可能になるため、場所にとらわれない働き方ができるようになります。

研修にも役立つ

オンライン商談ツールは、録画や録音の機能が付いたものも多いです。商談中の音声や映像を録画・録音しておけば、それを新人研修の教材として役立てることができます。

商談のアポが取りやすくなる

商談する時に、商談場所を確保するなどの手間がかかります。しかし、オンライン商談であればそういった手間がなくなるため、商談のアポが取りやすくなるというメリットがあります。

オンライン商談ツールのデメリット

対面の商談とは違ったテクニックが必要になる

オンライン商談は、顧客と対面して会話することができません。webカメラを通して商談を行うことになるため、顧客の表情や反応が見難くなるのがデメリットです。顧客の反応の見方など、対面の時とは違ったテクニックが必要になります。

顧客がオンライン商談に慣れていないと開始に手間取ることもある

顧客の中には、オンライン商談をしたことがない方もいます。webカメラの導入やオンライン商談を行うためのURLの送付など、商談を開始するまでの準備に手間取るケースもあるため注意が必要です。

回線状況によって商談の質が左右される

回線状況が悪いと、映像や音声が途切れるなどのトラブルが起こります。商談がスムーズに進まなくなることもあるため、安定した回線が必要になります。

オンライン商談を成功させるコツ

顧客にwebカメラを導入してもらう

顧客の中には、心理的な不安からwebカメラを使わずに音声だけで商談をする方もいます。しかし、直接対面できないオンライン商談では、相手の表情を見ながら話を進めることが大切です。商談を成功させるためにも、できる限り相手にwebカメラを導入してもらうようにしましょう。お互いの表情を確認できるようにしておけば、商談の質が高まります。

共有機能が充実したツールを導入する

オンライン商談ツールによって、備わっている機能は異なります。特に注目したいのが共有機能です。商談中は、様々なデータを顧客とやり取りする必要があります。商談に必要な資料を顧客とスムーズに共有できれば、商談もスムーズに進むでしょう。ツールを選ぶ時は、共有機能が充実しているかをチェックしておくことが大切です。

場を温めるための自己紹介が大切

オンライン商談では、対面の商談とは違い名刺交換ができません。そのため、本題に入る前にしっかり自己紹介をしておくことが大切です。オンライン商談においての自己紹介は、場の雰囲気を温める役割もあります。直接対面できないということで、顧客に不安や不信感を抱かれやすいため、自己紹介をしながら場の雰囲気を和ませた上で本題に入るようにしましょう。

おすすめのオンライン商談ツール

以下の記事では、おすすめのオンライン商談ツールの概要や特徴について解説しています。

関連記事:【2021年版】オンライン商談ツール・システム おすすめ11選を徹底比較!(無料あり)

 

オンライン商談ツールを導入して営業活動に役立てよう!

テレワークを導入する企業が増えてきたこともあり、オンライン商談ツールを使い商談を行う企業も多くなっています。移動にかかる時間や費用を削減できるなど、オンライン商談ツールには様々なメリットがあります。オンライン商談ツールを導入し、営業活動に役立ててみてはどうでしょうか。

 

おすすめの情報共有ツール

マニュアル作成・ナレッジ共有ツール 「NotePM」 は、社内の知りたいことが簡単に確認できるツールです。「社内のほしい情報を探すのが大変」「ナレッジ共有が上手くいっていない」とお悩みの方は、NotePMの無料トライアル をお試しください。

NotePMサービス紹介資料はこちら >