LPOツールの導入効果を徹底解説!基本機能も合わせて紹介

2021年10月03日(日) マーケティング

広告などをクリックして訪れたユーザーをCVにつなげるための施策がLPO(Landing Page Optimization)です。LPOは日本語でランディングページ最適化と呼ばれることもあります。Webマーケティングでは、LPの質がCVRを左右することも多いでしょう。とはいえ、自力でLPO施策を行うのは難易度が高く、悩む人もいるのではないでしょうか。そこで、効率的にCVRを改善させるLPOツールの基本機能や導入効果について解説します。

LPOツールの基本機能

LP分析機能

LPOツールは何を選ぶかによってできることは異なりますが、いくつかの基本的な機能があります。まずはLP分析機能です。LP分析とは現状のLPの問題点を洗い出し、改善の方向性を決めるのに役立ちます。例えば、直帰率が高いページの場合、ユーザーの求めるコンテンツがない、CVへの導線が悪い、閲覧時のストレスが大きいといった理由があるのかもしれません。LPOツールの中には、こうした仮設を立てられるタイプのものもあります。

LP制作機能

LP制作機能は分析に基づいてCVRを上げるコンテンツを作るために使います。既存LPのキャッチコピーやレイアウト、商品画像などを差し替えるのが施策の代表例ですが、ツールによっては新規でLPを作成することも可能です。一般的には複数のLPを制作し、それぞれのページ効果をテストで検証します。これにより、強いページがどれかを割り出してCVRの改善を目指す流れです。

ABテスト機能

ABテストとは2種類のページを用意し、どちらがより成果を生み出すのかを検証する手法です。WebマーケティングではLPO施策としてよく行われます。例えば、1つの商品に対して価格を訴求ポイントとしたページと、品質を訴求ポイントとしたページを作成し、どちらのCVRが高いのかを測定するといった方法です。ユーザーに対してランダムに表示させたり、セグメントごとに表示を変えたりできるツールがあります。

ターゲティング機能

ターゲティング機能は個々のユーザーにマッチするページへ誘導させる手法です。具体的には検索キーワードや流入経路、過去の行動履歴など、さまざまな条件ごとに表示されるページを変えていきます。ユーザーの興味に合ったページへ適切に誘導することで、CVRの改善を狙うことが可能です。

レポート機能

レポート機能はLPO施策の効果を検証するのに使用します。例えば、ABテストの結果やインプレッション数、クリック数やコンバージョン数などの数字を確認するのが主な目的です。もともとLPO施策は1回で終わりではないので、レポートから新たな分析を行い、より成果の出るLPへとブラッシュアップさせていきます。

LPOツールが注目される理由、導入が必要な理由

リスティング広告の費用対効果が下がっている

Yahoo!やGoogleがバナー広告・リスティング広告を始めた頃は、テレビCMなどに比べて高い費用対効果がありました。しかし、参入企業が増えたことで価格競争が起こり、Web広告にかかる費用も安いものではなくなっています。その結果、LPO施策へと軸足をシフトさせることに期待感が高まりました。LPOツールはCVR改善が主な使用目的であるため、注目を集めています。

クリック数がCVRを上げるとは限らない

Webマーケティングが広まるにつれて、セグメンテーションやターゲティングの機能が向上しています。ユーザーにとっては自分に合ったページが表示されるのが当たり前になりつつあるということです。これにより、単純にLPへのクリック数を集めるだけではCVへつながらないという現象が起こるようになりました。LPOツールの導入はこうした状況を打開する手段の一つといえるでしょう。

Webマーケティング界でテストの重要性が増している

Webマーケティングの場合、効果の出るページはユーザーが決定するというのが基本姿勢です。そのため、企業によってはABテストなどを積極的に行い、具体的な数値からCVRを高める手法を活用しています。LPOツールは自力では手間のかかるテストや検証を効率的にできるのが魅力の一つです。

LPにターゲティングが欠かせなくなっている

CVRの改善にはターゲティングごとのLPが効果的といえます。ユーザーの要望に合ったLPが表示されることで、より多くのCVを期待しやすくなるからです。例えば、検索キーワードごとに別々のLPを作成しておけば、ユーザーの取りこぼしを減らせる可能性があります。LPOツールはこうした施策を得意としているため、成果を上げるのに役立つでしょう。

LPOツールの導入効果

CVRの向上が期待できる

CVRの向上は企業の業績に直接的な影響を与えることも少なくありません。LPOツールはもともとCVRを上げることを目的に作られているため、導入すればコンバージョンの改善が期待できます。さまざまな活動がオンライン化されている現代は、マーケティング施策としてLPのクオリティを重視することが大切です。ツールによって活用できる機能や精度、サポート体制などが異なるので、自社に合ったものを選ぶとよいでしょう。

LPO施策を効率化できる

LPO施策は自力では不可能というわけではありませんが、ツールを活用することで作業を大幅に効率化できます。やみくもに試行錯誤を繰り返すことなく、分析からLPの制作・テスト、結果の検証までを一貫して行えるからです。LPO施策は継続的に実施することが前提にあるため、分析から検証までのサイクルをうまく回せるかどうかは需要なポイントです。ツールの導入で無駄のない施策を打てば、成果が出るまでの時間も短縮しやすくなります。

コストを削減できる

LPOツールはランディングページを複数作成する機能に優れているため、コスト面でも優しいのが魅力です。既存LPの必要な部分だけを差し替えれば、ページを丸ごと用意するよりも費用を節約できます。また、全体の作業工数も少なくなるので、人的コストや時間の削減にもつながるでしょう。Webマーケティングに多くの人員を割けない場合や、成果を出すまでにスピードが求められる場合はLPOツールが頼れる存在といえます。

おすすめ LPOツール

以下の記事では、おすすめのLPOツールの概要や特徴について解説しています。

関連記事:【2021年版】LPOツール おすすめ8選を徹底比較

まとめ

費用を抑えながらCVRを向上させる上で、LPO施策は今後も重視されていくでしょう。より確実な成果を目指すためには、LPOツールの導入が効果的です。ランディングページの最適化に向けて好循環を生み出す効果があり、コンバージョン数の改善が期待できます。自社のLPを強いページにするためにLPOツールを検討してみてはいかがでしょうか。

おすすめの情報共有ツール

マニュアル作成・ナレッジ共有ツール 「NotePM」 は、社内の知りたいことが簡単に確認できるツールです。「社内のほしい情報を探すのが大変」「ナレッジ共有が上手くいっていない」とお悩みの方は、NotePMの無料トライアル をお試しください。

NotePMサービス紹介資料はこちら >