ChatGPTができることとは?使い方や仕事での活用アイデアを紹介

2024年01月04日(木) ChatGPT

社内のナレッジ共有・マニュアル作成を成功させるツール「NotePM」→無料で使ってみる【1分で登録完了】

こんにちは。マニュアル作成・ナレッジ共有ツール「NotePM」ブログ編集局です。

ChatGPTは、まるで人間のように巧みな言語生成能力を持つチャットボットです。すでにアプリ開発のパートナーや個人的な相談相手として活躍するなど、ビジネスからプライベートまでさまざまな役割を担っています。

この記事では、ChatGPTの活用アイデアを5つ紹介しながら、 ChatGPTの得意・不得意なことを検証していきます。ChatGPTの基本的な知識については、以下の記事で全般的に解説していますので、参考にしてください。

※関連記事:ChatGPTとは? 特徴やメリット、仕事で活用する方法などを解説!

ChatGPTに任せられる仕事

非常に高性能なチャットボットであるChatGPTは、AI研究の第一人者によって「これまでのホワイトカラーの仕事ほぼ全てに影響が出る可能性が高い」とリリース直後から警鐘を鳴らされています。ではChatGPTに任せられる仕事とは一体どんなものなのでしょうか。ここでは、ビジネスシーンでの主な活用方法を5つ紹介します。

1. アイデアの提案

会議・商談などに向けてアイデアや表現方法を考えるため、ブレインストーミングを任せることができます。AIが人間と比べて圧倒的に優れている点の1つは、スピードです。ChatGPTはたった30秒程度で最大500〜700字もの文章を生成することができます。現在のChatGPTの精度では、生成された文章をそのまま使うことは難しいですが、アイデアの叩き台や自分で考えるためのヒントとして活かせるでしょう。

<使用例>

  • BtoB向けのSaaS製品を開発する企業が、LTVを高めるために顧客に渡すノベルティのアイデア
  • 新卒採用に向けた会社説明会をするにあたって、今の大学生が興味を持っているテーマを5つ教えて

2. コードや関数の生成・解説

ChatGPTは文章だけでなく、プログラミング言語や関数など、テキスト形式の様々な表現に対応しています。そのため、「〇〇をするためのコード/関数が知りたい」といったように目的を文章で入力すると、それに合ったコードや関数が出力されます。文章で一般的なプログラミングツールや表計算ソフトの操作手順を教えてもらうことも可能です。また、コードや関数などを入力すると、その意味を解説してもらうこともできます。

<使用例>

  • サイト内検索フォームを設置するためのHTMLタグ
  • Excelにプルダウンリストを作成する関数を教えて。プルダウンの選択肢は「入金済」「梱包済」「出荷済」「配達済」。

※関連記事:ChatGPTのAPIとは?スプレッドシートでの活用方法やChromeの拡張機能も紹介

3. テキストの要約・翻訳

要約や翻訳など、入力したテキストのアレンジを任せることができます。たとえば、長い文章の要点を抜き出したり、難解な文章を初心者でも分かりやすい表現に変更したり、別の言語に翻訳したりといったことが可能です。また、メールやチャットで伝えたい要素を簡潔に入力して、自分の代わりにTPOに合わせた文章を作ってもらうこともできます。

<使用例>

  • プレゼンでのスピーチ内容を、スライドにおさまるように要約
  • 英文のメールをペーストし、内容を翻訳

4. テキストやコードの添削

ChatGPTはテキストの生成だけではなく、入力した文章やコードなどに誤字脱字やバグがないかのチェックを任せることもできます。人の目では気付きにくいミスも即座に機械的な判断をしてくれるため、自分で確認するよりも素早く完了するでしょう。これまでチェックに掛かっていた時間を他の業務に割けるため、生産性の向上を図れます。

<使用例>

  • プレスリリースの文章を入力し、誤字脱字がないか確認
  • アプリ開発において、テスト前にコードの入力ミスがないか確認

5. 炎上リスクの判断

ChatGPTは文脈を理解できる能力があるので、「これを見た・読んだ人がどう感じるか」という抽象度の高い判断も任せられます。広告やSNSの投稿、ニュースレターのように、多くの人の目に触れる内容の炎上リスクを判断するときに便利です。また、メールの返信のように特定の人のみが見る内容をChatGPTに入力すると、相手にどう受け取ってもらえるか客観的な意見をもらえます。

<使用例>

  • Twitterの企業アカウントで行う投稿内容のチェック
  • 新商品の商品名やデザインが差別的な要素を含んでいないかチェック

ChatGPTにできること

ChatGPT に任せられる仕事の共通点をまとめました。

大量にアイデアを生み出す

人間の能力を超えたスピードで大量のアイデアを生み出すことができます。部下に「10分で新商品のアイデアを100個考えて」と指示することは能力的にも倫理的にも難しいですが、AIであれば汗一つ垂らすことなく、しかも何度も連続で考えることができます。

回答のスピードには波がありますが、数秒〜1分程度で生成可能です。一度に回答できる文字数には限りがありますが、追加で質問することでアイデアの数を無限に増やせるでしょう。

正解が1つしかない質問への回答

数式のように、解釈の余地がない回答を得意としています。そのため、ChatGPTにプログラミングコードやExcel用の関数について質問すると、かなり正確性の高い回答が得られるでしょう。ただし、複数の選択肢が考えられる場合、最適な答えを提示するとは限らないため注意が必要です。

客観的な判断

ChatGPTは、事前学習した内容をもとに客観的な判断を行うことができます。誤字脱字の機械的なチェックや、「〇〇の観点で判断して」という特定の視点での解釈が得意です。そのため、1人で取り組んでいる業務であっても、客観性を持ちながら進めることができるでしょう。

ChatGPTにできないこと

世界的な注目を集めるほど高い性能を持っているChatGPTには、まだ十分カバーできていない部分もあります。

正確な事実のリサーチ

生成する文章には、嘘の情報や間違った解釈も混ざっています。情報ソースを要求しても、存在しない書籍やURLを参照元として提示してくることもあります。人間のように自然な文章を生成できるからこそ、どれが正しくてどれが間違っているのか瞬時に判断しづらいので注意が必要です。また、ChatGPTの回答は2021年9月までのデータをベースにしているため、直近の出来事には対応できません。

URLの参照

リアルタイムでWebから情報を取ってくるのではなく、すでに学習済みの膨大な言語データをもとに回答を生成しています。そのため、URLを入力して「このページを翻訳して」といった質問の仕方をしても回答できません。また、回答に対して「情報ソースを提示して」と要求しても、嘘のURLを教えてくることがあります。

デジタル化されていない情報

ChatGPTはWeb上のテキストを学習して、語彙や知識を身につけたAIです。そのため、Web上に情報が乏しい分野については回答できません。高度に専門的な内容や、知っている人が限られているニッチな情報、未来の予測などはChatGPTで生成することはできません。

※関連記事:ChatGPTは本当に使えない?仕組みや使いこなすコツを解説

ChatGPTを活用するポイント

解釈の余地ない回答や客観的な判断を大量かつスピーディーに行える一方で、情報の精度にはまだまだ課題が多いことが分かりました。こうした得意・不得意をふまえて、ChatGPTを仕事で活用する際のコツを紹介します。

自分がある程度知識を持っている分野で使う

不正確な情報や嘘を含んだ回答を生成することもあるため、正しいかどうかを自分で判断することが大切です。知識の浅い分野について質問すると、情報の正確性を調べるために時間も手間も掛かってしまうでしょう。

下流のフェーズを任せる

精度がまだ不十分なので、回答をそのまま記事として公開したり、仕事で活用したりするのは問題があります。ですが、自分で手を動かすための足掛かりとするには効果的です。人間が全く新しいアイデアをゼロから生み出すのは難しいですが、ChatGPTに下調べしてもらった内容を組み合わせることで、効率良くアイデアを考えることができるでしょう。

文字数や回答数を指定する

人間が入力した前提条件をきっちりと守ったうえで、回答を生成してくれます。この性質を活用して、あらかじめ文字数やトピックの数を指定することで、求めている答えに近づく可能性が上がったり、回答の質を保ったりする効果があります。とくに、質問を重ねて回答の精度を上げる場合に効果的です。

活用マニュアルを作成する

仕事でChatGPTを活用するノウハウを明文化して、マニュアルとしてまとめましょう。また、ChatGPTとその使い方は日々進化しているため、マニュアル作成後も随時更新が必要です。そうした場合に便利なのが、クラウド型のマニュアル作成ツールです。複数人でのマニュアル作成や共有が簡単に行えるので、日々ブラッシュアップしながら自社独自のChatGPT活用マニュアルを作成できます。

関連記事:【2024年版】マニュアル作成ツール おすすめ10選を徹底比較!(無料あり)

まとめ

ChatGPTを仕事で活用する方法やコツについて解説しました。アウトプットをサポートしてくれたり、文法や関数が正しいか機械的に判断してくれたりと、活用場面はたくさんあります。ChatGPTで業務効率化を進めて、生産性の向上を目指しましょう。社内でChatGPTのナレッジを共有する際は、クラウド上で簡単に閲覧・編集できるNotePMを活用するのがおすすめです。

おすすめの情報共有ツール「NotePM」

NotePM

NotePM(ノートピーエム) は、Webで簡単にマニュアル作成できて、強力な検索機能でほしい情報をすぐに見つけられるサービスです。さまざまな業界業種に導入されている人気サービスで、大手IT製品レビューサイトでは、とくに『使いやすいさ・導入しやすさ』を高く評価されています。

NotePMの特徴

  • マニュアル作成、バージョン管理、社外メンバー共有
  • 強力な検索機能。PDFやExcelの中身も全文検索
  • 社内FAQ・質問箱・社内ポータルとしても活用できる
  • 銀行、大学も導入している高度なセキュリティ。安全に情報共有できる

URL: https://notepm.jp/

NotePMについて詳しく見る >