SEOツールとは?代表的な種類と導入効果を徹底解説!

2021年01月12日(火) マーケティング
SEOツール

インターネットを用いて集客や売上アップを目指そうと思えば、SEO対策は必須です。また、そのための手段としてSEOツールが存在します。そこで、実際に導入を検討している人の参考になるように、SEOツールの種類や導入効果などについて解説していきます。

SEOツールとは?

SEOは「Search Engine Optimization」の略であり、日本語の「検索エンジン最適化」という呼称でも知られています。検索エンジンを最適化することの基本的な意味は、特定のキーワードで検索した際に、自分が管理しているWebサイトをできるだけ検索結果の上位に表示させることにあります。そして、そのために必要な分析や調査を行うツールがSEOツールだというわけです。SEOツールには多くの種類があり、それぞれ異なる機能を有しています。ツールの種類はさまざまですが、代表的なものとして挙げられるのは「アクセス解析」「内部診断」「キーワード選定」「検索順位の調査・分析」「統合型ツール」の5つです。

アクセス解析ツール

SEO対策を行うには、まずWebサイトのアクセス状況を把握する必要があり、そのためのツールが「アクセス解析ツール」です。これを用いれば、訪れるユーザーの数はもちろん、コンテンツごとのアクセス数や訪れたユーザーの属性、参照URLやクリックされた外部リンクなどを知ることができます。より具体的にいえば、訪問ユーザーの性別や年齢層などを把握し、そのうえで、彼らがどの国や地域からどんなデバイスを用いてアクセスし、どこのページを何分閲覧して何の商品を購入したのかといったことがわかるようになるのです。また、それらに関する日単位や月単位の推移を確認することも可能です。

内部診断ツール

いくら魅力的な商品を販売し、有益な情報を掲載していたとしても、Webサイトの作りが悪いと検索エンジンの表示順位はなかなか上がっていきません。そこで必要になってくるのが「内部診断ツール」です。検索エンジンはクローラーというプログラムを用いてインターネット上のデータを収集していますが、内部診断ツールはWebサイトの内部をすべて調べ上げてデータ収集の妨げとなる箇所を指摘してくれるのです。たとえば、各ページのタイトルやHTML構造などに問題があればそれをリストアップしてくれます。あとはそのリストにしたがって、問題点を改善すればよいだけなので非常に便利です。

キーワード選定ツール

検索エンジンで検索されるワードには頻繁に使用されるものもあれば、そうでないものもあります。そして、検索頻度の高いワードを積極的に使用しているWebサイトの方が検索される可能性は高くなります。そのためにはどのワードがどの程度検索されているのかを知る必要がありますが、それを可能にするのが「キーワード検索ツール」です。これを用いることで、自社サイトのメインキーワードやそれにサブキーワードを合わせた複合キーワードが、一定期間中に特定の検索エンジンで何回検索されているのかがわかります。そして、検索回数が少ないキーワードを他のキーワードと入れ替えれば、アクセス回数の増加が期待できるというわけです。

検索順位の調査・分析ツール

キーワードの選定に問題があることがわかっても、代わりにどのようなキーワードを入れればよいのかわからずに悩んでしまうかもしれません。そういうときにあると便利なのが「検索順位の調査・分析ツール」です。このツールは、Webサイト上のどのようなキーワードが検索順位にどう影響するかを調査・分析してくれます。それによって、使用したキーワードごとのアクセス数の増減が一目でわかるので、最適なキーワードを探す際に役立ちます。

統合型ツール

SEOツールには各機能に特化したものの他に、「アクセス解析」「内部診断」「キーワード選定」「検索順位の調査・分析」といった主要な機能をすべて併せ持っているものもあります。それが「統合型ツール」です。SEO対策に必要な機能が一通り揃っており、用途ごとにツールを使い分けたり、組み合わせたりする必要がないので非常に便利です。また、上記の他に、「被リンクチェック」「リンク切れチェック」「コピペチェック」などといった機能を備えているものもあります。したがって、とにかくSEO対策を効率良く行いたいという場合にはおすすめのツールだといえます。

SEOツールの導入効果

SEOツールを導入する主なメリットは以下の3つです。

1.SEO対策の効率化

SEOツールを用いなくても、SEO対策を行うことは決して不可能ではありません。しかし、そのためにはさまざまなデータを手作業で収集し、分析も自分で行う必要があります。小さな個人ブログならともかく、ある程度以上の規模の企業サイトになればアクセス数や対象となるキーワードは膨大な数になってしまいます。その処理を人の手で行うのはあまりにも非効率です。その点、SEOツールを導入すれば、データ収集や分析などをごく短時間で行ってくれるので余計な手間が不要となり、その分、コンテンツの作成に専念することができます。

2.検索順位の大幅アップ

SEOツールを導入すれば、人の力だけでSEO対策を行うのと比べ、より詳細なデータの分析が可能になります。結果的にターゲット層に合わせた細やかな対策が実施できるでしょう。しかも、対策をする前と後でどの程度検索順位が変動したかも一目瞭然です。そのため、有効度の高いSEO対策を迅速に実行することが可能となり、検索順位の大幅アップが期待できます。

3.競合サイトの分析が可能

ツールによっては自社のサイトだけでなく、競合サイトのアクセス解析や内部診断、あるいはキーワード分析などを行えるものもあります。そういったツールを導入すれば、検索でより上位に表示されている競合サイトを分析し、自社サイトの改善に役立てることも可能です。

おすすめのSEOツール

以下の記事では、おすすめのSEOツールの概要や特徴について解説しています。

関連記事:【2021年版】SEOツール おすすめ14選を徹底比較!(有料・無料)

 

SEOツールを導入して集客アップを図ろう!

現代では多くの企業がSEOツールを活用しており、それを用いずにSEO対策を行っても検索で上位に表示させるのは困難です。集客アップを図るためには、まずSEOツールの仕組みをしっかり理解することが大切です。そのうえで、自社のサイトに合ったSEOツールの導入を検討するようにしましょう。

 

おすすめの情報共有ツール

  • NotePM :テレワークを支えるクラウド型のナレッジ共有ツール