Powered by NotePM

サンプル要件総合案内

Published on 07/09/2023 16:40
  • 5151

はじめに

受託サービスやサンプルの送付方法に関する、下記の注意点をあらかじめご確認いただけますようお願いいたします。
ご不明な点につきましては、このページの一番下に記載してございます問合わせ先までおたずねください。

受託サービスについての注意点

サンプルについて

  1. 「国立感染症研究所病原体等安全管理規程」に準じて、ヒトに対する病原性がバイオセーフティーレベル2以上、または2以上を疑われるサンプルの受付に関しては必ずお問い合わせ下さいますようお願いしております。
    「国立感染症研究所病原体等安全管理規程」
    https://www.niid.go.jp/niid/images/biosafe/kanrikitei3/Kanrikitei3_20200401.pdf
    https://www.niid.go.jp/niid/images/biosafe/kanrikitei3/Kanrikitei3_2020101-1.pdf

  2. 弊社では感染性のある検体、感染している可能性のある検体、一部感染性生物由来の核酸の取り扱いができません。十分に不活化されたことが証明できる検体についてはお受けできる場合がありますので、必ず事前にお問い合わせください。

  3. 弊社従業員の安全確保が難しいと判断される検体は、お受けできない場合があります。

  4. ABS指針に該当する検体は適切な手続きがお済みでない場合、お受けできません。

  5. 自己増殖能のある形質転換体、または、形質転換に用いたウイルス等を含む検体からの核酸抽出等の作業はお受けできません。

ヒト検体およびその情報の取り扱いについて

  1. ヒト臨床サンプルの場合は、必ずお客様ご所属施設の倫理委員会等で承認され、匿名化された状態で検体を提供頂くようお願いします。

  2. 弊社では以下を個人情報として取り扱います。

  • 受け入れた臨床検体に関する個人情報または個人を特定できる情報
  • 全ゲノム、全エクソーム、全ゲノム一塩基多型、互いに独立な40箇所以上のSNPより構成されるデータおよび9座以上の4塩基の繰り返し配列等の遺伝型情報により個人を認証可能なものとする情報

サンプルの保管および返却について

  1. お預かりしたサンプルは、納品検収後、3ヶ月を目処に事前承諾なしに廃棄する場合があります。サンプル(検体)の返送をご希望の場合は必ずご注文時にご連絡ください。なお、サンプル(検体)の返送には別途費用がかかります。
  2. サンプル(検体)の状態、アプリケーションによっては返送ができない場合もございます。あらかじめご了承ください。

弊社受託サービスについて

  1. ご提供頂いた検体の情報について虚偽、錯誤、または感染性等の可能性を隠匿していた場合、これにより生じた損害または法的責任については、お客様が負うものとさせて頂きます。
  2. 輸送時のトラブルに関して、弊社はその責任を負いかねます。
  3. 細心の注意を払いお客様の検体を取り扱いますが、試薬や機器の不具合、人為的な操作ミスにより実験結果に不具合が生じた場合は、当社負担により再実験をおこないます。
  4. 受注後、実作業に入ってからのキャンセルはサービスの仕様上お受け致しかねます。やむを得ない場合は実作業分の料金をご請求させていただきます。
  5. 本受託サービスは、すべて研究目的のために使われることを前提として実施しております。本受託サービスの解析結果を研究目的以外へご使用された場合、これに起因する損失・損害等については、弊社では責任を負いかねますので、あらかじめご了承ください。

送付方法

梱包方法

下記の注意をご確認頂き、指定の1.5 mLチューブで送付ください。

  • 下図のように、底に向かって細くなっている1.5 mLチューブで送付ください
    405eab2e-4b92-11ee-a250-06720a606bea.png?ref=thumb
    0.2 mLのPCRチューブ
    0.5 mLチューブ
    自立型チューブ
    2mLチューブ
    はご使用いただけません。
    40917572-4b92-11ee-a852-06720a606bea.png?ref=thumb

  • 発送前にサンプルを冷凍しておいてください。

  • チューブの蓋をしっかり閉め、パラフィルムで封をしてください。

  • サンプルチューブの破損の恐れがありますので、ボックスや50 mLチューブにチューブを入れ、サンプルが直接ドライアイスに触れないようにしてください。

BSL2検体由来サンプルの場合には、下記手順に沿ってご準備をお願いいたします。

  • チューブの外側を70%エタノールあるいは塩素濃度200 ppmの次亜塩素酸ナトリウム水溶液でお拭きください。
    • マジックの種類によっては70%エタノールで消える場合がありますので、その場合はサンプル名を再度お書きくださいますようお願いいたします。
    • ノロウイルスやロタウイルスが含まれる可能性のあるサンプルにつきましてはエタノール消毒が有効でないため、塩素濃度200 ppm(目安:市販の塩素系漂白剤を250倍希釈する)の次亜塩素酸ナトリウム水溶液を使用ください。
  • サンプルボックスをジップ袋にお入れください。
    07298758-4e2a-11ee-aca8-061da1ef3444.png?ref=thumb

同梱物

  • サンプルチューブ

  • 記入済みサンプルフォーム

  • (必要があれば)緩衝材

  • 適量のドライアイス
    ご参考までに、ドライアイス量と輸送時間の目安を下記に示しております。

    輸送時間 ドライアイス量
    〜30時間 3 ~ 4 kg
    2日 6 ~ 7 kg
    3〜5日 8 ~ 10 kg

送付に関する注意事項

  • 冷凍便でご送付ください。

  • 土日祝日を除く、平日の午後6時までの荷受けが可能です。
    また、輸送時間が長くなることを避けるため、金曜日や祝日の前日の発送はご遠慮ください。

  • 発送時に、到着予定日、運送会社名、(可能な限り)追跡番号を以下のアドレスへご連絡ください。
    ご連絡の際、所定のサンプルフォームにつきましても添付をお願いいたします。
    株式会社Rhelixa 研究支援事業本部
    service-support@rhelixa.com

  • 恐れ入りますが、輸送運賃はお客様でご負担いただきますよう、お願いいたします。

ご提出いただくサンプルについては予め分取し、一部をお手元に残していただくようお願いいたします。

サンプル送付先

〒104-0042
東京都中央区入船3-7-2
KDX銀座イーストビル 5F
株式会社Rhelixa 研究支援事業本部
TEL: 03-6272-3115

ご希望の解析をお選びください

お問合せ先

株式会社Rhelixa 研究支援事業本部
service-support@rhelixa.com
TEL: 03-6272-3115