セキュリティへの取り組み

,

大切なデータを安心のセキュリティで守ります

NotePMを安心して利用していただくため、様々な角度からセキュリティ対策・運用を実施し、大切なデータを守ります。

セキュリティチェックシート

経済産業省が公開している「クラウドサービスレベルのチェックリスト」、およびIPA(情報処理推進機構)が公開している「安全なウェブサイトの作り方」に準拠した、セキュリティチェックシートを提供しています。自社のセキュリティ基準を満たすかどうかのご確認に活用ください。

 

通信はすべて暗号化

すべての通信はSSLを用いて暗号化しています。第三者が内容を盗聴することはできません。

信頼性の高いデータセンター

NotePMは、Amazon Web Services(AWS)のデータセンターを利用しています。AWSは非常に高い信頼性とセキュリティと実績を有しております。
クラウドセキュリティ | AWS

安心のデータバックアップ

すべてのデータは適時バックアップしています。万が一障害等でデータ消失が発生したとしても、復元できる体制を取っております。また、全データいつでもエクスポート可能です。

厳格なデータ管理

サーバー監視は24時間365日。サーバーへのアクセスは限られたシステム運用担当のみに限定。また、運用担当がお客様のデータを参照することは原則ありません。(お客様から依頼、障害対応等でやむを得ない場合を除く)

2段階認証

NotePMは2段階認証機能を導入しています。セキュリティコードを入力することでログインアカウントのセキュリティを強化します。
2段階認証設定

アカウントロック

セキュリティ強化(不正アクセス防止)を目的に、NotePMではログインに連続して失敗した場合、一定時間アカウントを自動的にロックします。
アカウントロック・ロック解除

IPアドレス制限設定

特定IPアドレスからのアクセスの許可・除外が設定できます。自社オフィス以外からのアクセスを遮断するなど、セキュリティポリシーに合わせた運用が可能です。
IPアドレス制限(固定IPでアクセス制限)

柔軟なアクセスコントロール

組織規模に応じた柔軟な権限設定が可能です。情報にアクセスできる権限をユーザー別に細かく設定でき、よりセキュアに情報共有することができます。
NotePMの権限について

チームごとに独自サブドメインURL発行

チームごとに異なる独自サブドメインURLを発行します。これによりそのURLを知らない限りは、第三者がお客様のNotePMの環境にアクセスすることはできません。

プライバシーマーク

NotePMを運用する 株式会社プロジェクト・モードは、プライバシーマークの使用許諾事業者の認定を受けており、厳格なセキュリティ基準に則って、個人情報の保護と情報セキュリティの強化、運用をおこなっております。

適用規格 :JIS Q 15001
認定年月日:平成26年5月26日
認定番号 :第17001924号
審査機関 :一般社団法人日本情報システム・ユーザー協会