NotePMの権限について

,

NotePMの権限の種類は、次の3つです。

  • ユーザー権限
  • ノートごとの閲覧権限
  • グループ権限

ユーザー権限

ユーザー権限は、アカウントごとに設定する操作権限です。

権限 内容
チームオーナー チームのオーナー。契約に関する処理など、すべての操作権限があります。
管理者 チームを管理するための権限。ノート作成やユーザー追加などができます。
ユーザー 一般的な権限。全てのオープンノートと招待されたプライベートノートにアクセスできます。
ゲスト 社外メンバー向け権限。アクセス制限された状態で参加し、オープンノートも招待されない限りアクセスできません。
参照専用ゲスト
(無料枠)
ゲスト権限を更に制限した権限。ページを参照するだけで作成や更新はできません。社外メンバー向けの権限です。
有料プラン人数の3倍までが無料で招待できます。

ユーザー招待時に権限を設定します。

参考:ゲスト権限について(ヘルプ)

 

チーム設定の権限

オーナー 管理者 ユーザー ゲスト 参照専用
チーム基本情報設定
ユーザー追加・削除
グループの作成
グループの編集
オーナーの追加・変更
2段階認証の解除
セキュリティ設定
タグ管理
掲示板管理
プランの変更
支払い方法設定
支払い履歴参照
チームの外部共有設定
外部共有中ページの確認
エクスポート
解約

参考:

 

通常操作の権限

オーナー 管理者 ユーザー ゲスト 参照専用
オープンノートへのアクセス ● ※1 ● ※1
ノートの作成・編集
フォルダの追加・編集
フォルダの削除 ● ※2 ● ※2
ページの参照
ページの作成・編集
ページの削除 ● ※3 ● ※3
ページのロック・解除 ● ※3 ● ※3
コメントの追加
コメントの編集 ● ※3 ● ※3 ● ※3 ● ※3
コメントの削除 ● ※3 ● ※3
リアクション
掲示板更新
ピンする・解除
テンプレートの追加・編集
ページの外部共有
サイドバー設定

※1 招待された場合
※2 空の場合
※3 自分のページ・コメントの場合

参考:ユーザー権限の変更方法(ヘルプ)

 

ノートごとの閲覧権限

ノートの中にあるページの閲覧権限を、ノート単位で設定できます。
ノートには 「オープンノート」「プライベートノート」 の2種類あります。

オープンノート

チームユーザー全員が参加します。閲覧権限を制御しないノートです。
後からチームに追加したユーザーも自動的に参加ユーザーに設定されます。
※ ゲスト権限は個別に招待する必要があります

オープンノートの例
社内報、社内規定、業界用語集、入社時のオンボーディング

プライベートノート

個別に参加ユーザーを設定するノートです。プロジェクト単位・組織単位など特定のユーザー間で情報共有する場合に利用してください。
プライベートノートは、ノート名の横に「鍵アイコン」が表示されます。

閲覧権限はノート作成画面で設定します。

グループ

チーム内のユーザーを、役職や役割などで分類してまとめて管理するための機能です。グループ単位でノートへのアクセス権限を設定できます。

グループを設定する方法(ヘルプ)