ページを外部共有する

,

ページを外部共有する

ページを外部共有できる権限

  • ゲスト権限以外

対象ページ」>「外部共有ボタン」>「外部共有オン」>「保存ボタン」で、専用のURLが発行され、ページが外部共有状態になります。URLをコピーして、外部共有したい人に伝えてください。

また、パスワードを設定することで、よりセキュアに外部共有することが可能です。

外部共有すると「外部共有中ラベル」が表示されます。
このラベルをクリックすると、外部共有中ページを開けます。

ポイント

  • 外部共有を有効にすると共有用のURLが発行され、そのURLを知っている人は誰でも閲覧できます。
  • Googleなどの検索エンジンには表示されません。
  • 元のページを更新すると、同じURLのまま外部共有ページも更新されます。
  • 共有を停止すると、再度共有した時にURLが変更されます。
  • 「コメント」「添付ファイル一覧」「作成者名」「編集履歴」「閲覧履歴」は外部共有ページに表示されません。

 

チームの外部共有中ページを確認する(管理者向け)

チームの外部共有中ページを確認できる権限

  • オーナー権限
  • 管理者権限

右上ユーザー名から「管理者メニュー」>「外部共有中のページ」をクリック。チームの外部共有中ページが確認できます。



 

チーム全体の外部共有を無効にする(管理者向け)

社内ポリシー上、チームの外部共有機能を停止したい場合、チームオーナーは、チーム全体の外部共有機能を無効にできます。

右上ユーザー名から「管理者メニュー」>「外部共有中のページ」>「無効にする」をクリック。

ポイント

  • チーム全体の外部共有設定を変更できるのは「チームオーナー」だけです。
  • チーム全体の外部共有を無効にすると、ページの外部共有ができなくなります。
  • チーム全体の外部共有を無効にすると、既に外部共有されていたページも無効になります。