CSVファイルからページ作成する

csvファイル NotePM

この記事ではCSVファイルを使ってNotePMのページをまとめて作成する方法と、プログラムの使い方を紹介します。

URL:CSVファイルからNotePMのページを作成するスクリプト

 

CSVファイルの内容について

CSVファイルは次のような内容とします。1行目がヘッダー行で、下記の項目が利用できます。

CSVのヘッダー項目名 列として必須 NotePMでの項目
title ページのタイトルとして利用します
body ページの本文として利用します
created_at ページの作成日時として利用します
(YYY/mm/dd HH:MM)
memo メモとして利用します
user ページの作成者として利用します
(NotePMのユーザ名、またはユーザコード)

これ以外の項目は無視されます。

注意点

  • 文字エンコーディングは Shift JIS としてください
  • userはNotePMのユーザ名、またはユーザコードを指定してください
  • created_atは日付形式になっていれば問題ありません。例えば YYY/mm/dd HH:MM などです。

サンプルCSVファイルをダウンロード ( sample.csv )

 

データのインポート

ではここからCSVファイルをNotePMへ取り込む手順を紹介します。まず、プログラムをインストールします。必要なものは次の通りです。

  • Node.js
  • プログラムのインストール
  • アクセストークンの取得

Node.jsのインストール

Node.jsはここからダウンロードできます。ダウンロード後、インストールを実行してください。

プログラムのインストール

プログラムはNode.jsをインストールした環境であれば、次のコマンドでインストールできます。

npm install notepm_importer -g

プログラムはMIT Licenseで公開しています。コードはNotePMMania/notepm_importer: 各種ドキュメント共有サービスからNotePMへ移行するスクリプトにて公開しています。

アクセストークンの取得

NotePMのアクセストークンは個人設定のAPIアクセストークンから取得できます。

そしてアクセストークンを新規作成してください。スコープとして、読み込みと書き込みの両方にチェックを付けてください。

生成されたアクセストークンは、再確認する方法がありません。必ずコピーしたり控えておいてください。

これで準備完了です。

インポートを実行する

ではインポートを実行します。コマンドは次のようになります。

notepm-csv \
-p PATH_TO_CSV \
-a ACCESS_TOKEN \
-t TEAM_DOMAIN

内容は次の通りです。

  • PATH_TO_CSV
    CSVファイルのパスを指定してください
  • ACCESS_TOKEN
    先ほど作成したNotePMのアクセストークンです
  • TEAM_DOMAIN
    NotePMのチームドメインです(例:notepm)

ノートについて

インポートというノートが作成され、その中にCSVファイルの内容が反映されます。

項目
ノートの説明 固定「CSVからインポートしたノート」
スコープ 固定「プライベート」
グループ 設定しません
アイコン 設定しません

ノートはプライベートで作成されます。調整後、公開してください。

ページについて

CSVファイルの各行がNotePMのページとして取り込まれます。

コード

URL:CSVファイルからNotePMのページを作成するスクリプト

 

おすすめの情報共有ツール

  • NotePM :テレワーク時代のクラウド型ナレッジ共有ツール