ファイルをNotePMに一括インポート (Word,Excel,PowerPointなど)

,

File NotePM

ファイルサーバなど、任意のフォルダ内にあるドキュメントをNotePMへ一括インポートするための方法と、プログラムの使い方を紹介します。

URL:ファイルをNotePMへ一括インポートするスクリプト

 

ファイル構成について

フォルダ内のファイルは次のような構成になっていることとします。

フォルダ内には任意のファイル(画像、PDF、オフィスファイルなど)が存在すること

データのインポート

ではここからファイルやフォルダをNotePMへ取り込む手順を紹介します。まず、プログラムをインストールします。必要なものは次の通りです。

関連:NotePMインポートツールのインストールと使い方(Windowsユーザ向け)

  • Node.js
  • プログラムのインストール
  • アクセストークンの取得

Node.jsのインストール

Node.jsはここからダウンロードできます。ダウンロード後、インストールを実行してください。

プログラムのインストール

プログラムはNode.jsをインストールした環境であれば、次のコマンドでインストールできます。

npm install notepm_importer -g

プログラムはMIT Licenseで公開しています。コードはNotePMMania/notepm_importer: 各種ドキュメント共有サービスからNotePMへ移行するスクリプトにて公開しています。

アクセストークンの取得

NotePMのアクセストークンは個人設定のAPIアクセストークンから取得できます。

そしてアクセストークンを新規作成してください。スコープとして、読み込みと書き込みの両方にチェックを付けてください。

生成されたアクセストークンは、再確認する方法がありません。必ずコピーしたり控えておいてください。

これで準備完了です。

インポートを実行する

ではインポートを実行します。コマンドは次のようになります。

notepm-file \
-p PATH_TO_DIR \
-a ACCESS_TOKEN \
-t TEAM_DOMAIN

内容は次の通りです。

  • PATH_TO_DIR
    ファイルサーバなど、ファイルが入っているディレクトリのパスです
  • ACCESS_TOKEN
    先ほど作成したNotePMのアクセストークンです
  • TEAM_DOMAIN
    NotePMのチームドメインです(例:notepm)

ノートについて

インポートというノートが作成され、その中にすべてのフォルダとファイル構成が再現されます。

項目
ノート名 固定「インポート」
ノートの説明 固定「フォルダからインポートしたノート」
スコープ 固定「プライベート」
グループ 設定しません
アイコン 設定しません

ノートはプライベートで作成されます。調整後、公開してください。

ファイルについて

ファイルはすべてNotePMのページの添付ファイルとして扱います。内容は次の通りです。

  • 拡張子を除いて、ファイル名をページのタイトルとして利用します
  • 本文は添付ファイルへのリンクになります

各ファイルごとに1つのページが作成されます。

コード

URL:ファイルをNotePMへ一括インポートするスクリプト

 

おすすめの情報共有ツール

  • NotePM :テレワーク時代のクラウド型ナレッジ共有ツール