Powered by NotePM

細胞の受け入れ 微量RNA-seq解析のご案内

Published on 07/09/2023 16:39
  • 241

サンプル品質が十分でない場合、解析の中断・納期の遅延などの可能性があります。
各項目をよくお読みいただき、十分に注意してサンプル調製を実施いただくようお願いいたします。

要件

  • 細胞数:1サンプル(チューブ1本)あたり400 細胞、最大でも1000細胞まで
    ※ ご準備可能な細胞数が300細胞以下の場合はあらかじめご相談ください。
  • 固定していない生細胞のみのお受け入れとなります。
  • 弊社から送付するバッファー内に細胞を回収後、液体窒素またはドライアイスを用いて瞬間凍結し、冷凍便でご送付ください。

サンプル送付までの概要

  • ご発注後にソーティングに使用するバッファーを弊社から送付いたします。送付する本数の目安といたしましては、3サンプルに対して4本(サンプル数+バックアップ1本)となります。
  • 細胞の洗浄につきまして、下記の注意事項をよくご確認の上、実施ください。
  • ソーティング時のシース液は、1xPBS(EDTA、マグネシウム、カルシウムを含まないもの)またはBD FACS Pre-Sort Buffer (BD Biosciences, Cat. No. 563503)のご使用をおすすめいたします。
  • 弊社から送付したバッファーの入ったチューブは-20℃で保管し、細胞をソーティングする直前に氷上で融解してください。
  • 送付したバッファーに細胞を回収してください。
  • ソーティング後にチューブの蓋をしっかり閉めてください。
  • ソーティング後できるだけすぐにチューブを100 x gで30秒程度遠心し、液をチューブの底面に集めてください。
  • ソーティングした細胞はすぐに凍結し(液体窒素またはドライアイスによる瞬間凍結が望ましい)、弊社への送付まで-80℃で保管ください。

サンプル品質に関する注意事項

細胞の洗浄について

  • 培地の持ち込みは逆転写反応を阻害する可能性があります。EDTA, マグネシウムおよびカルシウムを含まない1xPBSを用いて、細胞を少なくとも2回洗浄してください。
  • トリプシンなどの酵素処理をおこなっている場合や、細胞懸濁液にDEPCやRNaseが含まれる可能性がある場合につきましても、上記と同様にEDTA, マグネシウムおよびカルシウムを含まない1xPBSを用いて、細胞を少なくとも2回洗浄してください。
  • 細胞を洗浄後、ソーティングを実施するまでの間、細胞を懸濁するバッファーとしてBD FACS Pre-Sort Buffer (BD Biosciences, Cat. No. 563503) のご使用が可能です。

その他

  • ライブラリー調製試薬の仕様上、固定した細胞サンプルにつきましてはお受け入れできませんのでご了承ください。
  • 上述の範囲内での細胞数のご準備をお願いいたします。細胞数が規定を上回ると、cDNA合成やライブラリー調製ができない場合がございます。
  • サンプル名はチューブに直接記載をお願いいたします。
  • cDNA合成実施後に品質確認(QC)を実施いたします。QC後受入基準値に満たない場合は、サンプルの再送付をお願いする場合や解析を中断する場合がございます。

サンプル送付に関する注意事項と送付先

  • こちらのリンクにある注意をよくお読みの上、サンプル送付のご準備をお願いいたします。

  • 臨床検体の送付につきましては、こちらのリンクに記載の手順に従ってご準備をお願いいたします。

その他注意事項 (必ずお読みください)

お問合せ先

株式会社Rhelixa 受託事業部
customer-service@rhelixa.com
TEL: 03-6272-3115