Powered by NotePM

核酸抽出用 培養細胞のご準備方法

Published on 07/09/2023 16:40
  • 827

核酸抽出用の培養細胞受け入れ要件について、以下にご案内いたします。
必ず事前にご熟読の上、サンプルのご準備をお願いいたします。

1. 培養細胞の調製方法

細胞数

1.0×10^6 〜 5.0×10^6 cells

受け入れ形態

1.5 mLチューブに入れた細胞ペレットの状態

バックアップを含め、1サンプルにつき3本ずつご準備ください。

(例) 解析したいサンプル数が4サンプル
4サンプル x 3本 =12 本をご準備ください。

サンプル準備方法

細胞懸濁液を遠心し、ペレットを崩さぬように上清を除去したのち、PBSを加えWashを行ってください。PBS懸濁液を再度遠心し上清を除去してペレットの状態にし、速やかに凍結してください。
4a63176c-4b93-11ee-988b-06720a606bea.png?ref=thumb

<事前にお問い合わせが必要なサンプル>

* 感染の危険性のあるサンプル(人獣共通感染症を含む)
* 感染実験に使用したサンプル

上記のサンプルはRNA抽出ができない可能性がございます。
必ず事前にお問い合わせください。

2. サンプルに関する注意事項

  • 特殊なサンプルにおいては料金・納期・要件が異なる場合がございます。
  • 培養細胞については、核酸安定化試薬の添加は不要ですので、ご注意ください。
  • 弊社ではTrizolまたはISOGEN等で溶解済みのサンプルはお受けできません。

3. サンプル送付に関する注意事項と送付先

こちらのリンクにある注意をよくお読みの上、サンプル送付のご準備をお願いいたします。

4. その他注意事項 (必ずお読みください)

弊社にご委託頂く際は、こちらのリンクにある注意をよくお読みください。

5. お問合せ先

株式会社Rhelixa 研究支援事業本部
service-support@rhelixa.com
TEL: 03-6272-3115