Powered by NotePM

核酸抽出用 FFPE検体のご準備方法

Published on 07/09/2023 16:40
  • 236

核酸抽出用のFFPE検体受け入れ要件について、以下にご案内いたします。
必ず事前にご熟読の上、サンプルのご準備をお願いいたします。

1. FFPE検体の調製方法

サンプル量

切片の枚数:2〜4 枚
切片の厚み:10〜15 µm
組織の面積:50〜250 ㎟

チューブ内のサンプルを全量用いて抽出いたします。弊社で一部を分取する等の対応はお受けできませんので、必ず上記記載の分量にてご提出をお願いいたします。

受け入れ形態

上記の要件を満たす切片を、核酸低吸着チューブに入れた状態

※スライドガラスに伸展した切片は受け付けておりません。

バックアップを含め、1サンプルにつき3本ずつご準備ください。

(例) 解析したいサンプル数が4サンプル
4サンプル x 3本 = 12 本をご準備ください。

パラフィンブロック作製時のご注意

下記内容はあくまで推奨ですが、条件に対応していないパラフィンブロック由来のサンプルは、再提出いただいても抽出した核酸の品質の向上が見込めないため、追加の作業を断念する場合がございます。予めご了承ください。

  • 組織の自己分解や核酸変性防止のため、サンプルを採取後24時間以内(可能であれば3時間以内を推奨)に固定を完了してください。

  • ブロックにする組織サイズの推奨は厚さ5 mm以下です。

  • ホルマリンは中性緩衝ホルマリン(4~10%ホルマリン)を推奨しております。また、酸性ホルマリンや緩衝作用のないものは核酸の断片化が進みやすいので避けてください。

  • 切片を作成するまでのパラフィンブロックの保存は4℃を推奨しております。

サンプル品質についての注意事項

サンプル品質が十分でない場合、解析の中断・納期の遅延などの可能性があります。
各項目をよくお読みいただき、十分に注意してサンプル調製を行っていただくようお願いいたします。

※不要なパラフィンおよび、不要な組織はトリミングしてからのセクショニングをお願いします。

  • 切片は抽出用に作製した切り出し直後のものをご用意下さい。
  • 表面が空気にさらされていた部分は使用しないで下さい。
  • 染色は行わないで下さい。
  • 不要なパラフィンおよび、不要な組織はトリミングして下さい。
  • グルタルアルデヒドで固定した切片はご遠慮下さい。
  • 微量試料からの核酸抽出の場合は追加料金が発生することがあります。
  • 本要件は抽出した核酸の品質を保証するものではありません。

2. サンプルの梱包に関する注意事項

  • 指定がない限り、1.5 mLチューブに分注ください。
  • チューブの外側を70% エタノールあるいは塩素濃度200 ppmの次亜塩素酸ナトリウム水溶液でお拭きください。
    ※ マジックの種類によっては70%エタノールで消える場合がありますので、その場合はサンプル名を再度お書きくださいますようお願いいたします。
    ※ノロウイルスやロタウイルスが含まれる可能性のあるサンプルにつきましてはエタノール消毒が有効でないため、塩素濃度200 ppm(目安:市販の塩素系漂白剤を250倍希釈する)の次亜塩素酸ナトリウム水溶液を使用ください。
  • チューブフタにサンプル名をご記入ください。
  • サンプル名が見えるように、パラフィルムでシールしてください。
  • 発送前にサンプルを冷凍しておいてください。
  • ボックスにサンプルの入ったチューブを入れてください。
  • サンプルボックスをジップ袋にお入れください。
  • 貴重なサンプルは予め分取し、一部をお手元に残してください。

梱包準備が整いましたら、こちらの梱包手順と送付先をご確認ください。

3. サンプルに関する注意事項

  • 特殊なサンプルにおいては料金・納期・要件が異なる場合がございます。
  • 弊社ではTrizolまたはISOGEN等で溶解済みのサンプルはお受けできません。

<事前にお問い合わせが必要なサンプル>

* 感染の危険性のあるサンプル(人獣共通感染症を含む)
* 感染実験に使用したサンプル
* 一部の組織(硬い組織等)

上記のサンプルはRNA抽出ができない可能性がございます。
必ず事前にお問い合わせください。

4. その他注意事項 (必ずお読みください)

弊社にご委託頂く際は、こちらのリンクにある注意をよくお読みください。

5. お問合せ先

株式会社Rhelixa 受託事業部
customer-service@rhelixa.com
TEL: 03-6272-3115