Powered by NotePM

死活監視(機器個別)設定の変更方法

Published on 21/06/2022 17:57
  • 144

概要

死活監視の設定変更とアクション設定、テンプレート監視設定方法について説明します。

1.死活監視設定の変更
 死活監視を行う際の設定(使用プロトコルや監視間隔、タイムアウトやリトライ回数など)を
 変更する手順について記載します

2.死活監視アクションの停止
 死活監視によるアクション(Teams通知、メール通知)をOFFとする方法を記載します

3.死活監視アクションの機器個別設定
 死活監視によるアクション(Teams通知、メール通知)を機器ごとに設定する方法を記載します

1.死活監視設定の変更

①AN-ManagerStationへアクセスし、「管理対象機器」より設定変更を行いたい機器を選択する
②「編集」を押下する
d7bc98ae-f13f-11ec-94c8-064017533d40.png?ref=thumb

 

③死活監視欄で任意の設定に変更する
 なお、本設定値はお客様より頂いたヒアリングシート記載内容がデフォルト設定となっている
 ※変更時は「変更」にチェックを入れると変更可能となる
df192e8c-f13f-11ec-bd6b-06720a606bea.png?ref=thumb

設定値 説明
死活監視 死活監視の要否を選択する。(ON:Enable、OFF:Disable)
死活監視方法 死活監視に利用するプロトコルを選択する(Ping or SNMP)
死活監視間隔 死活監視を行う間隔を指定する
死活監視アクション 死活監視アクションの実行について要不要を設定する

 

④死活監視を行うプロトコルの動作を設定する(Ping or SNMP)
 ※基本的にタイムアウト秒とリトライ数のみ変更する
⑤設定を確認し、「OK」を押下する
ea3f7514-f13f-11ec-8bdc-06720a606bea.png?ref=thumb

設定値 説明
Ping/SNMPタイムアウト秒 通信時にタイムアウトするまでの秒数を指定する
Ping/SNMPリトライ数 通信失敗時にリトライする回数を指定する

 

2.死活監視アクションの停止

①「監視設定」-「死活監視設定」を押下する
②死活監視アクション(Teams通知、メール通知)の停止を行う機器を選択する
③「編集」を押下する

f85ee666-f13f-11ec-a000-064017533d40.png?ref=thumb
 
④テンプレートの適用を「OFF」とし、「OK」を押下することでメール通知および
Teamsへの通知がされなくなる。
※管理対象機器のデフォルト設定は「ON」
ff87136e-f13f-11ec-91b7-06720a606bea.png?ref=thumb

なお、機器全体に対して、デフォルトの設定以外に設定変更をしたい場合は、
「テンプレート監視設定の変更方法 」を参照し、テンプレートの編集を行う
(テンプレート適用ONとしている機器すべてに適用される)
 

3.死活監視アクションの機器個別設定

①個別の死活監視アクションを設定する管理対象機器を選択し、「編集」を押下する
07fea34a-f140-11ec-a2ef-06720a606bea.png?ref=thumb

②テンプレートを適用を「OFF」にする
0e3f38b4-f140-11ec-b276-064017533d40.png?ref=thumb

③下記表を参考に機器の死活監視設定を行う
※設定変更時は「変更」にチェックを入れる事で変更可能となる
④設定完了後、「OK」を押下する
14a185fe-f140-11ec-8f52-064017533d40.png?ref=thumb

<参考>
1.トリガーとなる状態変移の説明

トリガーとなる状態変移 説明
Up→Down 死活状態がアップからダウンに状態変移した際に実行するアクションを設定する
Down→Up 死活状態がダウンからアップに状態変移した際に実行するアクションを設定する
Down→Down 死活状態が連続でダウンを検知した際に実行するアクションを設定する
Up→Up 死活状態が連続でアップを検知した際に実行するアクションを設定する

2.アラームの説明

アラーム発生の有無 説明
ON 指定の状態変移時にAN-MSへアラームを通知する
OFF 指定の状態変移時にAN-MSへアラームを通知する

3.デフォルトで利用可能なアクションの説明

アクション名称 説明
[SYSTEM]MAIL_MonitorNG 本アクション実行で機器がダウンした事をメール通知する
[SYSTEM]TEAMS_MonitorNG 本アクション実行で機器がダウンした事をTeamsチャネルへ通知する
[SYSTEM]MAIL_MonitorOK 本アクション実行で機器がアップ状態になった事をメール通知する
[SYSTEM]TEAMS_MonitorOK 本アクション実行で機器がアップ状態になった事をTeamsチャネルへ通知する

4.死活監視テンプレート設定

4.1死活監視テンプレート編集の選択

AN-MSトップ画面から「監視設定」→「死活監視」から、テンプレート「編集」をクリック
6b397faa-f359-11ec-bad5-064017533d40.png?ref=thumb

4.2死活監視テンプレート設定の編集

①トリガーとした状態変移の際にAN-ManagerStationへのアラームを実行するかどうかを設定する
※トリガーの説明は下記表を参考

トリガー名称 説明
Up→Down 死活状態がアップからダウンに状態変移した際に設定したアクションを実施する
Down→Up 死活状態がダウンからアップに状態変移した際に設定したアクションを実施する
Down→Down 死活状態が連続でダウンを検知した際に設定したアクションを実施する
Up→Up 死活状態が連続でアップを検知した際に設定したアクションを実施する

②トリガーとした状態変移の際に行うアクションを選択する
※アクションの設定は下記表を参考

アクション名称 説明
[SYSTEM]MAIL_MonitorNG 本アクション実行で機器がダウンした事をメール通知する
[SYSTEM]TEAMS_MonitorNG 本アクション実行で機器がダウンした事をTeamsチャネルへ通知する
[SYSTEM]MAIL_MonitorOK 本アクション実行で機器がアップ状態になった事をメール通知する
[SYSTEM]TEAMS_MonitorOK 本アクション実行で機器がアップ状態になった事をTeamsチャネルへ通知する

79fc6642-f359-11ec-82cc-064017533d40.png?ref=thumb

③設定完了後、OKをクリック

なお、アクションのデフォルト設定は以下となっている。

トリガー デフォルト設定
Up→Down [SYSTEM]MAIL_MonitorNG
[SYSTEM]TEAMS_MonitorNG
Down→Up [SYSTEM]MAIL_MonitorOK
[SYSTEM]TEAMS_MonitorOK
Down→Down 設定なし
Up→Up 設定なし

設定完了後、テンプレート適用を「ON」としている管理対象機器すべてに
テンプレート設定が適用される

設定手順は以上となります。