4P分析(スターバックス)

Published on 08/06/2020 12:36
  • 4351

4P分析を用いて成功しているコーヒーチェーン店として、「スターバックス」の例

製品(Product)

  • 国ごとにコーヒーの風味や量を調整
  • 家でも職場でもない居心地の良いサードプレイスとして店舗を展開

価格(Price)

  • 一般的なファーストフード店よりも高く設定して高級感を出しつつ、コーヒー専門店よりも安く抑えることで、気軽に利用しやすい雰囲気を作っている

流通(Place)

  • 少し高くてもおいしいコーヒーを飲みたいと考えるビジネスパーソン
  • オフィス街で営業している店舗が多く、昼休みの時間帯などによく利用されている

販売促進(Promotion)

  • 積極的な宣伝活動を控えている
  • ブランドイメージを維持するために、クーポン券の発行も行っていない
  • 基本的に宣伝は店頭の看板だけに留め、あとは口コミを中心として認知度が上がることを期待している
  • この方針により、店舗のスタンスに共感するリピーターもたくさん獲得