Powered by NotePM

ダッシュボード機能の紹介

Published on 21/06/2022 17:31
  • 139

はじめに

概要
A3C-CNMで提供しているダッシュボード機能をご説明します。

1.ダッシュボード構成

075e2814-f13d-11ec-8d20-06720a606bea.png?ref=thumb

ダッシュボード画面は下記から構成されます。
また、右上の「AN-ManagerStation」のボタンからAN-MSへ直接ログインも可能です。

  • A3Cステータス:
    管理対象機器の死活監視やVPN状態、未確認アラーム数、クラウドサーバのディスク容量が円グラフで確認可能
  • アカウント情報:
     A3C-CNMのライセンス情報が確認可能
  • ダウン機器情報
     死活監視NGとなっている機器情報を表示
  • アラーム出力情報
     AN-MSで受信したアラーム情報を優先度毎にグラフで表示
  • アラーム情報
     アラーム情報詳細を表示
     重要アラーム、Syslog、Trap、未確認アラーム情報をタブで表示
     タブの追加で任意の文字列

2.アラーム情報の表示オプション

0e7ca882-f13d-11ec-856e-064017533d40.png?ref=thumb
アラーム情報右側の「表示オプション」をクリックすると上記画面が表示されます。
この画面から昇順/降順の変更や重要度によるフィルター、キーワードによる絞り込みが可能です。

3. ダッシュボード設定機能

ダッシュボード右上の「設定」ボタンをクリックします。
1613f4ec-f13d-11ec-80a4-06720a606bea.png?ref=thumb

下記設定画面が表示されます。
この画面では、ダッシュボードトップのグラフ表示設定やアラーム情報欄に指定アラームの追加が可能です。
次の項目以降にて、それぞれの設定方法をご説明します。
1cc236b4-f13d-11ec-9efd-06720a606bea.png?ref=thumb

3.1グラフの表示設定

前項の「変更」ボタンをクリックすると下記画面が表示されます。
26a71f3c-f13d-11ec-a109-06720a606bea.png?ref=thumb
この画面では次のような設定変更が可能です。

  • 最大取得アラーム件数:
     ダッシュボードトップ画面のアラーム件数の最大値を設定
     1~10000件の範囲で設定可能
  • ダウン:
     死活監視NGの台数によりダッシュボードのグラフ上で注意/異常判定とする閾値を設定
     0~10000の範囲で設定可能
  • 未確認アラーム:
     ダッシュボードのグラフ上で未確認アラームの注意/異常判定とする閾値を設定
     0~10000の範囲で設定可能

設定変更後、下部の「保存」をクリックし変更内容を反映します。

3.2指定アラームの設定

前々項「+指定アラームの追加」をクリックすると下記設定画面が表示され設定を行います。
2d52644a-f13d-11ec-a050-06720a606bea.png?ref=thumb

  • 名前:ダッシュボード画面内アラーム情報のタブ表示名を記載(例:リンクダウン)
  • キーワード1:アラーム情報内から抽出する特定文字列を記載(例:linkdown)
    この設定例では、「linkdown」の文字列を含んだアラームのみを抽出し、「リンクダウン」タブに表示をさせます。設定後、下部の「保存」ボタンをクリックし設定を反映します。

設定後、以下のようにアラーム情報欄に指定アラームのタブが追加され、「linkdown」の文字列を含んだアラーム情報のみが確認可能となります。
32d7a0d8-f13d-11ec-b5f9-064017533d40.png?ref=thumb