目標達成シート_第2ヶ月目

Published on 12/12/2020 07:23
  • 28

担当:花房なゆた
作成日:2020/12/12(土)

総括

hitokoto(コメント)

  • 順調に、ご自身の中の違和感・ストレスに気づくことができています。
  • 一気に物事を任されたり、できるようになるケースは多くはありません。地道に物事に取り組み、少しずつ進歩していきましょう。

kotsu(コツ)

  • 考えるのにも体力が必要です。違和感やストレスそのものをひとつひとつ掘り下げて悩むより、一旦、「解決できるか」「解決が必要か」に目を向けて、考えることが適切かどうかを自覚的に判断しましょう。
  • 周りの人に「どうでも良くない?」といった反応をされたときは、問題の優先度(解決が必要かどうか)に対し、ご自身のこだわりが強すぎる可能性があります。ご自身の負担を軽くするために、まずは自分の中の興味やこだわりを客観的に把握してみましょう。
  • 作業の手順を明確化するため、また達成の実感を持つためにも、マイルストーン(小さな目標)を設定する練習をしてみましょう。

現在のあなたについて

tassey(成し遂げたこと)

  •   生活上の負荷を減らすため、服薬管理を行った
  •   頭の中の考えや悩みについて、メモを取れるようになった
  •   生活上の違和感・ストレスに気づくことができた
  •  
  •  

choosen(直近の目標)

  •   何かに取り組む前に、優先順位が合っているかの確認を周りの人に取る
  •   地道に物事に取り組む心構えをする
  •   物事について考えたり、悩んだりしたときは、一旦、ご自身の中の興味やこだわりに気づく
  •   物事を考えるとき、ブレストをして、メモ帳に書き出す癖を付ける
  •   物事を考えるとき、ブレストした内容について、手段と目的をざっくり分類する癖をつける
  •  
  •  

11月度終了時点の目標

目的

QOLの向上

Objectives(中間目標)

A)生活上の負荷を減らす
B)学習を習慣化する
C)キャリア戦略について考える
D)
E)

Key Results(主要な結果)

A)生活上の負荷を減らす

  •   自分が何に疲れているのかを知る
    •   疲れやストレスを感じている、ひとつひとつの事柄に気づく
    •   良いと思ったことを精査せず、何にでも取り組んでしまうことを認識する
      •   「やるべきことができない」という思いによるストレスがあることを認識する
        •   「やったほうが良いことについて、優先度が分からない」というストレスがあることを認識する
          •   優先順位を付けるのが苦手であることを認識する
        •   興味・こだわりに対して、無意識的に指示の意図や優先順位を無視してしまう癖があることを認識する
          •   自分の中の興味・こだわりに気づく
          •  
    •   一度何かに着手すると、強迫的に丁寧に取り組んでしまう癖があることを認識する
      •   自分の中の強迫的な考えに気づく癖を付ける
      •  
  •   疲れを軽減する方法を探す
    •   まずは最低限、やったほうが良いことにだけ集中する
      •   一旦メモを取って、今、考えなくて良いことを仕分ける
      •   最低限、必要なことは何かについて、周囲に確認を取る
      •   自分の体力の限界を認識する
      •   最低限、やったほうが良いことについて、できるところまでやる
      •   プラスアルファでやったほうが良いことに取り組む
    •   完璧主義的な考えによって、挫折を感じる癖を緩和する
      •   必ずしも、完璧でなくても良いことを意識する
      •   完璧でなくても良いことは、最低限で済ませる癖を付ける
      •  

B)学習を習慣化する

  •   仕事に役立つレベルのスキルを身につける
    •   学習を継続する力を身につける
      •   毎週の課題に取り組む
      •   自分がどの程度の学習量をこなせるのかを把握する
      •   仕事に役立つスキルを身につけるのに、必要な学習量を理解する
      •   実現可能な学習プランを立てる
      •  
    •   学習する分野を決める
      •   様々な仕事で役立つ汎用的なスキルについて知る
      •   その他の専門的なスキルについて知る
      •   学習が続けられそうな分野を見つける
      •  

C)キャリア戦略について考える

  •   実現可能なキャリア戦略を立てる
    •   自分に合った働き方(業種・職種・勤務条件)を見つける
      •   幅広く業界研究を行う
      •   様々な勤務条件(勤務形態・稼働時間・収入)を知る
      •   それぞれの業種・職種、勤務条件における、転職後の生活をイメージする
      •  
    •   自分に合った働き方のできるポジションに、就業する方法を知る
      •   就業に必要なスキルを知る
      •   就業に有利な条件を知る
      •  
    •   いつまでに何をするかを決める
      •   日々の生活を送る中で、論理思考力を身に付ける
        •   ブレーンストーミングを行う
        •   手段と目的を分けていく
        •   ピラミッドストラクチャーを作る
        •   大まかな手順を決める
        •   小さなマイルストーンを設定する
      •   転職に必要な具体的な工程を、自分で洗い出す
      •  

D)

  •  
    •  

E)

  •  
    •  

10月度開始時点の目標

目的

QOLの向上

Objectives(中間目標)

A)生活上の負荷を減らす

Key Results(主要な結果)

A)生活上の負荷を減らす

  • 服薬管理を行う
  • メモを取れるようになる
  • 優先順位を確認する

このレポートについて

はじめに

  • このシートでは、ご自身の目的・中間目標・達成度を見直すことができます。
  • このレポートは、あなたや保護者の方からヒアリングした内容を元に作成したものです。
  • 当てはまらない部分や正確でない表現もあるかもしれません。ご家庭で適宜、加筆修正を行ってください。

tassey / choosen について

  • tasseyでは、あなたがこの1ヶ月間で達成した注目すべき指標について、簡潔に整理しました。
  • choosenでは、あなたが次に挑戦することが望ましい指標について、簡潔に整理しました。

OKRについて

  • 目標(Objectives)と、具体的で数値に表せる指標(Key Results)を示します。
  • 便宜上、数値化しづらい指標もKey Resultsに含んでいます。

Objectives(中間目標) / Key Results(主要な結果)

  • あなたの目的に対する中間目標を、ヒアリングをもとに整理しました。
  • あなたが目的を達成するために役立つ指標を、ヒアリングをもとに整理しました。
Copy
担当:花房なゆた
作成日:2020/12/12(土)

# 総括
## hitokoto(コメント)
* 順調に、ご自身の中の違和感・ストレスに気づくことができています。
* 一気に物事を任されたり、できるようになるケースは多くはありません。地道に物事に取り組み、少しずつ進歩していきましょう。

## kotsu(コツ)
* 考えるのにも体力が必要です。違和感やストレスそのものをひとつひとつ掘り下げて悩むより、一旦、「解決できるか」「解決が必要か」に目を向けて、考えることが適切かどうかを自覚的に判断しましょう。
* 周りの人に「どうでも良くない?」といった反応をされたときは、問題の優先度(解決が必要かどうか)に対し、ご自身のこだわりが強すぎる可能性があります。ご自身の負担を軽くするために、まずは自分の中の興味やこだわりを客観的に把握してみましょう。
* 作業の手順を明確化するため、また達成の実感を持つためにも、マイルストーン(小さな目標)を設定する練習をしてみましょう。

# 現在のあなたについて
## tassey(成し遂げたこと)
- [x] 生活上の負荷を減らすため、服薬管理を行った
- [x] 頭の中の考えや悩みについて、メモを取れるようになった
- [x] 生活上の違和感・ストレスに気づくことができた
- [ ] 
- [ ] 

## choosen(直近の目標)
- [ ] 何かに取り組む前に、優先順位が合っているかの確認を周りの人に取る
- [ ] 地道に物事に取り組む心構えをする
- [ ] 物事について考えたり、悩んだりしたときは、一旦、ご自身の中の興味やこだわりに気づく
- [ ] 物事を考えるとき、ブレストをして、メモ帳に書き出す癖を付ける
- [ ] 物事を考えるとき、ブレストした内容について、手段と目的をざっくり分類する癖をつける
- [ ] 
- [ ] 

# 11月度終了時点の目標
## 目的
QOLの向上

## Objectives(中間目標)
A)生活上の負荷を減らす
B)学習を習慣化する
C)キャリア戦略について考える
D) 
E)

## Key Results(主要な結果)
###  A)生活上の負荷を減らす
- [ ] 自分が何に疲れているのかを知る
    - [x] 疲れやストレスを感じている、ひとつひとつの事柄に気づく
    - [ ] 良いと思ったことを精査せず、何にでも取り組んでしまうことを認識する
        - [x] 「やるべきことができない」という思いによるストレスがあることを認識する
            - [x] 「やったほうが良いことについて、優先度が分からない」というストレスがあることを認識する
                - [x] 優先順位を付けるのが苦手であることを認識する
            - [ ] 興味・こだわりに対して、無意識的に指示の意図や優先順位を無視してしまう癖があることを認識する
                - [ ] 自分の中の興味・こだわりに気づく
                - [ ] 
    - [ ] 一度何かに着手すると、強迫的に丁寧に取り組んでしまう癖があることを認識する
        - [ ] 自分の中の強迫的な考えに気づく癖を付ける
        - [ ] 
- [ ] 疲れを軽減する方法を探す
    - [ ] まずは最低限、やったほうが良いことにだけ集中する
        - [x] 一旦メモを取って、今、考えなくて良いことを仕分ける
        - [ ] 最低限、必要なことは何かについて、周囲に確認を取る
        - [x] 自分の体力の限界を認識する
        - [ ] 最低限、やったほうが良いことについて、できるところまでやる
        - [x] プラスアルファでやったほうが良いことに取り組む
    - [ ] 完璧主義的な考えによって、挫折を感じる癖を緩和する
        - [x] 必ずしも、完璧でなくても良いことを意識する
        - [ ] 完璧でなくても良いことは、最低限で済ませる癖を付ける
        - [ ] 

### B)学習を習慣化する
- [ ] 仕事に役立つレベルのスキルを身につける
    - [ ] 学習を継続する力を身につける
        - [x] 毎週の課題に取り組む
        - [x] 自分がどの程度の学習量をこなせるのかを把握する
        - [ ] 仕事に役立つスキルを身につけるのに、必要な学習量を理解する
        - [ ] 実現可能な学習プランを立てる
        - [ ] 
    - [ ] 学習する分野を決める
        - [x] 様々な仕事で役立つ汎用的なスキルについて知る
        - [ ] その他の専門的なスキルについて知る
        - [ ] 学習が続けられそうな分野を見つける
        - [ ] 

### C)キャリア戦略について考える
- [ ] 実現可能なキャリア戦略を立てる
    - [ ] 自分に合った働き方(業種・職種・勤務条件)を見つける
        - [ ] 幅広く業界研究を行う
        - [ ] 様々な勤務条件(勤務形態・稼働時間・収入)を知る
        - [ ] それぞれの業種・職種、勤務条件における、転職後の生活をイメージする
        - [ ] 
    - [ ] 自分に合った働き方のできるポジションに、就業する方法を知る
        - [ ] 就業に必要なスキルを知る
        - [ ] 就業に有利な条件を知る
        - [ ] 
    - [ ] いつまでに何をするかを決める
        - [ ] 日々の生活を送る中で、論理思考力を身に付ける
            - [ ] ブレーンストーミングを行う
            - [ ] 手段と目的を分けていく
            - [ ] ピラミッドストラクチャーを作る
            - [ ] 大まかな手順を決める
            - [ ] 小さなマイルストーンを設定する
        - [ ] 転職に必要な具体的な工程を、自分で洗い出す
        - [ ] 

### D)
 - [ ] 
    - [ ] 

### E)
 - [ ] 
    - [ ] 

# 10月度開始時点の目標
## 目的
QOLの向上

## Objectives(中間目標)
A)生活上の負荷を減らす

## Key Results(主要な結果)
### A)生活上の負荷を減らす
* 服薬管理を行う
* メモを取れるようになる
* 優先順位を確認する

# このレポートについて
## はじめに
* このシートでは、ご自身の目的・中間目標・達成度を見直すことができます。
* このレポートは、あなたや保護者の方からヒアリングした内容を元に作成したものです。
* 当てはまらない部分や正確でない表現もあるかもしれません。ご家庭で適宜、加筆修正を行ってください。

## tassey / choosen について
* tasseyでは、あなたがこの1ヶ月間で達成した注目すべき指標について、簡潔に整理しました。
* choosenでは、あなたが次に挑戦することが望ましい指標について、簡潔に整理しました。

## OKRについて
* 目標(Objectives)と、具体的で数値に表せる指標(Key Results)を示します。
* 便宜上、数値化しづらい指標もKey Resultsに含んでいます。

## Objectives(中間目標) / Key Results(主要な結果)
* あなたの目的に対する中間目標を、ヒアリングをもとに整理しました。
* あなたが目的を達成するために役立つ指標を、ヒアリングをもとに整理しました。